モッツァレラチーズは賞味期限切れでも大丈夫?冷凍保存や調理も実践!

あなたのご家庭で、冷蔵庫に眠っているチーズはありませんか?

我が家ではモッツァレラチーズが眠ったまま、よく賞味期限切れになっています…。

もったいない…!

日持ちしにくいモッツァレラチーズは賞味期限切れになりがちで、泣く泣く廃棄している方も多いのではないでしょうか?

ですが、賞味期限切れになっても諦めないでください!

賞味期限切れのモッツァレラチーズもすぐに食べられなくなるわけではありません。

この記事では、モッツァレラチーズの賞味期限が過ぎた後でも、何日程度なら食べられそうか調べました。

また、モッツァレラチーズの保存方法や、賞味期限切れでも安心して食べられる加熱レシピも実践しながら紹介します!

ぜひ最後まで読んでいただき、あなたもモッツァレラチーズを長持ちさせておいしく召し上がってください♪


モッツァレラチーズは賞味期限切れでも食べられる?

モッツァレラチーズは賞味期限切れでも食べられる?

チーズはそのまま食べたりお料理に使ったりできる便利な食材ですよね!

日持ちがするため、つい賞味期限を忘れてしまうことも多いのではないでしょうか。

そんな中、チーズとしては賞味期限が短いと言われるモッツァレラチーズ。

気づいたら賞味期限切れになっていた…!

我が家でも、そんなことがよくあります。
そこで気になるのが、賞味期限が切れたモッツァレラチーズでも食べることができるのかどうか。

結論から言えば、モッツァレラチーズは賞味期限切れになっても食べることができます。

しかし、あまりにも期限を過ぎているものや、チーズ自体に異常がある場合は食べないほうがよいでしょう。

この章では、どれくらいなら賞味期限を過ぎても大丈夫か、確認していきます。

また腐っているモッツァレラチーズの見分け方についてもご紹介しますよ!

賞味期限と消費期限の違い

そもそも食品に表示されている期限には2種類あることをご存知でしょうか?

それが、賞味期限と消費期限。
よく似ているこの2つですが、違いを確認しておきましょう。

農林水産省のホームページを参考にすると、両者の意味は以下のようになります。

消費期限

袋や容器を開けず、書かれた保存方法を守って保存していた場合に「安全に食べられる期限」のこと。

お弁当、サンドイッチ、ケーキなど、傷みやすい食品に表示されています。

消費期限は、期限を過ぎたら食べないほうが良いです!

賞味期限

袋や容器を開けず、書かれた保存方法を守って保存していた場合に「品質が変わらずにおいしく食べられる期限」のこと。

スナック菓子、カップ麺、チーズなど、消費期限に比べて傷みにくい食品に表示されています。

賞味期限を過ぎても、すぐに食べられなくなるわけではありません!

モッツァレラチーズには、後者の賞味期限が表示されています。

ですので、表示の日付を過ぎてもすぐに食べられなくなるというわけではありません。

ちなみに、一般的な食品メーカーでは、賞味期限を消費期限の約7~8割に設定する場合が多いようです。

正確な基準は公表されてはいないものの、これを目安に「モッツァレラチーズを安全に食べられる消費期限」について考えてみましょう。

私が購入したこちらのモッツァレラチーズ。

商品裏面には賞味期限の記載がありました。

ただし、製造年月日はわからないため、どれくらい持つのかはわかりません。

そこで公式ホームページを調べてみたところ、賞味期限の記載がありました!

【商品概要】

内容量 100g
保存方法 要冷蔵(10℃以下)
賞味期限 31日間
原材料名 生乳(北海道産)、食塩/pH調整剤
アレルゲン 乳成分

引用 森永乳業

我が家でよく購入するモッツァレラチーズの賞味期限は、『31日間』だということがわかりました。

調べてみると、モッツァレラチーズの賞味期限は20〜30日くらいが一般的なようです。

私が買ったモッツァレラチーズについて、賞味期限の日数が消費期限の8割だと仮定して計算してみましょう。

消費期限は【31日間÷0.8≒39日間】となりますね。

つまりこのモッツァレラチーズを安全に食べられる期間は『39日間』。

賞味期限切れになっても、さらに『8日間』は食べるのに問題なさそうだとわかりました。

ただし、必ずしもこれが正確だという保証はありません。

さらに、商品に記載されている保存方法を守った上で、開封していないモッツァレラチーズであることが前提です。

参考程度にしてくださいね!

今回私が調べたところ、冷蔵庫で7ヶ月放置されていたモッツァレラチーズを食べた、という方もいるようでした。

そんなに経っても食べられるの…?!

その方は体調に問題がなかったようですが、さすがに7ヶ月過ぎたモッツァレラチーズを食べることはおすすめしません。

見た目や味に異常がなく食べられそうな場合でも、自己責任でお願いいたします。

開封すると賞味期限は意味をなさない

消費期限と賞味期限に共通して言えることですが、書かれた保存方法を守って保存していることが大前提です。

冷蔵と書かれているものを常温で保存するなど、指定と異なる方法で保存していた場合、表示の期限は当てになりません。

また、一度開封するとそこから劣化が始まってしまうので、その場合も賞味期限・消費期限ともに意味をなさなくなります。

今回購入したモッツァレラチーズを改めて確認すると、『賞味期限(開封前)』としっかり記載されていました。

開封したモッツァレラチーズは、記載の賞味期限に関係なく早めに食べるようにしましょう!
目安は1,2日、長くても1週間が限度でしょう。

モッツァレラチーズは腐りやすい?

そもそもモッツァレラチーズは、チーズの中では賞味期限が短いと言われます。

何年も熟成してから食べるチーズがあることを考えると、約30日間というのは確かに短く感じますね。

短い賞味期限には、モッツァレラチーズが”フレッシュチーズ”であることが関係しているのです。

フレッシュチーズとは?

チーズ内の乳酸菌が生きていて、発酵・熟成していくチーズ全般をナチュラルチーズと呼びます。

ナチュラルチーズの中で、熟成させないものをフレッシュチーズというのです。

ナチュラルチーズの中で数ヶ月~数年かけて熟成させるものには、ハードやセミハード、ウォッシュタイプのチーズがあります。

熟成させないので、出来たてのまさに”フレッシュな”状態で食べるのがモッツァレラチーズ!

長く熟成させるタイプのチーズはその間に中の水分が抜けていきますが、モッツァレラチーズはそうではありません。

つまり、モッツァレラチーズ内には水分が多く、腐りやすくて一般的なチーズよりは賞味期限が短いというわけなのですね。

モッツァレラチーズが腐ると味や見た目に変化はある?

モッツァレラチーズは賞味期限が短く、腐りやすいとわかりましたね。

とくに開封したものはその瞬間から劣化が始まるため、カビなどが生えやすいです。

チーズは発酵食品のため、「チーズに生えるカビは削って食べれば大丈夫」と聞いたことがある方もいるかもしれませんね。

ですが、モッツァレラチーズの場合、カビが生えたものは絶対食べないようにしてください。

でも、カビが生えているかはどうやってわかるの?

モッツァレラチーズが腐っているか・カビが生えているかは見た目ですぐわかるものなのでしょうか?

  • 見た目の変化
  • 臭いの変化
  • 味の変化

モッツァレラチーズが腐ると以上の3点でどのような変化があるのか調べてみましたので、順番に見ていきましょう。

見た目の変化
  • 変色
  • どろどろに溶ける

モッツァレラチーズに色の変化があった場合は、カビや微生物の影響が考えられますので食べないようにしましょう。

また、どろどろに溶けて形がわからなくなった場合も、カビなどが原因なので食べてはいけません。

一般的に、モッツァレラチーズはパッケージの中で水に浸かった状態で売られていますよね。

あれはカビを生えにくくするためのものです!

その水の効果で、モッツァレラチーズにカビが生えているのを見かけることはなかなかありません。

しかしながら開封後やパッケージが破損している場合は、水の中で雑菌が繁殖しやすくなります。

そうして雑菌が繁殖した結果、変色など見た目の変化に繋がっていくのです。

臭いの変化
  • カビ臭さ
  • アンモニア臭

モッツァレラチーズは一般的なチーズ臭がほとんどなく、臭いの少ないチーズと言われています。

そんなモッツァレラチーズから、強いカビの臭いやアンモニア臭がしたら注意しましょう。

多少のアンモニア臭ならば好みによっては食べてもよいですが、同時に見た目など他の異変があるようならば腐っている可能性が高いです。

そんなときは、食べずに廃棄してくださいね。

味の変化
  • 酸味が強い
  • 苦味や舌のしびれを感じる
    (※傷んではいない)

傷んだモッツァレラチーズは、酸味が強くなっています。

食べてみて酸っぱさを強く感じたら、それ以上食べ進めないようにしましょう。

また、腐っているわけではないのですが、モッツァレラチーズを食べた時にぴりぴりと舌がしびれることがあります。

この理由は、モッツァレラチーズの発酵が進んだため。

モッツァレラチーズ内では乳酸菌が生きていて、温度変化によって発酵が進むことで二酸化炭素が発生します。

舌がしびれるのは二酸化炭素のせいなのね!

これは、傷んでいるというわけではありません。

冷蔵庫から取り出してしばらく置いておいたり、加熱したりすることでしびれを感じず安全に食べることが可能ですよ。


モッツァレラチーズの正しい保存方法は?

モッツァレラチーズの正しい保存方法は?

モッツァレラチーズは、多少賞味期限を過ぎても食べられることがわかりました。

ただし、賞味期限が参考になるのは開封前だけですので注意してくださいね。

開封後に食べきれなかったモッツァレラチーズを保存する場合、少しでも傷めずに長持ちさせる方法はあるのでしょうか。

ここでは、モッツァレラチーズの保存方法をご紹介します!

保存液はとっておくべき?

前の章で水分が多く含まれているとお伝えしたモッツァレラチーズは、水に浸かった状態で売られていることが多いですね。

この液体はなんなの?

他のチーズでは見ないものなので、疑問に思われる方もいるでしょう。

モッツァレラチーズが浸かっている液体の正体は、実は食塩水なのです。

この食塩水には、モッツァレラチーズを乾燥から守り、腐らないようにする効果があります。

開封すればこの保存液の役割は終わるので、通常は液体を処分してモッツァレラチーズだけを調理します。

ですが、開封後に食べきれずに翌日まで保存しておくつもりなら、保存液をとっておいて便利に利用することができますよ。

詳しくは次の章でご説明しましょう♪

モッツァレラチーズを冷蔵保存しよう

モッツァレラチーズを翌日以降に取っておきたい場合は、冷蔵庫で保存します。

その際、チーズが乾燥しないようにすることが大切!

チーズを乾燥させないテクニックは、残ったモッツァレラチーズをどれくらいの期間保存したいのかで変わってきます。

ここでは2種類の方法をご紹介しましょう。

  • 1〜2日程度保存する
  • 1週間程度保存する

【1〜2日程度保存する】

モッツァレラチーズを開封した当日や翌日までに食べきる場合は、先ほどご紹介した保存液を使用するのがおすすめです。

開封した際に保存液をとっておき、残ったモッツァレラチーズと一緒にジップロックなどの保存容器に入れて冷蔵庫へ。

こうすることで、乾燥に弱いモッツァレラチーズを簡単に空気から守ることができます。

ただし、開封後の保存液には雑菌が繁殖しやすくなっているので要注意!

この方法で保存した場合は、翌日までに食べきるようにしてくださいね。

【1週間程度保存する】

モッツァレラチーズを1週間程度日持ちさせたい場合は、保存液は捨ててチーズだけを保存するようにしましょう。

保存液から取り出したチーズはしっかりと水気を切り、空気が入らないようラップに包みます。

その上で、さらにタッパーなどに入れて冷蔵庫で保存すればOKです。

タッパーに入れる理由は、乾燥と匂い移りを防ぐため!

臭いの少ないモッツァレラチーズは、冷蔵庫内にある他の食品から臭いが移ってしまう可能性があります。

せっかく長持ちさせることができても、いざ食べた時においしくなければもったいないですよね。

臭い対策もしっかりしながら、おいしく保存しましょう♪

モッツァレラチーズは冷凍保存も可能

気づいたら賞味期限間近…!

賞味期限が近かったり、たくさん買いすぎたりしてモッツァレラチーズを食べ切れそうにない場合もあるでしょう。

実は、モッツァレラチーズは冷凍保存することも可能なのです。

冷凍すれば、賞味期限よりもさらに1ヶ月ほど日持ちしますよ!

ただし、冷凍やけや他の食材から臭いが移る可能性があるため、できれば早めに使い切りましょう。

ここでは冷凍保存する方法を2種類ご紹介していきます。

  • 未開封のまま冷凍保存する
  • 開封後に冷凍保存する

【未開封のまま冷凍保存する】

モッツァレラチーズを未開封のまま保存する方法は、とっても簡単。

モッツァレラチーズをパッケージごと冷凍庫に入れれば、完了です!

そんなに簡単なの?!

我が家でもやってみましたが、本当にそれだけでした。

冷凍すると水分が膨張するので、パッケージの破裂が心配な方はフリーザーバッグなどに入れておくと良いでしょう。

こちらはパッケージごと冷凍したものを、中身の様子がわかりやすいようにジップロックに移し替えた写真です。

モッツァレラチーズが保存液ごと凍っていますね。

これだけで消費期限が1ヶ月ほど伸びるなら、少しも手間には感じません♪

【開封後に冷凍保存する】

パッケージから取り出したモッツァレラチーズを冷凍する際は、チーズを使いやすい大きさに切っておきましょう。

それらをラップに包み、フリーザーバッグなどに入れて冷凍庫で保存します。

冷凍する前に切っておけば、食べる際に必要な分だけ取り出すことが可能。

料理などで加熱する場合は、解凍不要でそのまま使うこともできてとっても便利ですよ!

モッツァレラチーズの解凍方法は?

モッツァレラチーズは冷凍すれば、冷蔵よりも長く保存できることがわかりましたね。

では冷凍したモッツァレラチーズを食べるには、どのようにすればよいのでしょうか?

その場合も方法は簡単!

冷蔵庫に移して半日ほど置くか、急いでいる場合は流水解凍しましょう。

保存液ごと凍らせたモッツァレラチーズを解凍してみると、このようにチーズだけが浮かんできます。

これを取り出して食べることができますよ。
しかし、解凍したモッツァレラチーズは、そのまま食べるとぼそぼそした舌触り。

あまりおいしいとは言えません…

一度冷凍したモッツァレラチーズは、もとの食感には戻らないと覚えておきましょう。

モッツァレラチーズ独特のなめらかで弾力のある食感を楽しみたい方は、冷凍する前に食べきることをおすすめします!

ただし、冷凍したモッツァレラチーズにも良い点があります。

それは加熱する料理に使用する際、便利だということ。

解凍不要で、冷凍庫から取り出してすぐお料理に使うことができますよ!

火を通せば、とろっと溶けてもちもちの食感が復活!

生で食べるときに気になった食感の悪さは、加熱すれば問題になりません。

次の章では、そんな冷凍モッツァレラチーズも利用できるおすすめの加熱レシピをご紹介していきますね♪

モッツァレラチーズのおすすめ加熱レシピ!

モッツァレラチーズのおすすめ加熱レシピ!

多少賞味期限を過ぎたモッツァレラチーズも、食べられることがわかりましたね。

見た目や臭いの変化など、腐っているかどうかの見分け方についてもお伝えしました。

でも、大丈夫とわかっても、何となく不安…

生のままで食べるのが不安な方は、モッツァレラチーズに火を通すのがおすすめです!

ここでは、そんな方のためにモッツァレラチーズのおすすめ加熱レシピを3つご紹介します。

私が購入したモッツァレラチーズは森永乳業の製品なのですが、公式サイトではアレンジレシピが豊富に公開されていました!

その中でも簡単なレシピを2つと、私が実際にやってみたレシピを1つご紹介しますね。

  • 焼きカプレーゼ
  • フレッシュマルゲリータ
  • 焼きモッツァレラ

火を通すといっても簡単にできるものばかりなので、お料理が苦手な方でも大丈夫!

また、モッツァレラチーズを冷凍保存している方も、加熱レシピなら解凍することなく冷凍庫から取り出してすぐのチーズを使用できます。

その場合は加熱時間を長めにしてくださいね!

ぜひご家庭でモッツァレラチーズの加熱レシピをお試しください♪

焼きカプレーゼ

材料(1皿⦅モッツァレラ1個⦆分)
  • クラフトフレッシュモッツァレラ…1袋
  • トマト…1個
  • エキストラバージン・オリーブオイル…大さじ1
  • 塩…少々
  • ブラックペッパー…少々
  • バジルの葉…適量
  1. トマトとモッツァレラは各々5枚の輪切りにします。
  2. 耐熱性の器に1を交互に盛り付け、オリーブオイルをまわしかけます。
  3. 温めておいたオーブントースターで、モッツァレラがとろりとするまで約5分焼き、塩とブラックペッパーをふります。バジルを飾って仕上げます。

引用 森永乳業

通常のカプレーゼは生のトマトとモッツァレラチーズを使った冷製の前菜ですが、それをあえて焼くというレシピ。

トマトとモッツァレラチーズ、どちらも焼いてもおいしい食材なので味は間違いなく美味!

おしゃれな一品の完成ね!

フレッシュマルゲリータ

材料(1枚分)
  • クラフトフレッシュモッツァレラ…1袋
  • ピザクラスト(直径18cm)…1枚
  • トマト…1/2個
  • トマトソース(缶詰)…50g
  • エキストラバージン・オリーブオイル…適量
  • バジルの葉…適量
  1. モッツァレラとトマトは薄切りにし、各々余分な水気をキッチンペーパーでふき取ります。
  2. トマトソースは温めて、塩、こしょうで味をととのえます。
  3. ピザクラストにトマトソースを塗って1をのせ、ピザクラストのパッケージの調理方法にしたがってモッツァレラがとろけるまでオーブンで焼きます。オリーブオイルをかけ、ちぎったバジルを散らして仕上げます。

引用 森永乳業

ピザクラストとは何も乗っていないピザ生地のことで、一般的なスーパーで購入できます。

焼きカプレーゼとほとんど同じ食材にピザ生地を加えることで、簡単にマルゲリータを作ることが可能なのです!

おうちでピザが作れると、お子さんもきっと喜びますね!

おやつや軽食にもおすすめ♪

焼きモッツァレラ

材料
  • モッツァレラチーズ…1袋
  • 黒胡椒…適量
  1. モッツァレラチーズを1cm幅に切る。
  2. アルミホイルの上に並べ、オーブントースターで焼く。
  3. モッツァレラチーズが溶け始め、焦げ目がついたら取り出す。
  4. 黒胡椒を振って完成。

こちらはただチーズを焼いただけ。
レシピと呼ぶほどのものでもないですが、たったこれだけでおいしいおつまみになります!

お酒が進む味!

加熱時間は、モッツァレラチーズが生の場合と冷凍されている場合で異なるので、トースターの中を見ながら調整してくださいね。

今回は冷凍保存しておいたモッツァレラチーズを使用したので、230℃で約10分焼きました。

ふつふつとチーズが泡立ち始めたら、すぐに焦げ始めるので要注意!
目を離さないようにしてくださいね。

まとめ

  • モッツァレラチーズは賞味期限切れになっても食べられる
  • 未開封ならば賞味期限を1週間程度過ぎても大丈夫
  • モッツァレラチーズが腐ると変色やアンモニア臭が発生し、酸味の強い味になる
  • 開封したモッツァレラチーズは冷蔵保存で1週間程度持つ
  • モッツァレラチーズは冷凍保存することで1ヶ月程度消費期限が伸びる
  • モッツァレラチーズを加熱することで安心して食べられる

モッツァレラチーズは、賞味期限を多少過ぎても食べられることがわかりましたね。

ですが、見た目や臭いなど異変を感じた場合は、無理に食べないようにしましょう。

また、冷蔵・冷凍それぞれ正しく保存することでおいしさが長持ちします。

冷凍した場合や、賞味期限が過ぎて心配な場合は加熱することで安心して食べることもできますよ。

ぜひ、あなたもモッツァレラチーズを長持ちさせておいしく召し上がってくださいね♪

関連コンテンツ(レスポンシブ)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする