防災グッズをドンキで発見!代用品になる物もドンキで安く揃えよう♪

あなたはお家に、防災グッズを常備していますか?

いつ来てもおかしくない災害に備え、防災グッズは大きな安心材料になります。

でも防災グッズって高いんだよね…

たしかに、全てセットになった防災グッズは、特に高い印象がありますよね。

でも、一つ一つの防災グッズを、安く自分で揃えるのはどうでしょう?

防災意識の高まる日本では、身近なお店でも、災害時に使えるアイテムを買えるようになりました。

そこで今回は、安いでお馴染みのドンキで防災グッズを探してみました!

なんでも揃うドンキ。探してみると防災グッズがありました。

これ、災害時に使えるんじゃない!?なんてアイディア商品もご紹介しています。

ドンキで安く防災グッズを揃え、少しでも安心した生活を送りましょう♪


防災グッズはドンキにどんなものがある?

ドンキにはいったいどんな防災グッズがあるのでしょうか?

防災グッズと一言で言っても、持ち出しバッグや保存食など、様々なものが思い当たります。

そこで、まずはドンキで見つけた「防災」コーナーのアイテムをご紹介します!

防災用品8点セット

「防災」の二文字が分かりやすく、すぐに見つけられました!

8つも入っていて心強いセットだね!

セットの8つの内訳は、次のようになっています。充実の内容です。

    • ランタン
    • ダイナモライト(手回し式懐中電灯)
    • 乾電池式充電器
    • ドリンクボトル
    • ハンディライト
    • ホイッスル
    • アルミブランケット
    • カラビナ

そして肝心のお値段は、8つも入ってなんと2,178円(税込)!!

しかも、アイテムはまとめて持ち出せるよう、ナップザックに入った状態で売られています!

ナップザックも含めたらなんと9点。安すぎ…!

ちなみに、ハンディライト・ホイッスル・アルミブランケット・カラビナはドリンクボトルの中に収納されています。

荷物がどれだけコンパクトに収納されているかは、防災グッズを選ぶ上で重要なポイントです。

ドンキの防災用品8点セットは、安い上に、スムーズに持ち出せる工夫がされていることが分かりました!

防災用ライトが充実

ドンキの防災コーナーで2つのライトを見つけました♪

どちらも乾電池式で、置いても、持っても使える2wayタイプのライトです。

ですが、驚くのはその安さ!!
私はこの安さのライトを他で見たことがありません!

HAC2196COBライト・・・550円(税込)

平野商会COB型LEDライト・・・1,098円(税込)

これはもう、置型のライトの値段ではない!!

連続点灯時間は、弱い光で使用した場合次のようになっています。

HAC2196COBライト・・・20時間

平野商会COB型LEDライト・・・36時間

日中は太陽の光も差しますが、夜は停電も予想されるので少しでも大きな光があると安心です。

逃げる際に足元を照らすだけでなく、助けを呼ぶシグナルにもなるライト。

この安さで買えるなら、ぜひ手元に準備しておきたいアイテムですよね。

ドンキの防災グッズ注目ポイント

ドンキの防災グッズで一番注目すべきは、やはりその安さ!

防災用品セットも、2wayライトも、このお値段はなかなか見つけられません。

また、ドンキの防災グッズは、「生き延びる」というより、「まず生きる」為の災害初期に使える印象です。

そこで、「生き延びる」ために揃えたいアイテムをリスト化し、ドンキで代用品を探してみました!


防災グッズリストを確認して自分で用意してみよう!

家庭用の防災グッズとは、どんな物を用意すればよいのでしょうか?

今回は消防庁の災害マニュアルを参考に、必要なものをリストアップしてみました。

具体的に何が必要か、把握しておきたいな!

防災グッズリストの内容を確認し、本当に必要なものを知りましょう!

引用 総務省消防庁

【食料】

  • レトルト商品
  • 缶詰
  • カップ麺 乾麺
  • 飴、チョコレート

【生活用品】

  • 衣類(服、下着、レインコート)
  • 裁縫セット
  • サランラップ
  • 紙皿
  • ナイフ
  • ライター
  • 缶切り
  • 携帯用トイレ
  • 携帯カイロ

【非常用備品】

  • 毛布
  • ロープ
  • 懐中電灯
  • 救急箱
  • 携帯ラジオ
  • 電池
  • 携帯用充電器
  • ヘルメット、防災ずきん

【貴重品】

  • 印鑑通帳
  • 現金、公衆電話用10円玉
  • 保険証、免許証コピー
リストアップしてみると、多いように感じるね!

防災グッズは予想以上に沢山必要なことがわかりました。

今回の記事の目的はドンキの防災グッズの調査です。

なんでも揃うドンキ、代用品を含め、リストはどれだけチェックできるでしょうか!?

防災グッズのセットを手作りできるおすすめ代用品は?

それでは、防災グッズのリストに沿って、ドンキで代用できるものをチェックしてみましょう!

代用品を使って、防災グッズのセットを手作りしてしまいましょう!

【食料】

生活用品を激安で買えるドンキ。保存の効くお安い食料も、災害時の保存食として代用できます!

ドンキの食料品コーナーでは次のような商品を見つけました。

  • レトルトのお粥
  • 缶詰
  • カップ麺 乾麺
  • チョコレート

特にレトルト食品や缶詰は種類が多く、味に飽きるということはなさそうです!

お粥のパウチや缶詰は、加熱をしなくとも美味しく食べられるのでおすすめです♪

中でも、災害時に少しでも食欲を刺激する、味付きの缶詰はいかがでしょうか?

こちらは味付きいわしですが、他にも焼き鳥など、みんなが大好きな料理が缶詰になっています。

味付きなら、子供も食ベやすいね

また、どんな時も忘れてはいけないのがお水です。

ドンキでは各種メーカーの水が売られていますが、安売りしているものをストックしておきましょう。

一般に販売されているペットボトル飲料水は、ろ過・殺菌がされ、賞味期限が過ぎても何年も保存できるようになっています。

経年により水分が蒸発せず、販売時の計量を確保できるまでを賞味期限としているそうです。

引用 農林水産省

水の貯蓄両目安は、大人1人あたり1日3リットルです。ペットの分も忘れずに計算し、十分な量を安く揃えておきましょう。

食品は賞味期限の近しいものを揃えることで、数年に1度総入れ替えが出来ます。

入れ替えの手間が省けるだけでなく、食べ比べることで、災害時のイメージができるとは…!

普段のお買い物とあわせて、防災グッズの食料も買い足してみてはいかがでしょうか?

【生活用品】

ドンキで見つけた防災グッズの中でも、具体的な生活用品として、

  • 下着
  • レインコート
  • 裁縫セット
  • サランラップ
  • 紙皿
  • ナイフ
  • ライター
  • 缶切り
  • 携帯用トイレ
  • 携帯カイロ

を確認できました。
特に注目したい商品は衣類です。

災害時、服が汚れる可能性は大いにありますよね。

汚れによる感染症を防ぐためにも、衣服は清潔な状態が理想です。

でも災害時に洗濯機なんて使えないだろうしなぁ

洗濯環境の整わない災害時に活躍するものが、速乾性のある服と、使い捨ての下着です。

速乾性の服でいうと、ポリエステル製のシャツはどうでしょうか。

汗をかいても蒸れず、水で洗ってもすぐに乾かして着ることができます。

ドンキは安いポリエステル製のシャツがとにかく豊富なので、安く災害時用の着替えを揃えておきましょう。

また、トラベルコーナーにこんな下着がありました。

使い捨ての下着です。3枚1組で売られており、サイズ展開も男女共MとLを確認できました。

災害時も下着はできれば変えたいアイテム!

実は使い捨て下着は100均でも安く買えますが、質はドンキの方が断然おすすめです。

100均の使い捨て下着はとても薄く、完全に使い捨て仕様ですが、ドンキはコットンとレーヨンでできています。

状況に合わせ、一度くらいは軽く洗って再利用することもでき、災害時のデリケートな心配も解消してくれる防災グッズです。

【非常用備品】

日本では、いつ何時どんな災害が起こるかわかりません。

真夜中の災害や、真冬の避難でも命を守れるよう、非常用備品を揃えましょう。

ドンキで買える、命を守るための非常用備品の代用をご紹介します。

  • 毛布
  • ロープ
  • 懐中電灯
  • 救急箱
  • 携帯ラジオ
  • 電池
  • 携帯用充電器

私のおすすめの非常用備品がこちら。懐中電灯にもなる携帯用充電器10,000mAh MOBILE BATTERYです。

懐中電灯としてだけではなく、なんと4回分のスマートフォンフル充電ができる優れものです!

他にも懐中電灯の付属した携帯用充電器が発売されていますが、ドンキでは3,000円前後のものが多いです。

避難時に家族とはぐれる可能性や、足場が悪いことも考え、懐中電灯は、一人1台持って避難することが推奨さています。

あなたは、冒頭でご紹介したドンキの防災グッズの8点セットに、懐中電灯が3つも入っていたことにお気づきでしょうか?

確かに多いと思ったよ!

懐中電灯の数も揃えつつ、少しでも身軽に避難できるよう、携帯用充電器と併用させましょう。

また、荷物をコンパクトにする工夫として、ドンキオリジナルの羽毛毛布はいかがでしょうか?

引用 ドン・キホーテ公式HP

こちらの「どこでもホワイトダックダウン薄掛け羽毛布団」はなんと詰め物250gという驚異の軽さです。

旅行などで使う圧縮パックに収納すれば、よりコンパクトにまとめることができます。

布団パックを手作りすれば、防災バッグにも簡単に入れられるね!

非常用備品は重さや大きさのある物が多いため、少しでも軽くコンパクトに持ち運べる物を選びましょう!

今回の調査では、防災ヘルメットと防災ずきんを、残念ながら見つけることができませんでした。

ですが、防災意識の高まる9月1日(防災の日)や3月11日前後は、特設の防災コーナーが設置される店舗もあるので、チェックしてみましょう。

たとえ防災用でなくとも、防災グッズになりそうなものがたくさんありました!

他の物を上手に代用することで、手作りの防災グッズを一式、セットで用意できますね!

防災グッズのセットには犬や猫用アイテムも入れておこう!!

ペットを飼っているお家では、災害時に逃げるのは人間だけではありませんよね。

できるものなら、大事な家族であるペットとも一緒に逃げたいですよね。

そこで今回は、犬や猫と逃げる際にあったら便利だな、と思うアイテムをドンキで探してみました。

避難のストレスを発散

犬も猫も普段と違う環境で過ごすことは、人と同様にストレスがたまります。

ペットのストレスを少しでも解消するために、持ち運びやすいストレス解消アイテムを、防災グッズのセットに入れておきましょう。

猫ちゃんには、まるでネズミなこちらの猫じゃらしはいかがでしょうか?

ドンキでは、108円(税込)と格安でもふもふ猫じゃらしを買えます。

しかもだいぶ売れてる様子だね、これは…

猫ちゃんが遊べるように、防災グッズのセットに一つ加えておきましょう。

ワンちゃんのストレス発散にはこちらの噛み噛み歯磨きはいかがでしょう?

走り回ってストレス発散をしたいところですが、避難先の環境は、必ずしも広いとは限りません。

噛み噛み歯磨きであれば、場所を選ばず犬もストレスを発散でき、家族も安心です。

屋内には足を綺麗にして入ろう♪

もし、避難所に動物の受け入れ態勢が整っている場合、ペットも家族のそばで過ごしたいですよね。

屋内に上がる際のエチケットとして、足拭きシートを用意しておきましょう。

トイレなどで外に出ることは、1度はあるからね!

そんな時、水やタオルがなくても足拭きシートがあると安心ですよね。

足を拭くだけでなく、体の汚れをサッと拭くこともできるので、快適性を考え防災グッズのセットに加えたいアイテムです。

フットレストで飼い主の健康も考える

動物を連れている場合、避難所ではなく、車で過ごそうと考える人もいるかもしれません。

ペットと車中泊をする際、飼い主さんが気をつけなければいけないことが、エコノミー症候群です。

長時間狭い環境で過ごし、長時間体勢を変えずに圧迫された部分で血栓ができ、血管を詰まらせる症状です。

飼い主さんも車内では過ごし方に気をつけたいね

動物と車内で過ごす場合は、飛行機で使われるフットレストをぜひ活用しましょう。

フットレストを使うことで、少しでも足を伸ばすことができます。

ペットのために車内で過ごす場合も、飼い主さんは自身の健康と安全も忘れずにいましょう。

まとめ

  • ドンキでは驚くほど安い防災用品セットと置き型ライトが売られている。
  • ドンキの防災セットは、「災害初期」に使えるアイテムの詰め合わせで、手元にあると安心。
  • 防災グッズをリストアップすると、予想以上に必要に沢山のアイテムを用意することが判明
  • 防災グッズはドンキで代用品を見つけることができる。
  • ドンキのアイテムを使用すると、防災バッグを手作りすることができる!
  • 災害時に役立つ犬や猫用のアイテムもドンキで準備でき、一緒の避難に備えられる。
  • 避難先で車中泊する際は、ドンキのフットレストで健康にも気を配ろう。

ドンキで防災グッズが用意できるか調査しましたが、いかがでしたでしょうか。

格安の防災グッズだけでなく、代用品を多く揃えることができることが分かりました!

ドンキへの買い物のついでに、防災グッズも買い足してみましょう♪

関連コンテンツ(レスポンシブ)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする