電話番号検索は個人宅もハローページで可能!?閲覧・削除方法教えます!

電話番号検索で個人宅の番号が分かるなんて、今の時代可能なんでしょうか?

でも、個人宅の電話番号が知りたい状況って意外とあります。

お世話になったあの人に連絡を取りたい、離れた場所に住む親戚と音信不通だから近所の人に連絡をしたいなど、様々な理由があると思います。

実は、電話番号検索で個人宅の番号も分かるし、調べる方法は色々あるんです。

ハローページとか!

ハローページ以外にも、個人宅の電話番号検索ができる方法はあります。

この記事では、ハローページやそれ以外のやり方で調べる方法や、逆に知られたくない方にも役立つ情報を紹介します。

更には、番外編で、知らない番号から着信があった時に相手を調べる方法もお伝えします♪


電話番号検索で個人宅をハローページの閲覧可能!?他の方法も♪

最初にお伝えしますが、電話番号の悪用は禁止です。
相手の迷惑になることはしないようにしましょう。

個人宅の電話番号検索をしようと思うと、ハローページを思い浮かべる方がいるのではないでしょうか?

簡単に言うと「電話帳」なのですが、そもそも誰でも見ることができるのか、安全なものなのか気になりますよね。

私は、この記事を書くまでハローページって聞いたことあるな~というくらいで、どんなものなのか知りませんでした。

今回は、分からない私が調べたからこそ、まずはハローページとは何かというお話から始めてきますね!

ハローページとは

ハローページとは、NTT東西が発行している、固定電話番号を調べるための50音順電話帳です。

もちろんですが、個人宅も企業も、掲載の希望をした方のみ、電話番号・名前・住所が掲載されています。

ハローページは各地域で発行されていて、2種類あります。

  • 緑色の表紙は個人名の電話帳
  • 青色の表紙は企業名の電話帳
でも、最近ハローページって見なくなったよなぁ。

実は、ハローページは発行・配布が終了してしまいます。

NTT東日本・西日本ともに、HPにお知らせが掲載されています。

NTT東日本
NTT西日本

2021年10月以降発行・配布が終了していくようで、各地域で時期は異なります。
ハローページ各地域 最終発行スケジュール

しかし、ハローページ最終版発行後も、引き続き番号案内「104番」のサービスは続けていくようです。

番号案内「104番」については、本記事で取り上げています。
こちら

ハローページが見られなくなるわけではないよね?
そうですね。
しかし、発行・配布終了までまだ時間があります。

今後、最新版のハローページがなくなってしまうだけで、ハローページは見ることができます。

ハローページの入手方法&閲覧可能場所

NTT東西の固定電話を契約している方は、電話設置場所の都道府県内は1つの電話番号につき個人名版・企業名版を各1部、無料で入手できます。

それを超える部数になると、有料です。

但し、NTT回線を契約しているだけだと配布はされず、事前予約が必要です。

NTT回線を契約していない方でも予約は可能ですが、1冊~有料です。

契約者もそうでない方も、下記のNTTタウンページより、電話帳検索と予約が可能です。

欲しい方は下記をご覧くださいね。
NTTタウンページ 電話帳検索

早く調べたいのに、すぐに見られないの?

実は、予約したり購入したりしなくてもハローページを見ることができる場所があります。
それは、公立図書館です!

但し、どこの公立図書館でも置いているわけではありません。

こちらの「全国電話帳閲覧場所一覧」をご覧ください♪
NTTタウンページ 全国電話帳閲覧場所一覧

他の方法① ネットの電話帳

ハローページであれば、個人宅の電話番号検索は可能ということが分かりました。

でも、ハローページだと予約・購入するか、公立図書館へ出向かなければいけません。

手軽といえばインターネットなので、まさかとは思いつつ、インターネットで個人宅の電話番号検索が可能なのか調べてみました。

びっくり!過去のハローページ個人名版がネットで見られる!
そこで、1つ目は「ネットの電話帳」を紹介します。
ネットの電話帳

ネットの電話帳では、2000年・2007年・2012年のハローページ掲載の電話番号検索が無料で利用できます。

すべての情報は、ハローページに掲載されていた当時のままで、個人宅も企業も載っています。

トップページからは、都道府県→市区町村→地域名へとたどることができ、最終的にその地域の電話帳を見ることが可能です。

名前のみ分かる場合は、まず、トップページ左上の検索窓に名前を入力します。

ヒットすれば同じ名前の一覧が表示され、電話番号・名前・住所を見ることができます。

有料版もあるようですが、定期的に見る必要がなければ、無料版で十分なのかなと思います。

とりあえず調べたい程度であれば、ネットの電話帳の無料版が、一番手っ取り早く検索できそうです。

他の方法② TELECORE

2つ目は、「TELECORE」を紹介します。
TELECORE

こちらのサービスはすべて有料で、会員登録が必要です。

ハローページは年1回発行されている地域がほとんどです。

TELECPREは、発行されるごとに情報を更新しているので、新しい情報が反映されています。

この検索サービスは、ハローページに基づいて独自の技術で自動修正し、検索データを構築しているようです。

そのため、部分的な変換ミスなどがあり、ハローページよりヒット率は劣ります。

但し、いろいろな検索方法で電話帳を調べることができるようなので、便利な検索サービスがTELECOREの特徴ですね。

他の方法③ 電話帳CSV販売.jp

3つ目は、「電話帳CSV販売.jp」を紹介します。
電話帳CSV販売.jp

このサイトは、ハローページの個人名版・企業名版、両方ともCSVデータ形式で販売しています。

価格表が分かりやすく掲載されていて、大まかに分けると、個人名版のみ、企業名版のみ、個人名版&企業名版で購入できます。

更に、商圏版から全国版まで何種類もパッケージがあるようなので、必要な範囲に応じて購入できますね。

これはビジネス向けになると思いますが、業種別、個人事業主、業種別個人事業主、新規流入といったCSVデータ販売もしています。

電話帳CSVデータ販売.jpは、個人が購入するというよりは、ビジネス向け、特に新規営業向けに販売されているような感じですね。


電話番号検索で個人宅を早く調べたいなら104に電話しよう!

「ハローページとは」で少し紹介しましたが、「104番」という番号案内はご存知でしょうか?

番号案内ってことは、104に電話をかけたら知りたい電話番号を教えてくれるってこと?
簡単に言うとそのような感じです。
これから、番号案内「104番」とはどんなものなのか、説明していきますね!

104とは

番号案内「104番」とは、104に電話をかけ、氏名または企業名と住所を伝えることで、電話番号を案内してくれるNTTの有料サービスです。

NTT回線じゃなくてもかけられるの?
かけられます!
他の電話回線や携帯電話からでもかけられて、案内もしてもらえます。

ハローページと同じような感じで、電話帳(ハローページ)に掲載されている方、および104番での案内を登録している方の電話番号のみ、案内が可能です。

電話番号検索をするのが個人宅の場合、その個人宅の名前と住所をコミュニケータに伝えなければいけません。

しかし、正確な名前と住所が分からなくても可能な限り対応はしてくれるそうです。

住所のみでは案内はしてくれないので、例えば苗字だけなど、名前の一部を知っている必要があります。

コミュニケータに情報を伝えた後、電話番号が分かれば自動音声アナウンスで電話番号を教えてくれるようです。

番号案内の料金

とても便利なサービスですが、104番の番号案内は、有料です。
NTT西日本 104利用料金

案内ができた場合は、問い合わせ1件につき料金がかかります。

時間帯や利用回数によって料金が変わるようなので、料金表を参考にしてくださいね。

公衆電話からかけた場合は、利用回数、利用時間帯にかかわらず、一律100円(税込)かかります。

しかし、案内ができなかった場合や、緊急通報用電話番号の問い合わせ、災害時に設置される公衆電話から104へかけた場合は無料です。

地震などの自然災害時に役立ちそう!
その通りで、自然災害が起きたら何らかの理由でスマホが使えなくなることが予想されます。

電話番号は、基本的にスマホの電話帳で管理している方が多いのではなのでしょうか。

親戚などの個人宅を電話番号検索するのであれば、名前やおおよその住所も分かると思います。

そんな時は、分かる範囲で問い合わせてみれば電話番号検索が可能かもしれません。

番号案内を削除・停止する方法

番号案内は便利ですが、安全面も心配ですよね。

当たり前の話ですが、他人の電話番号を悪用することは絶対にしてはいけません。

でも、ここまで電話番号検索をする方法があるとなると、悪用する人がいるのが現状です。

もし、あなたが現在ハローページに個人宅の電話番号が掲載されていて、嫌な思いをしたら番号案内を停止してほしいと思いますよね。

番号案内を停止する方法は3つあります。

  1. 局番なし「106」電話をする。
    106に電話をするのが一番早い方法ですが、繋がりにくい場合も多いようです。
  2. NTTタウンページの「お問い合わせフォーム」にて連絡をする。
    NTTタウンページ お問い合わせフォーム
  3. タウンページお客様相談センターに電話をする。
電話番号 0120-506-309
受付時間 午前9時~午後5時
休業日 土曜・日曜・祝日・年末年始(12/29~1/3)

番号案内を停止したい方やハローページへ掲載削除を希望される方は、この3つの方法のどれかで問い合わせをしてみてください。

電話番号検索で個人宅の住所から以外で調べる!番外編も♪

これまで紹介してきた個人宅の電話番号検索の方法は、有料だったり調べるのに時間がかかったり、調べることに少しハードルがあります。

そこで、住所から以外で電話番号検索が可能な方法や、電話番号が分からなくても連絡が取れる方法を紹介してきます。

また、番外編で、知らない番号からかかってきた時に相手が誰かを電話番号検索できるサイトもお伝えします。

Google、Yahoo

一番身近で早くできる検索方法となると、GoogleやYahooですよね。

え?ネットの検索窓で検索して個人宅の電話番号が分かるの?
実は、GoogleやYahooで個人宅の電話番号検索が可能なんです。

なぜかというと、GoogleもYahooも同じデータベースを使用しているからです。

例えば、「ネットの電話帳」はGoogleで検索してもYahooで検索してもサイトが表示されます。

そのため、個人宅の名前と住所から電話番号検索が可能なんです。

いつも調べ物をするように、検索窓に入力するだけです。

実際に試してみたのですが、個人宅の住所からではなくても、「フルネーム 電話番号」と調べれば、出てくる個人宅の電話番号もありました。

Facebook

Facebookをやっている方は分かるかと思いますが、Facebookにはメッセンジャーというメッセージのやり取りができる機能があります。

でも、アカウント名が実名じゃなかったらどの人か分からないよ~。

いいえ、Facebookは実名で交流するコミュニティで、偽名で登録することは規約で禁止されています。

もし電話番号検索をしたい個人宅の方がFacebookに登録していれば、探してメッセンジャーでメッセージを送ることができます。

その場合は、あなたもFacebookに登録する必要があるので、メッセージを送りたいならまずは登録をしましょう!

私は、連絡先が分からない昔の知り合いから、Facebookのメッセンジャーで、「久しぶり!覚えてる?」と実際に連絡がきたことがあります。

やっぱり久しぶりに昔の知り合いから連絡が来ると嬉しいものです。

もし、あなたも連絡を取りたいけど連絡先が分からない友人がいれば、探してみるのはいかがでしょうか。

番外編① JPnumber

ここからは番外編になりますが、あなたは一度くらい知らない番号から電話がかかってきたという経験はありませんか?

私は、何度も経験があり、その度にすぐにネットでその電話番号を検索します。

そこで、そんな相手が誰か分からない番号から電話がかかってきた時に便利な、電話番号検索のサイトを紹介します。

一つ目は、「JPnumber」です。
JPnumber

JPnumberでは何が分かるの?
このサイトは、無料で電話番号検索が可能で、迷惑な電話番号や怪しい電話番号が分かります。

まずは、あなたにかかってきた知らない番号をサイト内の検索窓に入力します。

そうすると、検索結果が出てきて、企業であれば事業名称や業種、住所などが表示され、グラフでアクセス回数や検索件数を見ることができます。

「しつこい売り込みの電話でした」「出て名乗ったらすぐに切られました」など、口コミが出てくるので参考材料になります。

番外編② 電話帳ナビ

二つ目は、「電話帳ナビ」です。
電話帳ナビ

JPnumberと同じく無料で利用可能です。
こちらも、やはり迷惑な番号や怪しい番号を検索するような使い方が多くなるかと思います。

JPnumberとの違いは、電話帳ナビは会員登録(無料)することで、使える機能が増えるようです。

但し、個人で登録するのか事業者で登録するかで使える機能が違うようです。

例えば、個人で登録すればブックマーク機能が使えるようになるみたいので、それはとても便利ですよね。

まとめ

  • 個人宅の電話番号は緑色表紙のハローページ個人名版で探すことが可能で、事前予約で入手、公立図書館でも見ることもできる。
  • 「ネットの電話帳」、「TELECORE」、「電話帳CSV販売.jp」のサイトでハローページのデータを見ることが可能。
  • 手っ取り早く個人宅の電話番号検索をするなら、番号案内「104番」に電話をする。
  • 番号案内の停止やハローページへの掲載削除をするなら、まずは局番なし106に電話する。
  • 電話番号検索は、GoogleやYahooで「フルネーム 電話番号」と検索すると出てくる可能性がある。
  • 住所や連絡先が分からなくても、Facebookであればメッセージ機能で連絡が取れる
  • 知らない番号からかかってきた時は、「JPnumber」や「電話帳ナビ」でその番号を検索すれば相手が分かるかも。

個人宅の電話番号検索ができる方法はいくつかあることがありました。

名前と住所が分かっていれば、番号案内104に電話して問い合わせるのが一番早そうです。

但し、有料で1件あたりの料金がそれなりにかかるので、お金をかけたくない人はネットで検索したりサイトを利用してみたりしましょう。

但し、電話帳への掲載を希望している人しか分からないので、必ずしも知りたい個人宅の電話番号が分かるというわけではありません。

その場合は、Facebookで名前を検索してヒットすれば、メッセージのやり取りができるかもしれませんね。

関連コンテンツ(レスポンシブ)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする