レネゲードは買ってはいけない車?後悔せずにあこがれの車にのるには

Jeepの中でもコンパクト、そしてカッコいいと可愛いを兼ね備えた表情のレネゲード。

次に購入する車はレネゲードかな?と検討しているあなた!

レネゲードの情報を集めてみると「レネゲード、買ってはいけない」というワードが沢山出てくる事をご存じですか?

車は高価な買い物であるため、失敗したくないですよね!?

この記事では、レネゲードは買ってはいけないという理由と満足して乗っている人の理由をまとめました。

レネゲードの輸入車ならではの修理代の問題やサイズ感について、一定数いるレネゲードファンが愛着もっているところなどを紹介しています。

読み終えたころには「買いたいか」「買ってはいけないか」はっきりと気持ちの整理がついていますよ!


レネゲードを買ってはいけないと言われる理由は3つ

買いたいと思う憧れのレネゲードですが「レネゲードを買ってはいけない」と言われている理由は、大まかにいうと維持費とサイズ感です。

  • アメリカ車だけど、ハイオク仕様で燃費も悪い
  • 故障が多くて、外国車だから修理代や部品代も高くついてしまう
  • コンパクトと言う割に小回りがきかず、サイズが大きいため運転が難しく感じてしまう

これらを詳しく見ていきましょう!

①燃費が悪く、ハイオク仕様でガソリンが高め

レネゲートを買ってはいけないと言われる原因の一つが、燃費が悪い。そしてハイオクになるという口コミ。

アメリカ車なのにハイオクなの?!

一般的にアメリカ車のガソリンはレギュラーでOKです。

Jeepの人気車種ラングラーもレギュラー仕様ですが、レネゲードはなんと「ハイオク仕様!」

実はレネゲートは、イタリアの車メーカーである、FIATの工場で製造されている車なんです。
ヨーロッパの車は大抵ハイオク仕様。

そういった背景から、レネゲードはハイオク仕様車となります。

ハイオク車となると、どうしてもレギュラーよりも、単価が高くつきますよね。

実際どれくらいの差があるか、計算してみました。

レギュラーとハイオクの差額ハイオク:レギュラーより約10円高い
レネゲードのタンク容量:48ℓ

⇒Limitedの場合

満タンにした場合の差額:480円
1年間10,000km走行の場合:約7,000円

⇒Limitedの14.3km/ℓで計算

レネゲードの燃費は悪いってよく聞くよ?
果たして本当にそうなのでしょうか?

販売台数の多さと燃費の良さがダントツの、同じくコンパクトSUVのTOYOTA、ヤリスクロスと比較してみました。

レネゲード ヤリスクロス
燃費:12.1~16.0km/ℓ 燃費:17.4~30.8km/ℓ

今回の比較は特に燃費の良い、ヤリスクロスとの比較なので、余計にレネゲードの燃費が悪い印象を受けますね。

グレードによって異なりますが、やはり燃費の良さが売りの、ヤリスクロスと比較すると圧倒的にレネゲードの燃費は悪いです。

さらには、ヤリスクロスがガソリン車なのに対して、レネゲードはハイオク使用車です。

燃費や維持費という観点で見ると、ヤリスクロスに軍配が上がります。

ただし、これがレネゲードと同じ外国車のコンパクトSUVである、VolvoのXC40であればどうでしょうか?

レネゲード XC40
燃費:12.1~16.0km/ℓ 燃費:14.0~14.8km/ℓ

このように外国車と比較してみると、レネゲードが圧倒的に燃費が悪い、という訳ではなさそうです。

比較対象で印象が変わるね
レネゲードの燃費や維持費が気になる場合のおすすめ法プラグインハイブリッド型を購入する事も1つの手段です
プラグインハイブリット車って何?
外部充電設備を搭載している車で、電気が充電されている状態であればEV走行が可能です。

もちろん充電がなくなったとしても、ガソリンで走行出来ます。

レネゲードはLimited 4xeや、Trailhawk4xeを選ぶと最長52kmの距離をEV走行出来ます。
※充電を満タンにした場合です。

この4xeモデルだとちょっとしたお買いものや通勤などであれば、ガソリンを利用せずに電気の充電だけでドライブが出来ますね。

電気代とガソリン代どっちが安い?

EV走行が出来る、52km分の充電をするために必要な電気代と、ガソリン代を比較してみましょう。

電気代(1kwにつき20円で計算) 約228円
ガソリン代(1リッター当たり170円で計算) 約629円

電気代については、地域や電気プランによっても変動がありますが、約400円の差が出ます。

こうして見ると4xeタイプの購入が良さそうに思えますね。

ただ、簡単に4xeモデルがお得!とは言い切れません。

4xeタイプの注意点

  • 車体価格がガソリン車モデルに比べて140万円程高い
  • 自宅に充電器設備(約20万円)の取り付け工事が必要

もし4xeを購入する場合は、以下のような使い方であればお得です。

  • 既に自宅に充電設備がある
  • 次に買う車もプラグインハイブリッド車にする
  • 1回の走行が52km以内
  • すぐに乗り換えずに、長期間乗る予定

②輸入車なので修理費や部品代が高め

調べていると、レネゲードは買った直後から故障が多い、という口コミを多く見かけます。

外国車という事もあり、どうしても修理代や部品は、国産のものよりも高額になります。

これは買ってはいけない、と言われる理由になりそうですね。

どんな不具合があるの?

【エアコンの故障】
  • 温度調整が出来ない
  • エアコンが作動しない
  • 温度表示が消える
【ブレーキがキーキー鳴く】
  • 止まるとき
  • 曲がり角を曲がるとき
【オーディオやナビの不具合】
  • 音が飛ぶ
  • タッチパネルが効かない
  • スマホと連携が出来なくなる

また修理の内容にもよりますが、エアコンの不具合で10~20万円ほど修理代が掛かったという口コミも見られます。

修理代が高いと、これだけの不具合や故障は不安だね

確かにこれらの口コミを見ていると、買ってはいけない車だという印象を持ちますね。

レネゲードは日本国内で2015年から販売されており、2021年製の口コミでは「今のところ不具合はない」というものも多くありました。

「これらの不具合は少し古い年式のものによく見られるもの」という口コミもありました。

式や固体によって、故障や不具合の頻度はまちまちという事が分かりました。

③サイズが大きいので運転テクニックは高め

レネゲードは小回りが利かなくて、運転や駐車が難しいという口コミも多いです。

コンパクトSUVと言うと、買い物や通勤など街中での運転シーンでも、快適にドライブ出来る
イメージがありますよね。

実際レネゲードのサイズは、他のコンパクトSUVと比べて大きいのでしょうか?

先ほど燃費で比較したヤリスクロスとXC40で、サイズを比較してみましょう。
※全て現行サイズです。

全長 全幅
Jeep  レネゲード 4,255㎜ 1,805㎜
トヨタ ヤリスクロス 4,180㎜ 1,765㎜
Volvo  XC40 4,425㎜ 1,875㎜

ヤリスクロスと比較すると、わずかにレネゲードの方が大きく、そしてXC40に関してはレネゲードの方がコンパクトな事が分かります。

レネゲードが特別大きいわけではないですし、慣れてくると車高が高く運転しやすい車だと口コミもありました。


レネゲードを後悔せずに満足して乗っている人とは?!

レネゲードの口コミや、車本体の性能を調査していて気づいた事があります。

レネゲードのユーザーさんは、相対的に満足度が高いという事です。

では、どんな人がレネゲードで後悔していないのか?後悔していない人の特徴をご紹介します。

見た目良ければ全て良し!

口コミで1番多かった意見です。

見た目が良ければ全て良し!
他の車には無いJeepらしい、カッコ良さを残しつつ、丸っこい可愛らしさもある外装が、とにかく素晴らしいという口コミが多数でした。

この見た目の為なら、他は全て犠牲にしても良いという意見もありました。

維持費が気にならないなら乗るべし!

レネゲードで後悔している人の多くが挙げていた、燃費の悪さや修理代の高さ。

燃費については、極端に悪いわけではない事が分かりましたが、それでも良い燃費とは言い切れません。

また不具合が出るのは個体差があるようですが、修理に出す手間やコストがかさむ、という点は理解しておく必要があります。

ワンポイントアドバイス

レネゲードには新車購入から3年間(積算走行60,000kmまで)はメーカー基本保証が付いているので安心ですよ♪

万が一の故障の場合も保証書に示されている条件に従って無料で修理もしてもらえますよ!

運転技術があれば問題なし!

後悔した口コミで挙げられていた、サイズが大きくて小回りが利かないという点。

例えば、軽自動車の運転でも駐車に戸惑ったり、狭い道でのすれ違いで固まってしまうような私には不向きな車です。

これまでもコンパクトSUV以上の大きさの車を運転している人なら問題ないですよ!

バックの車庫入れの際も全タイプバックカメラ付きなので安心ですね♪

レネゲードの内装がカッコいい!を徹底調査

引用 Jeep公式HP

現行のレネゲードは以下の5モデルが販売されています。

  • Longitude
  • Limited
  • Limited 4xe
  • Trailhawk
  • Trailhawk4xe

どのタイプも共通しているのが、ブラックを基調にした、かっこいい内装になっているという点。

細かく見ていきましょう!

ブラックで高級感のあるシート

引用 レネゲード公式HP

こちらの写真のシートはLimitedのレザータイプものです。

シートの質感はモデルによって異なりますが、全てブラックです。

Longitude Limited Limited 4xe Trailhawk Trailhawk 4Xe
ファブリック レザー レザー プレミアムファブリック レザー

ブラックで統一されたシートに座っていると、まるで高級家具のソファに座りながら運転している気分になりますね。

高級家具メーカーの多いイタリアで作られているだけあって、内装にもこだわりを感じます。

さすがJeepな運転席まわり

引用 レネゲード公式HP

少し丸みを帯びたフォルムの中にも、これぞJeep!という世界観を内装でも感じる事が出来ますね。

メーターは2連の見やすいものになっています。
間にはタイヤ空気圧や、バッテリー電圧などの情報が表示されます。

LimitedとLimited 4xeモデルはシートヒータも搭載されています。

知れて良かった!Apple Car Play搭載

どのモデルにも搭載されているApple Car Playはとても便利な機能です。

引用 レネゲード公式HP
iPhoneを車内のUSBに接続するだけで、主に以下の操作が可能です。

  • Google Mapでナビ利用
  • LINE
  • 電話
  • Music
  • Podcast
  • オーディオブック

iPhoneからでもタッチパネルからでも操作でき、Siriを使ってハンズフリーで電話を掛けることもできます。

1~2人向け!収納力ある後部座席

アウトドアや長旅のお供にしたいレネゲードは、収納力も気になるポイントですよね。

口コミでは、後部座席が狭いというものが目立ちました。

どうしてもコンパクトSUVというカテゴリの車ですから、その点は仕方ないかもしれません。

例えば4人家族でキャンプ道具を載せるという使い方や、家電や家具の買い物の運搬という使い方は窮屈に感じるでしょう。

後部座席を倒すと内装はこんな感じです。

引用 レネゲード公式HP

この広さであれば夫婦やカップル、もしくは1人旅という形であれば、マットを敷いて車中泊も出来ます。

実際レネゲードで車中泊をしたり、キャンプ道具一式を持って出かけたりしているユーザーさんも多いですよ。

まとめ

  • レネゲードは万人受けする車ではないが、見た目重視なら満足度は高い
  • 不具合が出た時の、修理費用や部品代が、外国車なので高い
  • サイズ感が大きいので、狭い道や駐車の時は気を付ける
  • 内装もJeepらしさのあるデザイン
  • Apple Car Playはとても便利
  • 後部座席は狭いが、1~2人なら車中泊も出来る
  • 国産車と比べると燃費は悪い
  • 外国車との比較であれば、燃費は極端に悪いわけではない

外装、内装ともに口コミの良いレネゲードですが、調査で判明した燃費や修理代などの維持費、サイズ感は気になるポイントです。

でもオシャレなレネゲードは、街中やアウトドアシーンどちらでも、映える事は間違いないです。

運転技術や維持費問題がクリアになれば、私もいつか乗ってみたい、憧れの車の1つになりました。

見た目重視でレネゲードに乗りたい!と思うなら、レネゲードは運転している時の気分も上がること間違いなしです。

もし他の人が後悔しているポイントが許容範囲なら、ぜひレネゲードオーナーになってくださいね!

関連コンテンツ(レスポンシブ)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする