ダイソーのボウルは充実度が違う!!買う前に絶対見るべき特徴まとめ

料理をしている時に、無いと困るものは何ですか?

他で代用できないものや、できても不便なものってありますよね。

私は最近、オーブンで使えるボウルと、サラダを混ぜることができる大きなボウルが無くて困りました。

ボウルは様々なサイズや材質があると、料理が断然効率的に進みます!

目的に合わせて、色んな種類のボウルを揃えたいけど、高いものでは手が出にくいですよね。

そこで、家計の味方ダイソーに行き、どんなボウルが買えるか調査してみました!

ダイソーで売られているボウルの充実ぶりは、本当に驚きです!

様々な種類のボウルがあるため、この記事では材質ごとにボウルの特徴をまとめています。

また、ダイソーでは買えないボウルを、安く買えるお店もご紹介しています。

ダイソーのボウルを使って、料理の効率を上げましょう♪


ダイソーのボウルは種類が豊富!使い分けで料理の効率UP!

早速ダイソーの店舗にやってきました。
最近のダイソーは、本当に料理グッズが充実していて、なんでも揃います!

今回調査するボウルは、どんな品揃えになっているのでしょうか…

たくさん並んでいる!
ボウルと言っても色んな種類があるのね

ミニサイズのボウルや、耐熱のボウルなど目的に合わせて選択肢が広がります。
ダイソーで取り扱う主なボウルの種類として、

  • プラスチックボウル
  • ステンレスボウル
  • ガラスボウル

を確認できました!
ですが、それぞれの種類の中でも、さらに細かく使い分けができるようです。

そこでダイソーのボウルを、この3種類に分け、詳しい特徴やおすすめの使い方をまとめてみました。


ダイソーのボウルはプラスチックでも頑丈!

ダイソーで一番種類が多いボウルは、プラスチックボウルです。

調理器具用品のコーナーを見ると、大部分がプラスチック製でした!

確かにプラスチックって、安く買える印象があります。

一方で、プラスチックは安い分、すぐに割れたり熱に弱かったり、長く使えるか心配ですよね。

でも大丈夫!
今のプラスチックボウルはとっても丈夫で、耐熱仕様の物もあるのです♪

ダイソーには、どんなプラスチックボウルがあるでしょうか。具体的に見ていきましょう。

ザルとセットが当たり前!?大きめプラスチックボウル

サラダを混ぜたり、パンをこねたりする時にぴったりなのが、大きめのボウルです。

ダイソーでは、ほぼザルとセットで売られていました!

値段は110円(税込)〜330円(税込)と、大きさによって幅があります。

深めのザルはお米を研いだり、麺の湯切りができたり便利です。

大きいボウルは一度にたくさんの量を料理できるので、家族での食事や、人を招いた食事の時に、準備がはかどること間違いありません!

電子レンジOKなプラスチックボウルが便利すぎる!

私が一番、買いだと思ったプラスチックボウルがこちら!

水切りも、加熱も、混ぜ合わせも1つでできてしまう、電子レンジ対応の優れもの!

しかもザルが浅めに作られているため、レンジで温めた食品と、熱を通したくない食品を二段に分けることができます。

例えば、ポテトサラダ作りにこのボウルはぴったりです!

レンジで温めたジャガイモの粗熱をとりながら、きゅうりやハムなどは、混ぜる直前までザルに乗せておけます。

たとえ狭いキッチンでも、スペースをうまく作り、効率よく料理をすることができます。

また、浅いザルを蓋にして、食品を温めた時に出る水分を、簡単に捨てることができますね! 

プラスチックボウルはデザインもオシャレ♪

ダイソーのプラスチックボウルは、使いやすいだけでなく、デザイン性も忘れていません。

このカラーボウルは赤、オレンジ、緑と3色の展開があり、サイズは大と小があります。

手に持った感じだと、大はラーメンどんぶりほどで、小は牛丼どんぶりほどです。

また上のボウルより、さらに小ぶりなものも見つけました。

こちらはお茶碗ほどの、女性の手にも簡単に収まるサイズです。

このサイズとデザインであれば、料理をしてそのまま食卓に出すことができます。

盛り付けの手間を省けるだけでなく、洗い物が少しでも減ると、嬉しいですよね!

そして、オシャレなプラスチックボウルはどれも、電子レンジ・食洗機OKで、質感はとても頑丈!

オシャレな上に、使い勝手が良いと、料理をしていて気分も上がります♪

料理風景を動画や写真に編集したい人にも、オシャレなボウルなら映えるのではないでしょうか!?

【プラスチックボウルまとめ】

サイズ展開
電子レンジ
オーブン ×
食洗機
デザイン性
プラスチックボウルだけでも充実の品揃えだね

ダイソーのプラスチックボウルは、種類の多さはもちろん、デザイン性や熱にも強い点が魅力と分かりました。

プラスチックだとすぐにダメになってしまうのでは…という心配は無用ですね♪

ダイソーのボウルはステンレスで本格調理に最適!

ボウルといえば、このステンレスボウルを思い浮かべる人も多いのでは無いでしょうか?

水にも衝撃にも強いステンレスボウル。ダイソーにも置いていました!

私が訪れたダイソーには、大(28cm)と小(15cm)の深型と、浅型(20cm)がありました。

サイズ展開やデザイン性にはやや欠けますが、ステンレスには他の素材にはない、素晴らしい魅力があります。

  1. 軽くて衝撃に強い
  2. 匂い移りがしない
  3. 熱伝導性が高い

これらの魅力を活かし、料理の幅をぐっと広げましょう。

ハンドミキサーを使うならステンレスボウルが一番♪

ボウルは普段の料理でもよく使いますが、お菓子作りでは必要不可欠なアイテムです。

お菓子を作る時、ボウルの出番といえば、真っ先に思い付くのがクリームの泡立てです!

クリームの泡立てではハンドミキサーをよく使うので、ハンドミキサーとボウルの相性を抑えておきましょう。

高速で回転するビーター(ハンドミキサー泡立て部分)の衝撃に耐えるには、ステンレスボウルが一番です!

プラスチックボウルは、ハンドミキサーのビーターよりも柔らかい材質が多く、回転でボウルが傷つきやすいのです。

また、重さのあるガラスボウルに比べ、ボウルを傾けてクリームを泡立てるには、より軽いステンレスボウルが最適です。

ステンレスボウルは匂い移りの心配無用!

プラスチックのタッパーやボウルを使う時、「にんにく料理の匂い…?」なんて顔をしかめたことはありませんか?

何度洗っても落ちない頑固な匂いは、容器の小さな傷などに入り込み、なかなか落とせません。

料理にもお菓子にも同じボウルを使うなら、匂い移りは気になりますよね!

その点、ステンレスボウルは洗剤で洗えば、匂いが残ることはほぼありません。

水にも強く、劣化しにくいステンレスボウルは、匂いや衛生面でも安心して長く使えます。

上手に熱を伝えて料理を成功させよう

忘れてはいけないステンレスボウルの特徴は、「熱しやすく、冷めやすい」です。

湯せんにかけたり、氷水で冷やしたり、本格的な料理こそ手間は省きたくないですよね。

一段上の料理に挑戦するには、ステンレスボウルの熱伝導性を活かしましょう!

湯せんしながら、ゆっくりチョコとクリームを混ぜれば、口どけ滑らかな絶品トリュフを作れます。

また、メレンゲは卵白を冷やすと、きめ細かく上手に泡を立てられます。

そのため、卵白をステンレスボウルごと冷蔵庫で冷やせば、短時間で冷やせますし、そのまま泡立てられ便利です!

ステンレスボウルを一つ持っているだけで、料理を成功させる鍵となる「温度調整」が、簡単に行えるのです!

【ステンレスボウルまとめ】

サイズ展開
電子レンジ ×
オーブン ×
食洗機
デザイン性 ×
レンジでは使えないけど、知るほどに使いたくなっちゃう!

一見、◯が少ないように感じますが、ステンレスボウルには、他の材質にはない魅力がたくさんあります。

衝撃に強い、匂い移りしない、熱伝導性が高い、この3点を抑えることで、ダイソーのボウルでも本格的な料理に挑戦できます。

ダイソーのステンレスボウル、おひとついかがでしょうか?

ダイソーのボウルにガラス製があったとは!!

パン作りにハマっている私。今一番欲しいボウルがガラスボウルです。

パン作りでは、オーブンで生地を発酵させるので、耐熱のボウルを長く探していたのです。

ダイソーでガラスボウルを買えれば最高、と軽い気持ちでいたのですが…。
なんと、ありました!!

15cmと小ぶりではありますが、厚みがあり頑丈なガラスボウルです。

数あるダイソーのボウルの中でも、オーブンで使えるのは、ガラスボウルだけ。

パンの発酵以外にも、ガラスボウルだからこそできる料理をご紹介します。

オーブンでグラタン作りに挑戦♪ガラスの器でオシャレも演出

オーブン料理といえば、みんな大好きグラタンです!

熱々のマカロニと、こんがり焼けたチーズが美味しいですよね。

ホワイトクリームのパウチなどは簡単に手に入るので、ガラスボウルさえあれば、挑戦したい一品です。

市販のホワイトクリームを使えば、作り方はとても簡単!

  1. 鶏肉や玉ねぎを炒める
  2. 茹でたブロッコリーとマカロニ、ホワイトクリームを1と合わせる
  3. ガラスボウルに2を盛り、ピザ用チーズを散らす
  4. 220℃のオーブンで10分焼く

あっという間に美味しいグラタンの出来上がりです♪

ガラスボウルであれば、そのまま食卓に出して取り分けても、違和感がありません。

グラタン同様に、ラザニアやドリアにもガラスボウルは使えるのではないでしょうか?

ガラスの質感が食卓を華やかにし、クリスマスなどの特別な食卓にもぴったりです♪

中が見えると楽しい♪フルーツポンチやゼリーを作ろう

ガラスボウルのいいところは、透明で中身が見えるということ!

料理の過程や、材料の様子が分かるガラスボウルは、お子さんが料理に興味を持つマジックツールにもなります。

特に色鮮やかなフルーツを使ったポンチやゼリーは、見た目も味も、子供は大好き!

ちなみにポンチとは、ソーダにフルーツを泳がせたデザートを言うそうです。

お誕生日会など楽しい場はもちろん、元気を出して欲しい時にも、キラキラしたデザートはパワーをくれます。

お子さんが料理に興味を持ち、お手伝いをしてくれるきっかけにもなるのではないでしょうか!?

【ガラスボウルまとめ】

サイズ展開 ×
電子レンジ
オーブン
食洗機
デザイン性
◯がたくさん!!これは買いだわ!

ガラスボウルの使い勝手の良さは、他のボウルと大きく差をつける結果となりました。

残念ながら、ダイソーでの取り扱いは、11cmと15cmのみで限られたサイズ展開ですが、買って損のない調理器具の一つです。

どのボウルを使おうか迷ったら、まずはガラスボウルを手に取ることをおすすめします♪

ダイソーのボウルはバーベキューでも大活躍!(番外編)

ダイソーのボウルを活用できるのは、普段の生活だけではありません。

ダイソーでは、バーベキューやキャンプなど、アウトドアでも使えるかっこいいボウルを買うことができます。

使いやすさだけでなく、デザイン性に優れたボウルを用意することで、バーベキューへのモチベーションも一気に上がるかも!?

色付きボウルはかわいいだけじゃない!

ビタミンカラーのカラフルなボウル。見ているだけで元気が出ます!

このロゴを見たら、バーベキューやキャンプに持って行きたくなりますよね!

サイズは、一人用の取り分けにぴったりな大きさです。

バーベキューなどは大人数ですることが多いため、色違いのボウルだと、取り違いを防げます。

少し席を離れた時には、「オレンジのボウルにお肉入れといて〜!」と食べ損ねも防げるでしょう!

スタイリッシュなボウルは環境にも優しい

こちらのボウルも一人用の小ぶりサイズ。
デザインは、とてもかっこいいです。

ステンレス製と黒くシリコン加工されたものがあります。

シリコン加工されたものはお値段も少し高いです。

シリコン加工されたボウルの特徴は、洗う前にさっと汚れを拭くことで、少量の水でも綺麗にできるということ。

バーベキュー場やキャンプ場では使える水が限られます。

また、環境に配慮して洗剤NGな場所も多くあります。

環境にも優しいシリコン加工されたボウルは、見た目だけでなく、アウトドアマナーも考えられたかっこよさがありますね♪

ボウルで木のぬくもりを感じよう

自然の中でバーベキューをするならば、食器も雰囲気があるものを揃えたいですよね。

ダイソーにはそんな願いを叶えてくれるボウルがありました!

それがこちらのウッディボウル。まるでカフェで使われていそうなデザインです。

ポリプロピレンでできていて、本物の木ではありません。

ですが、木彫りのボウルのように、肌馴染みが良く、とても持ちやすいのが特徴です。

食事を取り分けるだけでなく、フルーツやパンなどを盛るとオシャレではないでしょうか♪

ダイソーにはないボウルを買えるおすすめ店舗2選

ダイソーには、想像以上に様々な種類のボウルがありました。

あまりの充実ぶりに私は大満足ですが、サイズや材質にこだわると、100均では見つけられないものもあります。

安さを妥協せずに理想のボウルを買えたら嬉しいですよね!

ダイソーで見つけられないボウルは、身近な店舗だとどこで安く買えるでしょう?
おすすめの2店舗をご紹介します。

大きめガラスボウルはニトリで買える

ダイソーではサイズ展開がなく、手に入らないボウルが大きめのガラスボウルです。

オーブンで大人数の料理を作りたいときは、やはり大きめのガラスボウルが必要ですよね。

そんな時おすすめなのが、ニトリのガラスボウル!

11cm〜24cmと、大小合わせて5種類ものサイズが用意されています!

どのボウルも深さがあり、こぼれる心配なく快適に料理ができますね。

気になるお値段ですが、一番大きなもので1,212円(税込)と、とても良心的!

この大きなボウルを使い、パンを発酵させたり、安売りのフルーツを狙って大量にジャムを作ったりしても素敵です♪

憧れでおわりませんように

IKEAのボウルでカタログ風な食卓に♪

引用 IKEA公式HP

オシャレな生活雑貨を買うならIKEA、と言われるようになったのはいつからでしょうか。

店舗も年々増え、オンライン購入も簡単にできるようになりました。

北欧を感じるIKEAの商品はデザイン性が抜群。
キッチンツールに至るまで、オシャレなセンスが光ります。

そんなIKEAでおすすめしたいボウルは、サービングボウルです。

その名の通り、そのまま食卓に出すことをコンセプトとしたボウルです。

フリルのような縁取りが目を引き、普通のサラダも一気にオシャレに見えますね!

サイズは26cmとだいぶ余裕のある大きさながら、お値段は1,299円(税込)と手の出しやすい設定です。

同じデザインのお皿シリーズもあり、食器のデザインを統一するだけで、まるでカタログのような食卓をセットできます。

ボウル同様、お皿も安心価格で、ほぼ500円以内で購入できます。

オシャレなボウルとお皿で、食卓に華を添えましょう! 

まとめ

  • ダイソーのボウルは種類が多く目的に合わせて選ぶことができる
  • ダイソーのプラスチックボウルはサイズやデザインが豊富で、電子レンジ対応もあり便利
  • ダイソーのステンレスボウルは傷つきにくく、匂い移りの心配も無く本格的な料理におすすめ!
  • ダイソー唯一のオーブンOKなガラスボウルは、使い勝手が最高で迷ったら買うべき一品
  • ダイソーにはバーベキューでも大活躍なボウルがある
  • ダイソーで手に入らないボウルを買うにはニトリやIKEAがおすすめ

ダイソーのボウルをまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

安いだけでなく、目的に合わせて様々なボウルを選べることで、安心してお買い物ができますよね。

ダイソーのボウルを使い、料理をもっと快適で楽しいものにしてみましょう♪

関連コンテンツ(レスポンシブ)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする