ハッカ油スプレーをエタノールなしで自作!?作り方や効果などご紹介♪

ハッカ油スプレーをエタノールなしで自作!?作り方や効果などご紹介♪

『ハッカ油は、色んな効果があって便利!!』と耳にする方は多いですよね。

とっても便利なハッカ油を、無水エタノールや水と混ぜて作るのが【ハッカ油スプレー】です。

このハッカ油スプレー、じつはエタノールなしでも自作できるってご存知ですか?

エタノールなしでも自作できるの??

そうなんです。
エタノールなしでも、ちゃんと効果のあるハッカ油スプレーは自作できるんです!

今回は、便利なハッカ油スプレーをエタノールなしで自作する方法をご紹介。

ハッカ油スプレーの効果や、なぜハッカ油スプレーにはエタノールを入れるのか?など、ハッカ油スプレーにまつわる小話も……。

そんな、ハッカ油スプレーを作ってみたくなるような情報が盛りだくさんです♪


ハッカ油スプレーをエタノールなしで自作する!!

ハッカ油スプレーをエタノールなしで自作する!!

ハッカ油スプレーと言えば、原材料のハッカ油を無水エタノールと水に溶かして自作するイメージが強いですよね?

じつは、無水エタノールなしでも、ハッカ油スプレーは自作することが可能なんです!

無水エタノールの相場は、500mlあたり約1,000円~1,500円と少々お高め。

いくら色々と使えて便利なハッカ油スプレーも、原材料費がかさんでしまっては中々自作する気になれません。

また、無水エタノールは言わずと知れた高濃度アルコール。

高濃度アルコールだから、引火性があって怖いなぁ……。

危険物に該当するため、自作時の取り扱いはもちろん、保管場所などにも気を使います。

そんな、無水エタノールなしでもハッカ油スプレーが自作できるなら、ぜひ作ってみたいと思いませんか?

ここでは、ハッカ油スプレーをエタノールなしで自作する方法などをご紹介します♪

記事の後半では、エタノールありハッカ油スプレーの作り方もご紹介しています。

気になる方は、下記リンクをクリックしてみてください。

【エタノールありハッカ油スプレーの作り方】

そろえる物は全部で4つ!

エタノールなしのハッカ油スプレーを、自作する為に必要な物はこちら!

  • ハッカ油
  • スプレーボトル
  • 計量カップ
  • ハッカ油

ハッカ油

原材料となるハッカ油は、食品添加物として使えるタイプと、使えないタイプがあります。

食品添加物として使えるタイプだと、より安心してエタノールなしハッカ油スプレーを自作できますね♪

また、ハッカ油は小ビンタイプのものから、スプレータイプ、クリームタイプなど形状も様々。

エタノールなしハッカ油スプレーにおすすめのハッカ油は、後ほど以下の章でご紹介しますね♪

【4.ハッカ油スプレーにおすすめのハッカ油5選♪】

水

ハッカ油スプレーによく使われるのは、精製水です。

不純物がほとんど含まれていないので、肌につける虫除けスプレーなどを作るのに最適!

ドラッグストアなどで、簡単に手に入れることができます。

金額は500mlあたり100円ほどで、思っているよりも安価。

水道水では作れないの?

もちろん、水道水で自作してもOK♪
水道水には塩素が含まれていて、水が腐りにくいというメリットがあります。

精製水、水道水には以下のような違いがあります。

性質 特徴 保存期間
精製水 不純物をほとんど含まない 肌への刺激が少ない 冷蔵庫で1週間
水道水 塩素やミネラルなど不純物を含む 塩素などが肌への刺激になることがある 常温で3日
冷蔵庫で1週間

どちらにもメリット、デメリットがあるので、ハッカ油スプレーの用途に合わせて選ぶことをおすすめします。

  • スプレーボトル

スプレーボトル

ハッカ油には、ポリスチレン(PS)を溶かす作用があります。

ハッカ油スプレー用のスプレーボトルを選ぶときは、素材の確認を忘れずに!

エタノールなしだから、ポリエチレンテレフタレート(PET)はOK♪

アルコール対応スプレーボトルであれば、ポリスチレンは使用されていません。

エタノールなしのハッカ油スプレーを自作するときでも、アルコール対応スプレーボトルを使えば安心ですね!

以下の記事で、アルコール対応スプレーボトルを紹介しています。
ぜひ、参考にしてみてください♪

  • 計量カップ

計量カップ

こちらは、ご家庭にある計量カップでOK。

一度に大量のハッカ油スプレーを作るわけではないので、メモリが10ml単位くらいだと使いやすいですよ!

分量が少ないので、計量スプーンで量ってもOK。

水は1ml=1gなので、キッチンスケールを代用して、重さで計量する方法もあります♪

自作の手順は3ステップ♪

エタノールなしハッカ油スプレーに必要なものをそろえたら、次は作り方ですね。

とは言っても、何も難しいことはありません。
ハッカ油スプレーの作り方は、とっても簡単!

ハッカ油スプレーの作り方
  1. スプレーボトルに水を入れる
  2. ハッカ油を数滴たらす
  3. ふたを閉めてよく振り混ぜる

たったこれだけで、便利なハッカ油スプレーの完成です♪

ハッカ油は水に溶けないため、使用するときにはしっかり振り混ぜてからスプレーしましょう。

また、用途に合わせてハッカ油は量を調整します。

具体的な分量などは、【2.ハッカ油スプレーの効果や使い方は?虫除けや消臭に♪】の中で、用途ごとにご紹介しますね♪

保存期間は冷蔵1週間??

保存期間は冷蔵1週間??

エタノールなしハッカ油スプレーが自作できたら、気になるのは保存期間。

ハッカ油スプレーに使用する原材料は、どれも常温では腐敗しやすいものばかり。

特にエタノールなしで作った場合、防腐剤が一切入らないため、より腐敗しやすくなります。

保存期間は1週間で、必ず冷蔵庫に入れて保存しましょう!!

1週間以上たったものは、ハッカ油スプレーの中身が腐っていたり、効果が薄れたりしてしまいます。

早めに使いきらないといけないのね。

ハッカ油スプレーを作るときは、1週間程度で使い切れる量を自作しましょう。

間違っても、大量の作り置きはしないこと!!
せっかく作ったハッカ油スプレーを、なくなく捨てることになってしまいます。


ハッカ油スプレーの効果や使い方は?虫除けや消臭に♪

ハッカ油スプレーの効果や使い方は?虫よけや消臭に♪

エタノールなしハッカ油スプレーの自作方法が分かったところで、次に知りたいのはその効果と使い方ですよね?

ハッカ油スプレーの原材料ハッカ油には、主に以下のような効果があります。

ハッカ油の効果
  • 防虫効果
  • 消臭効果
  • 除菌効果
  • 冷却効果
  • 覚醒効果
  • 消炎鎮痛効果
  • 血行促進効果
  • リラックス効果

これだけたくさんの効果があるので、ハッカ油は色々なシーンで便利に使えるんですね。

ここでは、ハッカ油スプレーがどんな場面で活躍するのか、シーンに合わせた使い方をお伝えします!

それぞれの用途に適した、原材料の分量も一緒にご紹介。

気になる方は、ぜひメモを取りながらご覧ください♪

ハッカ油スプレーといえば虫除けに!!

ハッカ油スプレーといえば虫よけに!!

 <虫除けスプレー>

  • ハッカ油……5~20滴
  • 水……100ml

人間にとっては、清涼感のある香りとして人気のハッカ。

ですが、蚊、ハチ、ハエ、ゴキブリなど害虫の多くは、ハッカの清涼感ある香りが苦手です。

虫除けスプレーとしての使い方はとっても簡単。
普段使っている虫除けスプレーのように、ハッカ油スプレーを肌に直接スプレーするだけ!

特別な使い方をおぼえなくていいのね♪

香りが持続している間、自然と害虫がスプレーした場所に寄り付かなくなります。

また、網戸や出入り口にスプレーしておけば、外からの害虫もシャットアウト!!

ハッカ油スプレーは天然成分だけで作られているので、人体への影響も少なく、安心して使えますね♪

ただし、ハッカ油スプレーに殺虫効果はありません。

あくまで虫除けのために使う、と覚えておきましょう。

汗のにおいを爽やかに消臭?

汗のにおいを爽やかに消臭?

 <制汗消臭スプレー>

  • ハッカ油……5~10滴
  • 水……100ml

ハッカ油には、他の香りをマスキングする効果があり、嫌なにおいを抑えてくれます。

消臭スプレーとしての使い方は、ハッカ油スプレーをサッと衣類にスプレーするだけ!

特に、汗の付きやすいシャツの襟など、ひとふきで汗のにおいをカット。

ハッカの香りが広がり、気分もスッキリ爽快です♪

肌に直接スプレーすれば、ハッカ油の冷却効果でひんやり清涼感も得られます。
特に暑い夏、おすすめの使い方ですね♪

衣類にスプレーする場合は、生地やの素材などによって色落ちする場合があります。

気になる方は、目立たない場所で確認してから使いましょう!

キッチンで除菌・消臭♪

キッチンで除菌・消臭♪

 <キッチン用除菌スプレー>

  • ハッカ油……20~60滴
  • 水……100ml

ハッカ油には、消臭効果だけでなく、除菌効果も備わっています。

食中毒をおこすことで有名な、【o-157】を少量で殺菌できるほどの威力があるとか……。

食品添加物タイプのハッカ油で作ったハッカ油スプレーなら、食品を取り扱うキッチンでも安心して使えますね♪

キッチンでは、排水溝の除菌・消臭や、生ごみの嫌なにおいを消臭するために使うことができます!

使い方は、除菌・消臭したい場所に、ハッカ油スプレーをサッとひとふきするだけ。

特に、生ごみが出たときにサッとスプレーしておけば、におい対策だけでなく虫除けとしても効果を発揮してくれますよ♪

また、水回りで使えば防カビ効果も!!
ハッカ油スプレーは、キッチンの救世主ですね♪

ただし、ハッカ油スプレーにはポリエステルを溶かす作用があることをご紹介しました。

キッチンには、プラスチック製品が多く置いてあります。

ポリエステル製のものにスプレーがかからないよう、注意しながらスプレーしてくださいね。

掃除の仕上げに除菌効果をプラス!

掃除の仕上げに除菌効果をプラス!

 <掃除用除菌スプレー>

  • ハッカ油……5~20滴
  • 水……100ml

ハッカ油の除菌効果は、お掃除シーンでも大活躍!

床掃除の最後に、ハッカ油スプレーをサッとスプレーして拭き取れば、あっという間に除菌完了。

ハッカの爽やかな香りが部屋全体に広がるので、お掃除で部屋も気分もスッキリできちゃいますね♪

もちろん、虫除け効果もプラスされるので、まさに一石二鳥!!

また、ハッカ油スプレーを炭酸水で作れば、即席ガラスクリーナーが作れちゃいます!

ガラスクリーナーを作る場合、分量は以下の通り。

 <ガラスクリーナー>

  • ハッカ油……3~5滴
  • 炭酸水……100ml

使い方は、汚れの気になるところへスプレーして、クロスなどで拭き取るだけ!

天然成分だけで作るので、ガラス製の食器やダイニングテーブルなどにも使用可能。

爽やかな香りとともに、ガラスもピカピカになっちゃうなんて、とっても嬉しいですね♪

マスクに使って気分も鼻もスッキリ♪

マスクに使って気分も鼻もスッキリ♪

 <マスクスプレー>

  • ハッカ油……3~5滴
  • 水……100ml

ハッカ油に含まれるメントールには、鼻づまりを解消してくれる効果もあります。

風邪をひいたときや花粉症など、鼻づまりでお困りのとき、ぜひハッカ油スプレーを使ってみてください!

使い方は、マスクの外側にサッとスプレーするだけ。

ハッカの清涼感ある香りが、不快な鼻づまりをやわらげてくれます♪

また、マスクをしていると、マスク内が蒸れて熱く感じることがありますよね?

そんなときにも、ハッカ油スプレーをマスクにスプレーすれば、ひんやり蒸れ防止になります。

マスク内の嫌なにおいも一緒に消臭してくれるので、気分もリフレッシュできますよ♪

他にも、ハッカ油スプレーには便利な使い方がたくさんあります。
ぜひ、色々なところで使ってみてください!

ハッカ油スプレー使用時の注意事項

便利なハッカ油スプレーですが、使うときにいくつか注意すべきことがあります。

ハッカ油スプレーの注意事項
  1. ハッカ油の分量と使用場所に注意
  2. 妊婦・赤ちゃんが使うときは薄めて
  3. ペットの中には使えない種がいる
  4. ハッカ油は火気厳禁
  1. 分量と使用場所に注意

分量と使用場所に注意

今回ご紹介したハッカ油の分量は、あくまで目安量です。

肌が弱い方や子供用に作るときは、ハッカ油の量を少なくして作りましょう。

また、分量が多すぎたり、付ける場所を間違えると痛みを感じたりする場合も……。

傷口や、目、鼻などの粘膜に直接スプレーするのは避けましょう。

  1. 妊婦・赤ちゃんが使うときは薄めて

妊婦・赤ちゃんが使うときは薄めて

ハッカ油は1滴でもかなり効果が高く、妊婦には刺激になってしまうことが……。

妊婦や赤ちゃんが使うときは、必ずハッカ油の分量を減らし、原液では使用しないようにしましょう。

  1. ペットの中には使えない種がいる

ペットの中には使えない種がいる

ペットの中にはハッカ油を体内で分解できず、中毒症状を起こしてしまう種族がいます。
特に、猫はNG。

ハッカ油スプレーを使うときは、ペットにかからないよう注意しましょう。

ちなみに、犬は使っても大丈夫!

ですが、ハッカ油の分量は少量にして、異常がある場合はすぐに病院へ行きましょう。

  1. ハッカ油は火気厳禁

ハッカ油は火気厳禁

ハッカ油は、名前の通り油でできています。
引火性があるので、火気の近くでハッカ油スプレーを使わないようにしましょう。

せっかく便利なハッカ油スプレーも、使い方を間違えると大変なことになってしまいます。

正しい使い方を知って、ハッカ油スプレーを楽しみましょう♪

ハッカ油スプレーにエタノールを入れる理由とは?

ハッカ油スプレーにエタノールを入れる理由とは?

これまで、ハッカ油スプレーの作り方や効果をご紹介してきました。

エタノールなしでも、その効果は十分感じられるとわかったので、ハッカ油さえ手に入れば簡単に試すことができますね♪

水だけで作れるのに、なんで基本の作り方だとエタノールをいれるの?

そんな疑問を持たれた方も、中にはいるんじゃないでしょうか?

ここでは、そんなハッカ油スプレーとエタノールの関係についてご説明します!

また、エタノールありのハッカ油スプレーの作り方も載せておきますので、参考にしてみてくださいね♪

ハッカ油と水の仲介役!

ハッカ油と水の仲介役!

ズバリ、エタノールを入れる1番の理由は、ハッカ油は単体では水に溶けないからです。

ハッカ油は油ですから、当然水に溶けるという性質はありません。

一方で、油はアルコールに溶けるという性質があり、アルコールは水に溶ける性質があります!

つまり、エタノールを入れることで、本来水に溶けないハッカ油を、水に溶けやすくするためにエタノールを入れているのです。

ドレッシングのお酢みたいなものだね♪

エタノールありでハッカ油を作るときは、先にエタノールとハッカ油を混ぜてから、水を入れるのもそのためです。

『保存性を高めるため』って本当?

ハッカ油スプレーを作るときに、エタノールを入れるもう1つの理由。

それは、ハッカ油スプレー自体の保存性を高めるためです。

ハッカ油スプレーはハッカ油と水だけで作ると、とても傷みやすくなっています。

そこへ、消毒性のあるエタノールを加えることで、保存性が高まるというわけです。

とはいっても、エタノールは全体の10%しか入れないため、高い保存性は見込めません。

エタノールありで自作したハッカ油スプレーは、1週間~10日で使い切るのが理想です。

エタノールありハッカ油スプレーの作り方

エタノールを入れる理由がわかると、エタノールありハッカ油スプレーの作り方も気になりますよね?

エタノールありハッカ油スプレーを作る場合、【そろえる物は全部で4つ!】でご紹介したものに、無水エタノールを追加するだけ!

  • ハッカ油
  • 無水エタノール
  • スプレーボトル
  • 計量カップ

無水エタノールを混ぜる割合は、完成量に対して10%。

例えば、完成量が100mlの場合、以下のようにして算出します。

【無水エタノールの量 = 完成量(100ml) × 10% = 10ml】

【完成量(100ml)=水(90ml)+無水エタノール(10ml)】

完成量を増やしたり、減らしたりするときも、上記の式に当てはめて無水エタノールの量を調節してくださいね♪

また、作り方の手順は次の通り。

ハッカ油スプレーの作り方
  1. スプレーボトルに無水エタノールを入れる
  2. ハッカ油を数滴たらす
  3. 一度ふたを閉めてよく振り混ぜる
  4. スプレーボトルに水を入れる
  5. 再度ふたを閉めてよく振り混ぜる

こちらも、【自作の手順は3ステップ♪】でご紹介した方法とほとんど同じですね♪

ハッカ油スプレーは、『エタノールあり・なし』どちらでも簡単に自作できます。

ぜひ、ご自身の好みや用途に合わせて作り分けてみてください!

無水エタノール以外のアルコールもOK!?

ところで、無水エタノール以外のアルコールを使って作ることもできるの?

もちろん、OKです!!
濃度の高いアルコールであれば、無水エタノールの代わりに使うことができます♪

【代用できるアルコール例】

  • 消毒用アルコール
  • ホワイトリカー
  • ブランデー
  • ウイスキー
  • 焼酎

アルコール濃度80%以上であれば、代用できると覚えておきましょう。

ただし、種類によってはアルコールそのものに、香りが付いているものもあります。

ハッカ油と混ぜたとき、お互いの香りで不快になる可能性があります。

代用品を選ぶときは、できるだけ無臭のアルコールを選ぶのがおすすめです♪

ハッカ油スプレーにおすすめのハッカ油5選♪

ハッカ油スプレーにおすすめのハッカ油5選♪

ハッカ油スプレーを作るために、1番大事なもの。それは、【ハッカ油】です!!

ハッカ油は製造会社ごとに香りが違っていたり、形状が違っていたりするので、用途や好みに合わせて選ぶ必要があります。

今回は、ハッカ油スプレーを作るときのおすすめのハッカ油を5つご紹介。

ハッカ油スプレーを作るとき、参考にしてみてくださいね♪

ハッカ油の作り方は、以下のリンクから見直すことができますよ!

【1.ハッカ油スプレーをエタノールなしで自作する!!】

ドラッグストアで手に入る【健栄製薬】

ドラッグストアで手に入る【健栄製薬】

容量 20ml
価格 約600円
グレード 食用

こちらは、ドラッグストアなどでよく見かける、健栄製薬の【天然ハッカ油】。
お値段が約600円と、とてもリーズナブル!

ハッカ油スプレーを初めて作る方に、とってもおすすめです♪

食品添加物タイプなので、紅茶やリキュールの香りづけとしても使えます。

私も愛用中♪

容器がドロッパータイプなので、ハッカ油の分量を量るのも簡単です。

どのハッカ油を買おうか迷ったら、まずはリーズナブルなこちらを選んでみてはいかがでしょうか?

ハッカ油の老舗が作る【北見ハッカ通商】

ハッカ飴の老舗が作る【北見ハッカ通商】

引用 北見ハッカ通商公式HP

容量 20ml
価格 1080円(税込)
グレード 食用

北見のハッカといえば、かつて世界市場の70%以上を「北見地方」で生産した時代があったとか……。

そんなハッカの原点ともいえる商品で、他の製品に比べて、マイルドな香りが人気の理由の1つ!

ハッカの香りがきつく感じる方に、おすすめのハッカ油です♪

お値段は少々お高めですが、不純物なども一切含まれない、純度100%のハッカ油です。
もちろん、食品添加物としても使用可能。

元々、ドロッパーの無いタイプでしたが、2021年5月現在はドロップ用の中栓が付属しています。

北見ハッカ通商からは、他にもスプレータイプやつまようじタイプなど、色々なハッカ油が販売されています。

気になる方は、北見ハッカ通商オンラインショップをご覧ください♪

天然和種ハッカ100%【ペパーミント商会】

容量 ボトル200ml+スプレー20ml
価格
グレード 食用

北見ハッカと同じく、北海道にあるペパーミント商会の商品。

ペパーミント商会があるのは、北見市のおとなり「美幌町」なんだとか。

和種ハッカ100%で作られているので、子供向けに使用する方におすすめです♪

ボトルは200mlと大容量!
ハッカ油スプレー以外にも、色々なシーンでハッカ油を使いたい方にもおすすめですね♪

また、20mlのスプレータイプがセットになっているのも魅力的。

ハッカ油は、原液のままスプレーして使うこともできます。

原液のスプレーは、賞味期限いっぱいまで使うことができますよ!

大容量で便利な小物つき【ガレージ・ゼロ】

容量 ボトル450ml+スプレー10ml
価格
グレード 化粧品

ガレージ・ゼロが販売している、大容量タイプのハッカ油。

ハッカ油スプレーを自作したり、容器に移しかえたりするときに便利な、スポイトと漏斗付きです!

お掃除などで、ハッカ油をたくさん使う方におすすめ♪

化粧品グレードなので、食品添加物としては使えませんが、お掃除用などには十分な品質です。

他の製品に比べて、注ぎ口が広くなっているので、小さな容器に移しかえると便利に使えます!

セットのハッカ油スプレーは、外出時の持ち運び用に♪

便利な希釈済みスプレー【武内製薬】

容量 ボトル450ml+スプレー10ml
価格

こちらは武内製薬から販売されている、希釈済みのハッカ油スプレーです。

自作のハッカ油としては使えませんが、すでにエタノールなどで希釈済みなので、そのまま使うことができます!

ハッカ油スプレーを自作するのが面倒な方におすすめですね♪

ただし、自作したものと違い、ハッカ油の濃度を調整できません。

少しハッカ油の濃度が低いかも……。

という口コミもちらほらあり、どうやら香りの持続時間が短いようです。

ハッカ油スプレーの効果をしっかり実感したい方は、ぜひ自作してみてください!

まとめ

  • ハッカ油スプレーはエタノールなしで作れる!
  • 保存期間は冷蔵で1週間
  • 原材料のハッカ油には、防虫・消臭・除菌効果などがある
  • 虫除けや除菌にスプレーするだけで効果を発揮!
  • 無水エタノールには保存性を高めてくれる役割がある
  • ハッカ油スプレー用にはドロッパータイプのハッカ油がおすすめ♪

ハッカ油スプレーは、ハッカ油と水だけで自作できて、なおかつ色々なシーンで大活躍してくれることがわかりました!!

一家に1つ、ハッカ油を置いておくだけで、生活の中に潜むちょっとしたお悩みが解決できますね♪

また、ハッカ油には、今回ご紹介したハッカ油スプレー以外にも使い方がたくさんあります。

ぜひ、色々な方法でハッカ油を楽しんでみてください♪

関連コンテンツ(レスポンシブ)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする