アルコール消毒液の容器が100均に?アマゾン3選と注意点もご紹介!

アルコール消毒液は、外出先や帰宅後、食事前など、必要になる場面が様々。

用途に合わせてアルコール消毒液を容器に詰め替えること、ありますよね?

外出先で使うなら携帯に適した容器、玄関や食事場面で使うなら、置き型の容器が便利かもしれません。

家族が多い方は、人数分、詰め替えることもあるかもしれませんね。

いくつか欲しいから、100均で手軽に買いたい♪

ただしアルコール消毒液は、アルコールに対応している容器へ詰め替える必要があります。

そこでアルコール消毒液対応の容器が100均にあるか、調査しました!

100均の容器だけでなくアマゾンの容器、更に意外なアイテムもご紹介します♪

最後には、アルコール消毒液の対応容器を選ぶべき理由もお伝えしています。

対応容器でないと危険なんです…!
ぜひ見てみてくださいね。


アルコール消毒液の容器が100均に!携帯用も大容量も♪

アルコール消毒液の容器が100均にあるのか、調査をするべく私は100均の代表格、ダイソーとセリアへ行ってきました!

携帯用に便利な小さいサイズから、何度も詰め替えずに使える大容量サイズまでありましたよ♪

ダイソーでは、アルコール消毒液に対応している容器の置いてあるコーナーが、二箇所ありました。

まずはダイソーから、コーナー別にご紹介しますね。

ダイソー【化粧用品コーナー】30mlから100ml

早速、アルコール消毒液の容器を探してダイソーへ♪

化粧用品コーナーに、詰め替え容器がずらりと陳列されていました。

数の多さに期待を抱きつつよく見ると、アルコール消毒液に対応しているのは、ほんの一部。

アルコール消毒液対応の容器って少ないんですね!

種類は少なかったのですが、携帯用サイズから大容量サイズまで展開されている容器もありました。

化粧用品コーナーからご紹介するのは、こちらの2点です!
早速見ていきましょう♪

  1. HDPEポンプボトル
  2. スプレーボトル
    (消毒用アルコール液対応50ml)
  1. HDPEポンプボトル

商品名(容量) 寸法
HDPEポンプボトル(30ml) 約9.5cm
HDPEポンプボトル(キャップ付、30ml) 約9.5cm
HDPEポンプボトル(キャップ付、60ml) 約14cm
HDPEポンプボトル(100ml) 約15.5cm

こちらの容器は、30mlの携帯用に便利なサイズから、台やテーブル等に置いて使える100mlのサイズまで4種類。

表の通り、商品名に併せて容量が記載されていました。

4種類の容器は、キャップが付いているものと、付いていないものに分かれています。

キャップがあると携帯に便利ですよね!

キャップが付いていない容器は、シャンプーボトルのノズルと同じような形状をしていました。

HDPEポンプボトルは、スプレーで出てくる容器ではないので、ジェルタイプの消毒液にも適しています。

アルコール消毒液のタイプを問わずに使うことができるので、嬉しいですね。

  1. スプレーボトル(消毒用アルコール液対応50ml)

商品名 寸法
スプレーボトル(消毒用アルコール液対応50ml) W2.8cm×H12cm×D2.8cm

こちらの商品は、同じ商品名ですが、柄のある容器とない容器の二種類がありました。

柄は、ピンク・水色・黄色のカラフルなドット柄です。

先程ご紹介したHDPEポンプボトルには無かった、容量50mlのサイズ。

商品名の通り、スプレーで出てくるタイプなので、入れられるのは液体タイプのみです。

シンプルな無地か、明るい色合いの柄付きか、好みで選ぶことができますね。

ダイソー【衛生用品コーナー】400ml・600ml

ダイソー店内を歩いていてふと見ると、衛生用品コーナーにもアルコール消毒液を入れられる容器がありました。

化粧用品コーナーと少し離れた場所に衛生用品コーナーがある店舗もあるので、お探しの際はお気をつけくださいね。

衛生用品コーナーで見つけた容器は、こちらです。

商品名(容量) 寸法
PE製ミストポンプ(400ml) W6.7cm×H15.5cm×D6.7cm
PE製ミストポンプ(600ml) W6.7cm×H20.5cm×D6.7cm

化粧用品コーナーの容器とは比にならない程の大容量サイズです!
400mlと600mlの二種類から選べますよ。

お店のアルコール消毒液みたい♪

大容量なので、頻繁に使ってもこまめに補充しなくて済みます♪

種類は少なくても、携帯用から大容量まで選べるので安心ですね。

ただし、ここまでご紹介した容器は、形状の違いやキャップの有無に関わらず、以下の注意書きが記載されていました。

ダイソーの注意書き一部

  • 長期間中身を入れたままにしないでください。
  • 横置きしないでください。

アルコール消毒液が漏れ出すと大変なので、注意書きをよく見て使用しましょう!

セリア【化粧用品コーナー】8mlから200ml

次に、セリアを調査しました。
ダイソー同様、まずは化粧用品コーナーをチェック。

スプレーボトルやポンプボトル等、詰め替え容器の数々が商品棚一面に並んでいました。

しかしセリアも、アルコール消毒液に対応している容器はほとんどありません。

私が行った店舗では、アルコール消毒液に対応した容器を、一種類のみ見つけることができました。

種類は一つですが、携帯用サイズから大容量サイズまで、4つのサイズ展開があります♪
こちらの商品です!

商品名 容量 寸法
消毒用アルコール液対応スプレーボトル 8ml 記載なし
30ml 直径3cm×高さ10.2cm
消毒用アルコール液対応ポンプボトル 100ml 直径3.7cm×高さ14.2cm
200ml 直径4.9cm×高さ17.5cm

8mlと30mlはスプレータイプ、100mlと200mlはポンプタイプです。
ポンプタイプには、ジェルも入れられますね。

こちらの商品は、全てのサイズにキャップがついています。

8mlの容器には寸法の記載がありませんでしたが、30mlの容器と並べてみると大体同じくらいでした。

10cm前後ということですね!

8mlはペン型キャップになっているため、シャツのポケット等に挿して持ち歩くことが可能です。

バッグから出す手間なく、サッとアルコール消毒液を出し入れできるので、携帯するときに便利ですね!

またセリアは、ダイソーに無かった200mlのサイズがあります。

ペン型や200mlのサイズがあること、容器全てにキャップがついていることが、ダイソーとの大きな違いですね。

全てにキャップがついているものの、液漏れについて注意書きが記載されていたので、一部をご紹介します。

セリアの注意書き一部

  • 構造上、液漏れしないわけではありません。
  • 持ち歩く場合は、密閉容器に入れてください。

蓋があるのでそのまま持ち歩けるかと思いましたが、液漏れしないよう注意が必要なんですね。

密封できるチャックのついた袋に入れる等、工夫をしましょう!

続いて、ダイソーに売られていたような大容量の置き型容器を探しましたが、残念ながらありませんでした。

同じ100均でも、品揃えに違いがあるので、100均で容器をお探しの際は参考にしてみてくださいね♪


アルコール消毒液の容器はアマゾンにも!3選ご紹介♪

100均では思いの外、アルコール消毒液に対応している容器が少なかったため、アマゾンでも調べてみました。

アマゾンには容量や形状が様々あり、豊富な種類の中から選ぶことができますよ♪

何本もセットになって売られている商品が多くありました。

家族とシェアしたり、予備用にしたりできますね♪

ここでは携帯用サイズから大容量のサイズまで、セットで販売されている3選をご紹介します。

  1. Uni estela 【アルコール対応】
    スプレーボトル 液体 詰め替え コンパクト 10本セット
  2. MOCOCITO スプレーボトル
    【30ml*10本】
  3. DOCAUP スプレーボトル
    アルコールディスペンサー 2本セット 500ml大容量

1.【Uni estela】コンパクトなペン型 10ml

商品名
Uni estela 【アルコール対応】スプレーボトル
液体 詰め替え コンパクト 10本セット
容量 サイズ 内容
10ml 直径1.5cm×長さ13.5cm 10本セット

ポケット等に入れて持ち運びができる、携帯用に便利なペン型スプレーボトル。

マットなデザインで半透明の、丈夫なプラスチック製です。

デザインがシンプルなので、ポケットに挿しても気になりませんし、コンパクトなのでポケット以外に収納することも容易です!

また、アルコール消毒液だけでなく、様々な液体を入れて使用することができると記載がありました。

2.【MOCOCITO】安心の漏れ防止設計 30ml

商品名
MOCOCITO スプレーボトル【30ml*10本】
容量 サイズ 内容
30ml 直径2.7cmx高さ10.1cm スプレーボトル 10本
+漏斗2枚

こちらはボトルを購入すると漏斗がセットで付いているので、詰め替えをスムーズに行うことができます。

360度密閉されている作りで、逆さまにしても漏れることがなく、そのままバッグに入れて持ち歩くことが出来ます。

漏れ防止設計で漏れる心配がなく、更に耐衝撃性にも優れた容器のため、持ち運びしても安心です!

一つ目の容器同様、アルコール消毒液に限らず、洗剤や漂白剤など様々な液体に対応できるとの記載もありました。様々な用途に使えるのは便利ですね。

3.【DOCAUP】置き型の大容量 500ml 

商品名
DOCAUP スプレーボトル アルコールディスペンサー
2本セット 500ml大容量
容量 サイズ 内容
500ml 19.3 x 18 x 6 cm 2本セット

ダイソーにあった大容量の置き型容器と似ている形状ですね。

こちらの商品は、非常に細かい霧のような噴射ができ、ミストを均等に分散させられるので、迅速で簡単な手指消毒が可能です!

耐久性や耐衝撃性にも優れていて、ぶつけられてもアルコール消毒液がこぼれないと記載があります。

2本セットなので、玄関や食事をするテーブルに一つずつ設置する等して活用することができますよ♪

以上アマゾンの中から、アルコール消毒液に対応している容器を3選、ご紹介しました。

100均の注意書きに対し、アマゾンは液漏れしないことを売りにしている商品が多く、安心して使えそうな印象でした!

アルコール消毒液の容器におすすめの意外なアイテム!

ここまで、アルコール消毒液の容器をご紹介してきました。

中には携帯用に便利な、小さいサイズの容器もありましたね。

しかし、更に小さいサイズでアルコール消毒液の容器として使える、意外なアイテムがあるんです!

それは、アトマイザー。
本来、香水を入れるために使われるアイテムですね。

アトマイザーは、どんなバッグにも入れられますし、デザインもおしゃれでおすすめ♪

ここでは、100均で見つけたアトマイザーをご紹介します。

ダイソー 香水スプレー容器 5ml

化粧用品コーナーの詰め替え容器が並ぶ商品棚に、アトマイザーも並んでいます。

数種類アトマイザーがある中で、「アルコール等を入れないように」と記載されている商品もありました。

購入するときは、アルコール消毒液に対応できる容器かどうか、表示を確認することが必要です!

ダイソーで見つけた、アルコール消毒液の容器に使えるアトマイザーは、二種類。

どちらも液体を入れる部分はガラスなのですが、ガラスをアルミニウムで覆った二重構造になっています。

落としても割れるのを防ぐことができますし、万が一割れてもガラスが飛び散るのを防げるので安心ですね♪

  1. 香水スプレー容器
    (フラワーストーン付スリムタイプ)
  2. 香水スプレー容器(シンプル無地)
  1. 香水スプレー容器(フラワーストーン付スリムタイプ)

容量 サイズ
5ml 10.5cm

キラリと光るストーンが四つずつ、クローバーのように並んで散りばめられています。

本体のカラーは、ゴールドとシルバーの二色展開。
お上品な印象を受ける、香水スプレー容器です。

無機質なアルコール消毒液の容器をバッグから出すより、気分が上がりそうですね!

ダイソー商品の中で、携帯用に適している30mlの容器と比べると、1cm程長いですが断然スリム。

ちょっとした隙間に入れられて、嬉しい♪

次に、商品名は同じですが、無地で形も少し違う香水スプレーをご紹介します。

  1. 香水スプレー容器(シンプル無地)

容量 サイズ
5ml 8.5cm

こちらは商品名にある通り、無地でシンプルな容器です。

シルバー、ピンク、青の三色がお店にありました。

シンプルながらも、好みの色を選べるのは嬉しいですね。

フラワーストーン付と比べて若干太さはありますが、長さは今回ご紹介したダイソー商品の中で一番短いです。

バッグの空いているスペースや好み等、あなたに合う方を選んでみてくださいね♪

セリア ガラスアトマイザー 5ml

容量 サイズ
5ml 直径1.2cm×高さ7.8cm

セリアにも、アルコール消毒液を入れられるアトマイザーが一つありました!

グラデーションが綺麗なデザインです。
水色や青系、オレンジ系の三色がお店にありましたよ。

セリアのアトマイザーは本体がガラスなので、落とさないように注意が必要です。

万が一落とした時のことを考えると、ダイソーのアトマイザーの方が、二重構造で安心かもしれません。

以上、アルコール消毒液を入れる容器としておすすめの意外なアイテム、アトマイザーをご紹介しました!

アトマイザーはおしゃれでおすすめなのですが、こまめに補充が必要なことや、一度に出る量が少ないというデメリットも…。

しかし、他の何よりもコンパクトというのは、何物にも変えられないアトマイザーの良いところ。

デメリットはありますが、バッグの大きさを問わず、バッグに入れても邪魔にならないのは大きなメリットです。

アルコール消毒液の容器を探すときには、選択肢の一つに入れてみてくださいね♪

アルコール消毒液の容器は溶ける!?知らないと危険!

ここまで、アルコール消毒液対応の容器をご紹介してきましたね。

もしも、アルコール消毒液に対応していない容器へ詰め替えをしたら、どうなると思いますか?

私は、アルコール対応かわからない容器にうっかり詰め替えようとしたことがあるのですが、実は危険な行為だったんです…!

アルコール消毒液対応でない容器は溶ける!

アルコールに対応していない容器にアルコール消毒液を入れると、プラスチックと化学反応を起こし、次のような現象が起こる可能性があります。

プラスチックの変化

  • 溶ける
  • 亀裂が発生
  • 膨潤する
  • 軟化する

膨潤(ぼうじゅん)とは、形状は変わらなくても、内容物の液体が浸透してプラスチックの体積が膨張すること。

膨潤の範囲を超えると、「軟化」や「溶ける」というような変化が起きるんですね。

外見では、溶けるといった変化が分からなかったとしても、内部では膨潤した後プラスチック成分がアルコールに溶け出しているかもしれません。

アルコール濃度60パーセント以上は危険物

高濃度のアルコールである程、プラスチックが変化する可能性は高まります。

でも、アルコール濃度が低いと消毒・殺菌の効果が薄れますよね?

消毒・殺菌については、アルコール濃度40パーセントから効果があり、70パーセント以上で最も高い効果を発揮すると言われているんです。

しっかりと消毒・殺菌効果を狙うためには、アルコール濃度70パーセント以上が理想なんですね。

しかし消防庁の資料によると、危険物に該当する消毒用アルコール濃度は、60パーセント以上。

消毒・殺菌の面で理想的な、アルコール濃度が70パーセント以上の消毒液は、危険物ということになるんです。

アルコール消毒液は身近な物ですが、危険物を取り扱っているという意識が必要ですね。

しっかり消毒・殺菌効果が期待できるアルコール消毒液を安心して使用するために、表示や注意書きをよく見て容器を選びましょう!

まとめ

  • ダイソーには、携帯用から大容量の置き型容器まである。
  • セリアには、ペン型の携帯用に便利な容器があり、全ての容器にキャップがある。
  • アマゾンには、様々な容量・形状の容器があり、何本もセットで売られている商品が多い。
  • アルコール消毒液は、アトマイザーを容器として使うことができる。
  • アルコール消毒液対応の容器でないと溶ける可能性があり、表示をよく確認する必要がある。

アルコール消毒液を入れられる、様々な容器をご紹介しました。

好みの容器や、用途に合いそうな容器を見つけることができたでしょうか?

100均でお手軽に買えるのは嬉しい反面、構造上、使用するときに注意や工夫が必要です!

濃度によって、アルコール消毒液は危険物に該当します。

危険物を取り扱っている意識がある方は少なかったかもしれませんが、アルコール消毒液に対応している容器を選ぶことの大切さを感じましたね。

アルコール消毒液の容器を探す際に、この記事が参考になったら嬉しいです♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連コンテンツ(レスポンシブ)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする