冷蔵庫マットはダイソー商品で代用可能♪正しい選び方と商品を紹介!

最近需要が高まりつつある冷蔵庫マットですが、高いですよね…。

冷蔵庫マットの販売はしていないダイソーですが、高い冷蔵庫マットを買わなくても、正しく選べばダイソー商品での代用は可能♪

実際にダイソー商品を冷蔵庫マットに代用している人を多く見かけますが…。

その商品、ちょっと待って!

冷蔵庫マットの代用品としても人気のジョイントマットは、床材とくっついて後悔する危険性大!

重い冷蔵庫を長期間支える冷蔵庫マットにはシリコーンを選ぶなど、材質選びがとても重要。

DIY好きな私が、ダイソーでも後悔しない正しい材質の選び方と、冷蔵庫マットとして代用可能なダイソー商品を画像付きで紹介。

冷蔵庫マットのメリット&デメリットに必要性、冷蔵庫を動かすのに便利なアイテムも教えちゃいます♪

冷蔵庫マットはダイソーにはない!代用品は材質に注目!

残念ながらダイソーでは冷蔵庫マットの販売はしていませんが、冷蔵庫マットの代用品として使える商品はあります。

長期間、重たい冷蔵庫を支え続ける冷蔵庫マットの代用品をダイソーで買うポイントは、材質を見極めること!

ここでは冷蔵庫マットに使用可能なダイソー商品と、選ぶべき材質を紹介します。

冷蔵庫マットに使えるダイソー商品はコレ♪

【まな板シート】材質:ポリプロピレン

ダイソーで人気のまな板シートですが、冷蔵庫マットとしても代用は可能。

冷蔵庫の足のサイズに合わせてカットするのも簡単にできるうえ、巻き癖を直せば広範囲に敷くこともできますね。

固いフローリングの傷防止で使用するのであれば、まな板シートでも冷蔵庫マットとしては有効です。

*注意点
  • 巻き癖が直しにくい
    (カットして使うなら大丈夫)
  • 柔らかい床には不向き
    (跡が付きやすい)
  • 滑り止めの効果は期待できない

柔らかい床材に使用することは可能ですが、圧痕はついてしまうので注意が必要ですね。

広範囲に敷いて使う場合は、スキマにカビが生えることも考えられるため、巻き癖はしっかりと取るのがポイント。

カットして使うのがおすすめ。

ダイソー商品を冷蔵庫マットに代用する場合は、全体ではなく4点で支える方が良いことを覚えておいてくださいね。

イチオシ!【キッチンシリコーンマット】
材質:シリコーンゴム

ダイソー商品で一番のおすすめは、キッチンシリコーンマット。

見かけより意外と厚みもあり丈夫で、カットしやすく滑り止め効果も抜群です!

柔らかい床材にも固い床材にも使用できるのが嬉しい商品ですが、カラーが濃いのが好みの別れるところでしょうか。

*注意点
  • 広範囲には敷けない
  • 色が濃く3色からしか選べない
    (黒・茶色・ピンク)

私が見つけた、冷蔵庫マットにおすすめできる商品を紹介しましたが、ダイソーでも品ぞろえ豊富な店舗ではもっと良い商品があるかも!?

ぜひ一度店舗に出向き、探してみてはいかがでしょうか。

自分で探す楽しみもありますよね♪

冷蔵庫マットにイチオシの材質はシリコーン

数あるダイソー商品の中から冷蔵庫マットとして使用する商品を選ぶなら、シリコーンなど、必ず使用可能な材質かを確認しましょう。

冷蔵庫マットに使用可能な材質
  • ポリプロピレン
  • ポリカーボネイト
  • シリコーン(シリコンでも可)
  • ゴム

ダイソーでは冷蔵庫マットを販売していないため、違う商品で代用しますよね。

商品選びで材質を間違えてしまうと、後から大変なことになってしまうかも知れません…。

用途に合った材質の商品を選ぶのがコツ!

使用可能な材質の中でも、シリコーン(シリコーンゴム)は滑り止め効果、吸振、吸音効果に優れた材質。

冷蔵庫マットに最適な素材を選ぶことで、ダイソーでも失敗することなく商品を購入できますよ♪

次の章では、なぜ材質にこだわる必要があるのかを解説していきたいと思います。

冷蔵庫マットで後悔するデメリットと代用品の選択ミス

冷蔵庫マットを使って後悔した話を聞くこともありますよね…。

後悔の原因は、冷蔵庫の形状に合わない冷蔵庫マットの使用か、正しい材質ではない代用品の使用によるものなんです。

冷蔵庫マットのデメリットと後悔する主な原因をみていきましょう。

後悔しないためのデメリットの把握

デメリットとして上げられるのは、主に次の5つ。

デメリット
  • 床にくっついてはがれない
  • 掃除ができない
  • ゴキブリなどの餌や巣になる
  • カビが生える
  • 劣化による効果の低下

材質を間違えて使用すると、床からはがれなくなったりゴキブリなどの害虫の餌や巣になったりと、後悔することに。

市販の冷蔵庫マットが高い理由は、デメリットを考慮した材質で作られているから。

冷蔵庫マットを敷いて後悔するのは、ほとんどが間違った代用品を使った場合の話なんですよね。

冷蔵庫周辺は、水性や油性の液体がこぼれたり床が汚れたりすることが多いと思います。

液体が床とマットの隙間に入ってしまうと、カビや害虫の原因、床にくっつく原因に。

冷蔵庫の重さで圧着してしまう材質もありますよ。

正しく材質を選ぶことでデメリットを減らし、後悔する未来をさけることができます。

冷蔵庫マットを敷くことで掃除がしにくい、またはできないというのもデメリットではありますが。

掃除の必要がない(隙間ができない)冷蔵庫マットもあるため、冷蔵庫やマットによりデメリットにならないことも。

冷蔵庫の形状確認をせずに、下がフラットなタイプの冷蔵庫に対し、四隅で支えるマットを買ってしまい後悔したケースもあります。

後悔の声が多い人気の商品と原因

ジョイントマットは大人気のダイソー商品で、私も冷蔵庫マットとは違う用途で使っています。

必要な時に必要な大きさで敷け、用が済んだらすぐにしまえるすぐれもののジョイントマットですが、後悔の声が多い商品。

冷蔵庫マットには向いていないんですよね。

ジョイントマットが冷蔵庫マットに向かない主な理由は、床に張り付いてしまい取れなくなるから。

圧着しやすい素材であることに加え、隙間から液体が入り込むことで、よりくっつきやすくなります。

柔らかい床材の場合は床材の表面ごとはがれてしまい、床を破損する原因にも!

隙間からゴキブリなどが入り込み巣を作る、カビが生えるなどデメリットが大きく、後悔の声が多い商品です。

深く沈んで冷蔵庫が開けられないなんてケースも。

ジョイントマットに次いで後悔の声が多かった、カーペット状のピタッと吸着マットを冷蔵庫マットにしているケース。

ジョイントマットは沈み込むと聞いたからと、吸着マットを使用するのは絶対にダメ!

吸着マットはジョイントマットと同じく冷蔵庫の重さで圧着し、床材に張り付いて床を破損することも。

ジョイントマットや吸着マットはカビが生えやすい材質なことも、冷蔵庫マットに向いていない理由ですね。

キッチンでは水分や油分を付けてしまうことが多く、水分や油分を吸い込んだマットにはカビが生えます。

キッチンで使うことは想定外の商品ですからね。

ジョイントマットも吸着マットもとても使い勝手の良い商品なので、冷蔵庫マットとして使いたい気持ちはわかりますが…。

長期間、重たいものを乗せておくことを想定して作られた商品ではないため、冷蔵庫マットには向いていないんですね。

その他にも、例えばコルクなどは冷蔵庫マットの材質としては向いていません。

コルクはジメジメとしたゴキブリが好む環境になりやすく、餌になってしまうことも。

ゴキブリが好む冷蔵庫下にコルクを置くと、後悔する結果に…。

ダイソーの代用品でも、材質をしっかりと見極めて購入することで後悔を防ぎましょう。

冷蔵庫マットは必要?メリットとおすすめ商品

デメリットや後悔したケースを聞くと「冷蔵庫マットは必要なの?」と思ってしまいますね。

ここでは冷蔵庫マットのメリットや必要性、加えてダイソー以外で私のおすすめ商品も紹介したいと思います。

ブーン音が気になる冷蔵庫には、冷蔵庫マットは必要なんですよ。

メリットから考える冷蔵庫マットの必要性

メリットとして上げられるのは、主に次の5つ。

メリット
  • 床を傷や汚れ、へこみ(圧痕)から守る
  • 害虫対策になる
  • 掃除が必要ない
  • 振動や音の軽減
  • 滑り止め効果

賃貸物件の場合は特に、床材の傷が気になるのではないでしょうか。

張り付かない材質の冷蔵庫マットを敷くことで、床を守ることが可能ですよね。

冷蔵庫の下、全体に敷くタイプのマットは汚れからも床を守ってくれますが、掃除がしづらくなってしまう商品も。

冷蔵庫マットの中には掃除を必要としないクッション性の高い物もありますが、冷蔵庫との相性の確認が必要です。

相性が悪いとまれに冷蔵庫が開けられないことも。

しっかりと冷蔵庫にあったマットを選ぶことが必要ですね。

冷蔵庫下は害虫が好む場所ですが、害虫忌避コーティングされている冷蔵庫マットもあります。

害虫忌避剤使用のマットなら、害虫対策になりますよね!

基本的に冷蔵庫マットとして売られているものは、冷蔵庫のブーン音など音や振動を軽減してくれます。

振動や音の軽減が目的で、冷蔵庫マットをダイソー商品から購入したいのであれば、シリコーンやゴム製品がおすすめですよ。

冷蔵庫マットは必要ないと聞くこともありますが、材質さえ間違わなければデメリットよりメリットの方が大きいのは確か。

冷蔵庫マットはあって損するものでもないため、一度使ってみてはいかがでしょうか。

冷蔵庫マットを使ってみて、初めてその必要性を体感することでしょう。

静かさに驚きますよ♪

次は私のお気に入りの商品を2点、紹介したいと思います。

冷蔵庫以外にも使える!便利なおすすめ商品

ここでは冷蔵庫マットの中でも、比較的安価で使い勝手の良い製品を紹介したいと思います。

タツフト 冷蔵庫キズ凹み防止ゴムマット
created by Rinker
あしあげ隊
¥2,318 (2023/03/28 23:22:15時点 Amazon調べ-詳細)

私は冷蔵庫の下を掃除したいので、全体に敷くマットではなく四隅を支えるタイプのものを使っています。

冷蔵庫が直置きより少し持ち上がるため、掃除が楽なこともあり、私にとっては必要不可欠なアイテムです。

タツフトのキズ凹み防止マットは片面がスロープ状にナナメになっているため、設置がとてもしやすいんです!

キズやへこみはもちろん、マット使用前と比べるとブーン音もかなり控えめになりました。

全体に敷くマットと4点で支えるマット、冷蔵庫の形によって相性の良さが違ってきますので、冷蔵庫の形状確認が必要です。

ダイソーの代用商品を全体に敷くと、隙間が原因のカビや害虫を呼ぶことになりがち。

冷蔵庫マットは必ずしも全体に敷く必要はないんですよ。

4点で支えても、傷はもちろん、吸振吸音にも効果がある商品です。

市販の全体に敷く透明な冷蔵庫マットは見た目も良いし機能性も高いのですが、良いものは値段も高いですよね…。

冷蔵庫を買い替えた時は、思い切って透明なマットを買ってみたいと思います。

アーネスト ドーリー

冷蔵庫マットは引っ越しや買い替えのタイミングで敷かないと、自力では敷けないですよね?

冷蔵庫って、すっごく重たい!

どんな重たい冷蔵庫でも簡単に持ち上げ、移動まで出来ちゃうすぐれものが、アーネストのドーリー!

私は模様替えが好きで、我が家でドーリーは大活躍なのですが、冷蔵庫マットを敷く時もドーリーで簡単に敷けました。

設置済みの冷蔵庫に冷蔵庫マットを一人で敷きたいのなら、ドーリーは必要なアイテムと言えるでしょう。

テコの原理で持ち上げて、キャスターを挟む動作を4回するだけで、どんなものもスイスイと動きます。

冷蔵庫マットのデメリットでもある経年劣化による効果の低下が起きても、敷き替えが簡単。

冷蔵庫マットではないですが、持っていて損のないアイテムだと思いますよ♪

まとめ

  • ダイソーには冷蔵庫マットは売られていない
  • 冷蔵庫マットに代用できるダイソー商品は、ポリプロピレン製のまな板シートやシリコーンゴム製のキッチンシリコーンマットなど
  • 正しい材質を選ばないと、床を傷つけるだけでなく、害虫やカビの原因になるなどのデメリットが大きい
  • ジョイントマットや吸着マット、コルクなどは、材質的に冷蔵庫マット向きではない
  • 冷蔵庫マットは傷やへこみだけでなく、冷蔵庫の振動や音も抑えてくれるため、使うメリットはある
  • 冷蔵庫の形状に合わせ、4点で支えるマットか全体に敷くマットか、正しく選ぶことも大切

綺麗なキッチンは気持ちのよいものですよね♪

正しい材質の商品を選び、気持ちよく過ごしてくださいね。

関連コンテンツ(レスポンシブ)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする