ズボンのウエストを縮めるグッズは100均にある!店舗を調査してみた!

買ったズボンのウエストがゆるかった!

ミシンでズボンのウエストを縮めると、手間がかかって大変そう…

簡単に、ズボンのウエストを縮めるグッズはないか調べてみたところ、100均にあるという情報をゲット!

ズボンのウエストを縮めるグッズを探しに、100均のダイソー・セリア・キャンドゥへ行ってきました!

ウエストがゆるくて履いていないズボンがあるあなた!

100均にあるズボンのウエストを縮めるグッズを使えば、また履けるようになるかも?!

また、ウエストがゆるい子供服の簡単な直し方、ズボンのウエストをお店で直した場合にかかる料金などについても紹介しています。

是非最後まで読んで下さいね!


ズボンのウエストを縮めるグッズは100均に!どのようなもの?

100均にあるズボンのウエストを縮めるグッズってどのようなものなのでしょうか?

ダイソー・セリア・キャンドゥの3店舗を回って調査してきたところ、3店舗とも着脱が楽にできる【ゴムベルト】という商品でした。

ゴムベルトは、ベルトのように前で留める金具がなく、一番前の両サイドにあるベルト通しに留めて使用します。

ですから、ゴムベルトを付けたまま、ズボンの着脱ができるというわけです!

ズボンのウエストを縮めるグッズ【ゴムベルト】を、それぞれ詳しく見ていきましょう。

【ダイソー】着脱楽ちんゴムベルト

着脱楽ちんゴムベルトは、【衣料】コーナーにありました!

ダイソーのゴムベルトは、レディースと子供用がありました。

店名 ダイソー
商品名 着脱楽ちんゴムベルト
対象 レディース
  • ボーダー
  • カーキ
胴囲サイ 約50〜75cm

店名 ダイソー
商品名 ゴムベルトKIDS
対象 子供用
ボーダー
胴囲サイ 約48〜56cm

子供に、ズボンのウエストがゆるいからといってベルトをさせると、ズボンの着脱が大変ですよね。

そのため、私はベルトをさせることを避けてきました。

ゴムベルトならズボンに付けたまま着脱できるため、子供にぴったりの商品です!

トイレも楽らく♪

大人もベルトをしていると、トイレの時など面倒に感じることがありますよね。

ゴムベルトはゴムで付け心地も楽ですし、ベルトが苦手な方におすすめですよ。

【セリア・キャンドゥ】楽らく!ゴムベルト

セリアとキャンドゥは、同じ商品のゴムベルトを取り扱っていました。
▼セリアは、【衣料品】コーナーにありました。

▼キャンドゥは【婦人衣料】コーナーにありました。

セリアとキャンドゥのゴムベルトもレディースと子供用がありました。

店名
  • セリア
  • キャンドゥ
商品名 楽らく!ゴムベルト
対象 レディース
  • ボーダー
  • ネイビー
胴囲サイ 約50〜80cm

店名
  • セリア
  • キャンドゥ
商品名 楽らく!ゴムベルトKIDS
対象 子供用
  • ネイビー
  • ベージュ
胴囲サイ 約48〜61cm

メンズはありませんでしたが、ベルト周りが85cmの男性でも使用できました!

ゴムが伸びるから、色んな体型の人が使えるね!

ゴムベルトの色も柄も性別年齢を問わないシンプルなものですから、家族で使い回しができそうですね!

ダイソーとセリア・キャンドゥのゴムベルトは、胴囲サイズの違いはありますが、作りが一緒なため、同じように使用できます。

100均にあるズボンのウエストを縮めるグッズを紹介しました!

簡単に付けることができて、ゆるいズボンのウエストを縮めてくれる…そんな便利なグッズが100均で手に入ります!

色や柄など、店舗によって取扱い状況が違うため、ない色や柄があるかもしれません。
お近くの100均店舗で確認してみてくださいね!


ズボンのウエストがぴったりに!ゴムベルトの使い方♪

着脱が楽にできる【ゴムベルト】を紹介しましたが、使い方や実際使用してみてどうだったのかなどを紹介していきます!

ズボンのウエストを縮めるゴムベルトは、色々な形のズボンやスカートに使えるんです。

色々な服で試してみましたよ!

ベルト通しがあるズボンの場合


ウエストがゆるいズボンです。


ベルト通しにパッチンと付けるだけ!


ゴムベルトの調整も可能。
ゆるかったズボンは、ぴったりなサイズになりました!

ゴムだから苦しくないし、かがんでも楽♪

また、赤ちゃんや小さい子供がいる方にも、このゴムベルトはおすすめ!

ベルトをしたまま抱っこ紐を使用した時や、子供を抱っこした時に、ベルトの金具が身体にあたり、身体が痛くなることってありませんか?

このゴムベルトだと前留めしている金具がなく、抱っこ紐の場合やそのまま抱っこをする場合でも痛くならないんです。

赤ちゃんや子供を安心して抱っこできる♪

ゴムベルトは付け心地が良いから、ゆるいズボンを楽にぴったりなサイズで履きたい方にはおすすめです。

ベルト通しがないズボンの場合

次は、ベルト通しがついていないズボンのウエストに、ゴムベルトを付けた場合はどのような感じか試してみました。

このように前留めができるようになっています。
こちらもしっかりウエストにフィットしていました!

ゴムバンドの長さは調整できるため、自分の体型に合わせて使用できます。

ベルト通しがない服で、ウエストを調整できずに困っていた方などは、このゴムベルトがおすすめですよ♪

ワンピースの場合

ゴムベルトはスカートやワンピースにも使えます。


ゴムベルトをすると、着丈調整ができます。

このような感じに着丈を短くすることが可能。

ふわっとしたカジュアルな形のワンピースから、ベルトでウエストが締まって、きれいめなワンピースに変わりました♪

スカートの着丈調整でも、ゴムベルトは使えます。

ゴムベルトを1本持っていると、ファッションの幅も広がりますね♪

ゴムベルトって色々な服に使えて便利!

ウエストを縮めるだけではなく、着丈調整もできるから色々な場面で活躍するかも?!

子供服に付けた場合

子供は動き回るため、ズボンのウエストがゆるいと、ズボンが下がってきて大変ですよね。
3歳の娘と1歳半の息子に付けてみました。

3歳の娘に付け心地を聞くと…

苦しくないよ!

ゴムが伸びて、締め付け感がないため、ゴムベルトを付けていても気にならないようでした。

このゴムベルトだと、しゃがんだ時に背中が出ないし、子供が自分で着脱できるところが良いです!

1歳半の息子が履いているジーンズのウエストがゆるく、動くたびに下がっていたため、ゴムベルトを使用してみました。

やんちゃざかりの息子が動き回っても、ジーンズが下がってきませんでした!

感動!

ベルトですと、ベルト自体が固かったり金具が付いていたり、転倒した際に危ないため、動き回る子供にはゴムベルトの方が安全です。

ゴムベルトは、子供の体型に合わせて長さを調整すると、ぴったりしたサイズで使用できるため、幼児から小学生まで幅広く使用できますよ!

ズボンのウエストを調整するグッズが他にも100均にあった!

ズボンのウエストを調整するグッズは、縮めるだけではなく、ウエストを広げるような商品もありましたよ!

ウエストがきつくて、履いていなかったズボンで試してみました。

はたして、履けるようになるのかな?

ダイソーとキャンドゥにあった商品を紹介します。

【ダイソー】ウエストを広げるアジャスター

ズボンのウエストがきつい時に、広げるグッズです。
ズボンのホックに差し込むだけ!

ウエストのきついズボンが、アジャスターを付けたことで余裕ができ、楽に履けるようになりました!

簡単にウエストを広げることができるなんて便利♪

アジャスターは食事中や食後など、もう少し余裕をもって履きたい時におすすめ!

もう1着ウエストがきつい白色のズボンがありましたが、ダイソーのウエストアジャスターは黒色のため合わず…。

私が行ったダイソーには、黒色1色のみの取り扱いでした。

ズボンの色に合わせたアジャスターを選びたいですよね。

ネットには、多色展開の商品もありましたよ。

ウエストアジャスターは、ズボンのホックに差し込むだけでウエストを調整できて、気軽に使えます。

ウエストがきつくて履けないズボンやスカートに試してみてはいかがでしょうか?!

【キャンドゥ】ズボンが下がるのを防ぐサスペンダー

ズボンのウエストを調整するグッズで、サスペンダーがありましたよ!

対応身長は、約140〜175cmです。
長さ調整できるようになっているため、男女、子供に対応しています。

ベルトは苦しいから苦手という方に、サスペンダーはおすすめです。

またサスペンダーを付けると、ズボンが下がってこないのはもちろんですが、見た目がおしゃれになりますよね♪

着脱は、肩からサスペンダーのゴムを外すだけですから、子供にも良いです。

子供が付けていると可愛い♪

100均にあるズボンのウエストを調整するグッズは、手軽で簡単に直せるところが魅力ですよね!

ウエストは、体重変動でサイズが変わりやすいですから、着脱が簡単なアジャスターやサスペンダーは便利なグッズではないでしょうか?!

ズボンのウエストがゆるい子供服の直し方は3ステップ!

成長が早くすぐに着れなくなる子供服は、兄弟のお下がりや知り合いから貰うことが、多いのではないでしょうか?

しかし、兄弟でもそれぞれ体型が違い、ズボンのウエストサイズがゆるいことなどがあります。

そんなズボンのウエストがゆるい子供服を、簡単に直せる方法があります。それは…
ウエスト部分のゴムを縛って調整するんです。

ゴムを縛るってどういうこと?

子供服のウエストの直し方は、簡単3ステップ!
それでは、紹介します。

用意するものハサミ

  1. ズボンのウエスト部分に、ハサミで切れ目を1箇所どこでも良いので入れる

  2. 1の切れ目から、ゴムを引っ張り出す
  3. 縮めたい長さを取り、ゴムを玉結びして完成

ウエスト部分のゴムの長さにあまり余裕がないようでしたら、玉結びではなく、ミシンで縫って縮めることもできますよ。

ゴムを結ぶだけなら、道具も必要ないし簡単にできて良い♪

子供はすぐ成長してズボンがサイズアウトしてしまうため、大きめのサイズを買うことがあります。

そんな時に私は、この方法でゆるいウエストを調整して、長く使っています。

ゴムを切ることなく、ズボンのウエストを調整できるところが良いです!
ぜひ試してみて下さいね。

ズボンのウエストを直しに出すと料金はいくらかかる?

ズボンのウエストを調整するグッズを紹介しましたが、直しのプロに頼んで、ウエストを調整してもらう方法もあります。

お店に服を直してもらうと、自然な仕上がりになりますし、ベルトをつける必要もありません。

ズボンのウエストを直しに出すと料金ってどのくらいするのかな?

オンラインで見積もりをして、自宅から直しの服を送ることができるサービスがあるんです!

今回はオンライン見積もりができる2社から、オンライン見積もりはどんなものか、料金はどのくらいかかるかを調べてみました!

【マジックミシン】遠隔見積もりサービスが簡単で便利♪

全国に店舗があるマジックミシンは、店舗での受付はもちろん、オンラインでも受付をしています。

ですから、近くにお店がない方でも直しを頼む事ができるんです。

マジックミシンの料金は、このようになっていました。

パンツ・スラックス
紳士ウエスト
後ろのみ
紳士ウエスト
後ろと両脇
レディスウエスト
2200円(税込)〜 5500円(税込)〜 3300円(税込)〜
ジーンズ
ウエストサイズ
3080円(税込)〜
スカート
ウエストサイズ
3300円(税込)〜

服の素材や詰める箇所、店舗によって価格が違うため、利用する店舗で確かめてみて下さいね。

引用 マジックミシン公式HP

またマジックミシンは、一部店舗限定ですがスマホでできる【遠隔見積もりサービス】を行なっています。

【遠隔見積もりサービス】とは、店舗に行かず、スマホで見積もりを行なってくれるもの。

実際に【遠隔見積もりサービス】をやってみました。

レディースのチノパンを3cm詰めたいです。

見積もりの流れ
  1. 利用する店舗に電話をする
    「遠隔見積もりサービスをお願いします」と伝え、名前と電話番号を教えて一度電話を切ります。
  2. SMS(ショートメール)にURL付きのショートメールがきて、そちらをクリック
    すぐに届き、クリックするとビデオ通話に繋がりました。
  3. お店とビデオ通話が開始される
    お店の指示に従い、直したい箇所を見せて相談しながら進み、数分で終了。
  4. 終了後に、数桁の番号が貰える
    後日直しをお願いする際、番号を伝えると、見積もり情報がわかるようになっています。

チノパンを3cm詰めるには、ウエストの両脇を詰める方法となり、料金は3300円(税込)+送料でした。

支払い方法は、着払いでその際に直し料金も一緒に支払います。

ビデオ通話が繋がるまでのやりとり、服を見せがらのビデオ通話も、お店の方が直し箇所を見てすぐ理解してくれて、スムーズに進みました!

さすがプロ!

見積もりをしたからといって、直しに出さなきゃいけないわけではありませんので、気になる方は見積もりをしてみてはいかがでしょうか?

【ビックママ】自宅で見積もりから引き取りまでできちゃう!

ビックママも全国各地に店舗がある会社ですが、店舗での受付とオンライン受付があります。

ビックママのズボン、スカートのウエスト直しの料金はこのようになっています。

パンツ
紳士ウエスト
後ろのみ
紳士ウエスト
後ろと両脇
レディスウエスト
2860円(税込)〜 6930円(税込)〜 4510円(税込)〜
スカート
ウエストサイズ
4510円(税込)〜

デザインや素材、直す内容で料金が変わるため、店舗に確認して下さいね。

ビックママの宅配お直しには、【ママネット】と【お直しオンライン】の2種類があります。
この2種類の特徴をまとめました。

ママネット お直しオンライン
  • 直しの服を送り、服をみてから見積もりを行う
  • 直しから自宅への送料は地域で変わる
  • 対応エリアが全国
  • ビデオ通話で見積もりを行い、宅配が直しの服を取りに来てくれる
  • お店から自宅への送料は一律1000円
  • 対応エリアが首都圏と東北に限定されている

【ママネット】の送料は地域によって変わり、サイズでも料金が変わってくるため、大きいものや量が多くなると、それだけ料金も高くなります。

直しの服をお店に送ってから、見積もりになるため、料金は送ってみなければわかりません。

送る前に料金表と送料を確認して、大まかな金額を把握すると良いかも!

【お直しオンライン】は、ビデオ通話で見積もりができて、料金をすぐに知ることができます。

さらに、直しの服を自宅まで宅配業社が取りにきてくれるんです!

送料が一律1000円ですので、サイズや量を気にせずお願いできますよ。

直しに出したい服が沢山ある人はまとめて出すとお得!

2つの宅配お直しを比べると【お直しオンライン】の方が便利でお得です。

対応エリアが首都圏と東北エリアに限定されているため、エリア外にお住まいの方は【ママネット】の利用で考えて下さいね。

2社のオンラインサービスを紹介しました。

2社とも自宅で簡単に見積もりができ、直しを出しに行くというハードルが下がり、頼みやすいと感じました!

ズボンのウエストを直しに出すと、3000円以上の料金がかかりますが、長く使用したい服などはプロにお願いするのも良いですね!

やっぱり安く済ませたいという方は、紹介した100均グッズや自分で直すとことをおすすめします。

まとめ

  • ズボンのウエストを縮めるグッズはダイソー・セリア・キャンドゥの【ゴムベルト】が便利
  • ゴムベルトはズボンの着脱がそのままでき、付け心地が楽
  • ゴムベルトはレディースと子供用のみだが、調整すると男性でも使用可能
  • ゴムベルトは色々な服に使える
  • 100均にはゴムベルト以外にもウエストを調整するグッズがある
  • ズボンのウエストがゆるい子供服は3ステップで直せる
  • ズボンのウエストを直しに出すと3000円以上する
  • 直しは見積もりから発送まで自宅にいながらできるため、簡単に頼む事ができる

100均にあるズボンのウエストを縮めるグッズや子供服のウエストの直し方などを紹介しました。

100均のゴムベルトは、トイレなどでの着脱時に便利だと実感しています♪

そのほかのウエストを調整するグッズなども、自分の体型に合わせて履けて便利なため、参考にしていただけたら嬉しいです。

ズボンのウエストを縮めるグッズは、お手頃な100均で試してみてはいかがでしょうか?

関連コンテンツ(レスポンシブ)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする