アパガードを買ってはいけない?成分を徹底調査!効果的な歯磨き方法も

歯は顔の印象を大きく左右する大事なパーツ。綺麗な白い歯を保つためには、普段からのケアが重要です。

美白効果のある歯磨き粉といえば、アパガードが思い浮かびますよね。

アパガードについて検索すると、なんと「アパガードは買ってはいけない」との気になる文字が…。

何か体に悪い成分が入っているのでしょうか?

そこで、「アパガードは買ってはいけない」と噂される理由を調査してみました!

アパガードに含まれる成分を調べてみると、アパガードは安全だということが分かります。

「アパガードは買ってはいけない?」という不安を取り除くため、この記事ではアパガードの成分や効果について、調べた結果をご説明しますね。

アパガードを使った効果的な歯磨き方法や、アパガード製品で人気の3商品についても、ご紹介していきます!

また最近では自宅でホワイトニングを行う人が増えてきているようです。歯の白さにこだわりのあるあなたは、ぜひお家ホワイトニングもチェックしてみてください♪


アパガードを買ってはいけない?!不安を解決します!

アパガードは歯科医が推奨する、歯の健康を保つために有効な歯磨き粉。

もちろん、アパガードは安全に使用することができます!

なんで買ってはいけないという噂があるの?

「買ってはいけない」などと言われると、体に悪い成分が入っているのではないかと不安になりますよね。

この章では、アパガードの成分と、歯科医がアパガードをお勧めする理由について、詳しく解説していきます!

アパガードは安全!危険といわれる成分について

それでは、「アパガードを買ってはいけない」と噂される理由を探ってみましょう!

アパガードには様々な種類がありますが、今回は【リナメル】【プレミオ】【スモーキン】に配合されている成分について調べてみました!

調べた結果、アパガードに含まれる成分の中で、発がん性やアレルギー反応が危惧されている成分が3つありました…。

その3つの成分について、詳しくみてみましょう。

サッカリンナトリウム

人口甘味料。食品添加物。

サッカリンは、1960年代に発がん性への危惧から多くの国で使用を禁止した。

後の研究で、現在ではサッカリン自体に発がん性はないとの見方が優勢になる。

諸外国では再び飲食に利用されているが、日本では食品衛生法の規制が続いている。

また、「発がん性物質がある」との悪印象が拭えないことから、サッカリンを用いた食料品は少ない。

厚生労働省規定の食品衛生法によると、許容一日摂取量は体重1キログラムあたり5ミリグラムまで。

ラウリル硫酸ナトリウム

アニオン界面活性剤。発泡剤。

洗浄効果が高い成分であるが、皮膚への刺激性が強いとされる。

1970年代に発がん性が指摘されたが、厚生労働省によって精密な追試が行われた結果、発がん性は確認されていない。

【使用されている商品例】
シャンプー、ボディーソープ、髭剃りクリーム、リキッドファンデーション

加水分解コンキオリン液

光沢剤。アコヤ貝の真珠や貝殻から採れるタンパク質。

十分に加水分解された成分のため、アレルギーを起こすことはほとんどない。

しかし貝類アレルギーを有する場合は、念のためパッチテストをして安全性を確認してからの使用を推奨。

【使用されている商品例】
洗顔フォーム、化粧水、乳液、美容液、保湿クリーム、パック、アイケア、ボディケア、ハンドケア、顔用日焼け止め、ファンデーション、シャンプー、コンディショナー、ヘアカラー・白髪染め

発がん性を指摘されている成分は、現在の研究結果で発がん性が確認されないことがわかりました。

また、アレルギーを引き起こす可能性のある成分も含有されていますが、歯磨き粉として短時間使用する分には問題ありません。

この3つの成分は、国が定める安全基準のもと、多くの商品に使われているので、危険性はないと言えます。

噂に惑わされずちゃんと調べれば安全性に問題ないことはわかるわね

それでもこれらの成分が気になるという方は、歯科医が推奨するアパガードリナメルがお勧めです。

アパガードリナメルには【サッカリンナトリウム・ラウリル硫酸ナトリウム・加水分解コンキオリン液】は含有されていません。

全ての成分について詳しくみたい方はこちらをクリックしてみてください!

アパガード成分一覧

この表で「安全」と記載しているものは、化粧品成分オンラインで調べた結果です。

化粧品成分オンラインに載っていない成分については、私が独自で成分について検索した結果を載せています。

成分 リナ
メル
プレ
ミオ
スモー
キン
基剤 歯磨用
リン酸水素
カルシウム
× 安全
無水ケイ酸 安全
溶剤 精製水 安全
可溶
化剤
ポリオキシ
エチレン
硬化ヒマシ油
× × 安全
エタノール × × 安全
湿潤剤 濃グリセリン 安全
ケイ酸
ナトリウム
× × 安全
甘味剤 キシリトール × 安全
サッカリン
ナトリウム※
× 食品
添加物
薬用成分 薬用
ハイドロキシ
アパタイト
安全
マクロゴール
400
保湿剤
安全
β-グリチル
レチン酸
抗炎
症剤
安全
塩化セチル
ピリジニウム
抗菌
成分
安全
ポリビニル
ピロリドン
× 増粘剤
安全
ゼオライト × × 食品
添加物
発泡剤 ラウリル硫酸
ナトリウム※
× アニ
オン
界面
活性剤
グルタミン酸
ナトリウム
× × 安全
増粘剤 カルボキシ
メチル
セルロース
ナトリウム
安全
カラギ―ナン × × 安全
香味剤 香料 安全
安定剤 リン酸
マグネシウム
× 安全
酸化チタン × × 安全
光沢剤 加水分解
コンキオ
リン液※
× 安全
保存剤 塩酸
アルキル
ジアミノ
エチル
グリシン
安全

歯科医が推奨!アパガードの効果を徹底調査

アパガードは、【健康美白】をコンセプトにつくられた美白歯磨き剤です。

健康美白?

アパガードは、単に歯の汚れを落とすだけではなく、「歯を修復し、歯の健康を保つ」ことに着目した歯磨き粉なんです!

特にアパガードリナメルは、多くの歯科医がその効果を認め推奨しています。

歯医者さんが推奨している歯磨き粉なら安心できそう

歯科医が推奨する理由は、アパガードに配合されているナノ粒子「薬用ハイドロキシアパタイト」にあります。

ここで改めて、アパガードの効果について詳しくご説明します!

まずは、歯の白さの理由や、歯がくすむ原因についてみていきましょう。

歯の白さとは

歯の表面は半透明のエナメル質で覆われていて、その下に乳白色の象牙質があります。

歯が白く見えるのは、象牙質の乳白色が半透明のエナメル質から透けて見えるためです。

引用 アパガード公式HP

歯がくすむ原因

歯が輝きや白さを失うのは、エナメル質のトラブルに原因があります。

毎日の食事や歯磨きによって、エナメル質にミクロの傷ができてしまいます。

この傷に歯石やステインなどが付着し、歯の透明感を低下させることになります。

引用 アパガード公式HP

エナメル質の健康が歯の美白に影響するのね。

次に、アパガードの効果について具体的にご説明します!

アパガードの3つの効果

アパガードに配合されているナノ粒子「薬用ハイドロキシアパタイト」には、歯を健康に保つ3つ効果が期待できます。

  • エナメル質の歯垢を吸着除去する。
  • エナメル質のミクロな傷を修復し、歯垢や着色を付きにくくする。
  • 酸により溶けてしまったエナメル質にミネラルを補給し、初期虫歯を再石灰化する。

引用 アパガード公式HP

◆ハイドロキシアパタイトとは

ハイドロキシアパタイトは歯の主成分。

エナメル質の97%、象牙質の70%がハイドロキシアパタイトから出来ている。

ハイドロキシアパタイトは唾液にも多く含まれ、初期虫歯を修復する「再石灰化」を行う成分でもある。

アパガード独自の「薬用ハイドロキシアパタイト」は、天然のハイドロキシアパタイトに近い有効成分。

アパガードのナノ粒子「薬用ハイドロキシアパタイト」が歯のエナメル質に働きかけることで、歯の健康が保てることが分かりました!

歯のエナメル質の健康を維持することにより、歯が本来持っている自然な白さを引き出すことができるんですね!

健康美白の意味がわかった!

フッ素不使用!アパガードの虫歯予防効果は?

フッ素が虫歯予防に利用されていることは広く知られているかと思います。

フッ素は唾液と結びついて歯の再石灰化を促進することで虫歯を予防します。

実はアパガードにはフッ素が入っていません。

先に申し上げた通り、アパガードに配合されている「薬用ハイドロキシアパタイト」は、歯に直接働きかけ、歯の再石灰化を促します。

フッ素も薬用ハイドロキシアパタイトも、歯の再石灰化を促し初期虫歯を修復する効果が期待できる成分です。

フッ素が入っていなくても虫歯予防効果は十分期待できるのね

フッ素は虫歯予防効果が期待できる一方、過剰摂取の場合、フッ素の毒性について問題視されている側面もあります。

そのため、フッ素の使用については賛否が大きく分かれています。

一方、ハイドロキシアパタイトは歯と骨の主成分であり、人体に優しい成分として知られています。

より安全な歯磨き粉を求める方にも、アパガードはおすすめです。

アパガードを使用!効果を引き出す歯磨き方法

アパガードの効果を最大限引き出すための歯磨き方法をご紹介します。

普通に歯磨きするだけではだめ?

アパガードを使用する場合は「トリートメントブラッシング」がおすすめです。

「トリートメントブラッシング」によって、「薬用ハイドロキシアパタイト」の効果をより引き出します!

①最初のブラッシングの目的は「洗う」

歯ブラシの毛先に歯磨き粉を1~2cm出します。

歯をマッサージするように、力を入れず優しく磨きます。決して強い力で磨かないでください。

歯と歯の間にペーストが行き渡るよう、意識しながら歯を一本ずつ磨きます

アパガードに含まれるナノ粒子「薬用ハイドロキシアパタイト」が、歯垢を吸着して除去します。

②2度目のブラッシングの目的は「トリートメント」

口にたまった唾液を吐き出したあと、もう一度歯ブラシに歯磨き粉を1~2cm取り、ブラッシングします。

歯にミネラルを浸み込ませるために丁寧に磨きます。目安は3分間~5分間です。

アパガードに含まれるナノ粒子「薬用ハイドロキシアパタイト」が、ミクロな傷を修復し、歯の表面をツルツルにします。

③少量の水で口をゆすぐ

「薬用ハイドロキシアパタイト」の効果を最大限に発揮させるため、歯磨き粉の味が気にならない程度に軽くゆすぎます。

歯垢を除去するのはもちろん、歯の修復を意識しながら歯磨きをするといいのね

長年の研究!アパガードの歴史を知ろう

アパガード開発の歴史をみていくことで、アパガードが信頼できる商品だということがより分かるかと思います!

1978年 歯の主成分ハイドロキシアパタイトを補い、
歯を修復し健康にする歯みがき剤の開発に着手。
1980年 エナメル質の97%を占めるハイドロキシアパタイトを合成することに成功。
1985年 「汚れを落とす」という引き算から「成分を与えて修復」という足し算へ。
歯磨き粉の常識を覆す。アパガード誕生。
1993年 旧厚生省により「薬用ハイドロキシアパタイト」という新しい薬効成分として認可。むし歯予防効果が認められる。
1994年 歯の「再石灰化」という新しい概念を打ち立てる。
1995年 オーラルケア市場に「美白」という新カテゴリーを創出。
2004年 薬用ハイドロキシアパタイトの粒子を更に小さく、2桁ナノのレベルに制御!
アパガードは世界初のナノテク・オーラルケア商品となる。
2008年 薬用ハイドロキシアパタイトを高配合した「アパガードプレミオ」が新発売!
2010年 1985年の発売より、アパガードは25周年を迎える。
2014年 アパガード「Mプラス」「スモーキン」「プレミオ」「ロイヤル」へ、パール成分を配合。ブライトニング処方へリニューアル。

アパガードが追求する【健康美白】の効果は、長年の企業努力の賜物だということがわかりますね!

アパガードへの理解が深まり、アパガードをさらに使用してみたくなったのではないでしょうか?

次の章から、数あるアパガード製品の中でも特に人気の3種についてご紹介します!


アパガードリナメルの効果と口コミ【歯科医推奨!】

アパガードリナメルの効果

アパガードリナメルは、歯科医院限定商品です。

市販の薬局では売っていませんが、Amazonではアパガードリナメルを購入することができますよ!

なんと、アパガードスモーキンやMプラスと比べ「薬用ハイドロキシアパタイト」が2倍に増量されたアパガード最上位品!

歯垢を吸着除去、ミクロの傷の修復、虫歯の再石灰化のより高い効果が期待できます♪

アパガードリナメルの口コミ

良い
口コミ
  • 歯医者さんも歯科衛生士の友達も太鼓判をおす商品。
  • 他の歯磨き粉が使えなくなった。
  • 低発泡なので泡立ち過ぎず長時間磨いていられる。
  • 歯科検診で磨き残しの指摘を受けなくなった。
  • 味はマイルドで辛くない。
悪い
口コミ
  • 白くはならないし修復されてる感はなかった。
  • 値段が高いのに効果を感じなかった。リピートはしない。
  • 期待したほどホワイトニング効果を感じられなかった。

ホワイトニング効果の即効性を求めている方は低評価になっているよう…。

アパガードリナメルは、日常のケアでエナメル質を修復しながら、健康的な白い歯にする歯磨き粉です。

長く使用し続けることで、歯の自然な白さを引き出す歯磨き粉ね!

アパガードプレミオの効果と口コミ【歯の輝きUP!】

アパガードプレミオの効果

アパガードプレミオは市販品の中で「薬用ハイドロキシアパタイト」が高配合された、プレミアム仕様の歯磨き粉です!

アパガードスモーキンやMプラスと比べ1.4倍に増量された「薬用ハイドロキシアパタイト」により、歯の再石灰化率、美白効果もアップ!

アパガードリナメルより「薬用ハイドロキシアパタイト」の配合量は少々劣ります。

しかし、アパガードプレミオにはアパガードリナメルにはないパール成分が配合されているため、歯のツヤと輝きが増す効果が期待できますよ♪

より爽快感を感じられる、ペパーミントとスペアミントのすっきりとしたダブルミント味です。

アパガードプレミオの口コミ

良い
口コミ
  • 磨いたあとツルツルになる。
  • 自信を持ってオススメできる。
  • 粒子が細かく泡の質が良質。
  • つるつるとした光沢のある歯を保てる。
  • コーヒーなどの着色がつかなくなった。
悪い
口コミ
  • 高価なので期待していたが白くならない。
  • 後味が残るのが苦手。
  • 一本使いきったが効果は感じられず。
  • 爽快感がない。

ホワイトニング効果の即効性を期待する方はやはり低評価になっていますね…。

アパガードプレミオもアパガードリナメルと同じく、毎日のケアにより健康的な白い歯を目指す歯磨き粉です。

アパガードプレミオには、配合されているパール成分の効果で、光沢のある歯を保てるとの口コミがありました!

パール成分配合で歯にツヤがでるから、効果を実感しやすいかも!

アパガードスモーキンの効果と口コミ【美白を実感!】

アパガードスモーキンの効果

スモーキンは、歯の着色汚れやタバコのヤニを溶かし落とす2つの有効成分※を配合したステインケアタイプの歯磨き粉。

※マクロゴール400、ポリビニルピロリドン

プレミオにはマクロゴール400しか配合されていないため、ステインやヤニの除去に関しては、プレミオと比べより効果が期待できますね!

リナメルにもマクロゴール400とポリビニルピロリドンが配合されていますが、スモーキンにはリナメルにはないパール成分が配合されています。

アパガードスモーキンは、歯の着色汚れを落とし、歯にツヤと輝きをもたらすことで、ホワイトニングの効果をすぐに実感できる商品なんです!

磨いた後も味覚が変わらないマイルドミント味で、コーヒーやワインなどをよく飲む方やタバコを吸われる方におすすめの歯磨き粉です!

アパガードスモーキンの口コミ

良い
口コミ
  • 喫煙者やコーヒー好きな人にオススメ。
  • 歯の黄ばみが気になり色々試したが、一番効果があった。
  • 歯磨き粉ではどうにもならないと半ば諦めていたのに感動。
  • ヤニ汚れステインがしっかり落ち、1回目で効果が得られた。
  • Mプラス・プレミオも使ってみて、スモーキンが1番お気に入り。
悪い
口コミ
  • 白くはならず普通の歯磨き粉と変わらない印象。
  • 値段が高いのに効果を感じなかった。

ステイン除去に関して、一番効果を感じるのはアパガードスモーキンという方が多いようです。

アパガードスモーキンは、ステイン除去に特化しているので、美白効果をすぐに実感できるのは、アパガードスモーキンのようですね!

「アパガードスモーキンが一番お気に入り♪」という口コミが多くみられるわね!

まとめ

  • アパガードは安全に使用できる歯磨き粉である。
  • 発がん性が懸念されている成分は、近年の研究で専門家が発がん性を否定している。
  • アパガードは歯科医が推奨している。
  • アパガードは「薬用ハイドロキシアパタイト」により歯のエナメル質を健康に保つ。
  • アパガードの効果的な使用方法はトリートメントブラッシング。
  • アパガードリナメルは歯科医院限定の最上位品。
  • アパガードプレミオは市販品のアパガード製品の中でプレミアム仕様の歯磨き粉。
  • アパガードスモーキンはホワイトニングの即効性を期待できる。

アパガードについての安全性は理解いただけたでしょうか?

アパガードは、歯を削ったり漂白したりするのではなく、歯とほぼ同じ成分を補給しエナメル質を整えることで、歯の健康を保つ歯磨き粉です。

自然な歯の白さを追い求める方、歯の健康が気になる方は、ぜひアパガード製品の使用を検討してみてください♪

関連コンテンツ(レスポンシブ)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする