クロエの財布って使いにくいの!?その原因はお財布の容量不足かも!?

クロエといえば、ハイブランドの中でも、ブランド名の主張があまり激しくなく、使いやすいデザインが多いですよね。

淡いパステルカラーの財布は、どの年代の方が持っていても、違和感を感じません。

クロエの財布はおしゃれですが、一方で、使いにくいという声が上がっています。

クロエの財布が使いにくいと感じるのは、容量不足が原因かもしれません。

この記事では、なぜ、クロエの財布が使いにくいといわれているのかを解説していきます。

クロエの財布は、お財布に優しい金額ではありません。

買ってから、使いにくいと後悔しないためには、事前のリサーチが重要です。

おすすめの財布も合わせて紹介していきますので、参考にしてください。

これを読めば、バッチリ解決ね!

クロエの財布は使いにくい!その理由は容量不足!

なぜ、クロエの財布が使いにくいと言われているのでしょうか。
使いにくい理由はズバリ、容量不足。

あなたが欲しい財布の、ポケット数や、小銭入れの開き方に注目してください。

入れたい量と入れられる量のバランスが合っていない可能性があります。

クロエの財布が使いにくいと感じる方は、入れすぎの場合がほとんどです。

また、財布にお金を入れにくいと感じる場合は、革がまだ新しく、手になじんでないことが考えられます。

クロエの財布には、ロングウォレット(長財布)、カードホルダー、コインケース、コンパクトウォレット(三つ折り財布)の4つの形があります。

コンパクトウォレットやコインケース、カードホルダーは、カードや小銭を、たくさん入れて使う方には使いにくいです。

反対に、キャッシュレス志向で、あまり小銭やカードを入れない方には使いやすい作りになっています。

コンパクトなので、小さいカバンに入れることができ、持ち運びも楽ちんです。

カードや小銭など、たくさん入れて使いたい方は、ロングウォレットを選ぶことをおすすめします。

収納スペースにゆとりがあるので、カードや現金を多めに持ち歩くことができます。

使い道に合わせて、財布の形を見極めると、ミスマッチが減ります。

【実際の声】

引用 Twitter

こちらの方は、三つ折り財布が使いにくいようです。

せっかく買ったのに、使いにくいなんて悲しいですよね。

後悔しないための選び方のポイントを、一緒に見ていきましょう。

【現金派】ロングウォレットがおすすめ

カードや現金をたくさん入れて使いたい方には、ロングウォレット(長財布)をおすすめします。

ロングウォレットは2種類あります。

1つはラウンドファスナータイプといわれているコの字型にファスナーがついた財布です。
お財布を完全に閉じることができます。

もう1つはフラップタイプといわれている本のように閉じるタイプの財布です。
ボタンがついているものもあります。

それぞれの財布にメリットとデメリットがあります。

ロングウォレットのタイプとそれぞれのメリットとデメリット
ラウンドファスナータイプ フラップタイプ
メリット
  • 口が大きく取り出しやすい
  • 中身が守られる
  • 容量が大きい
  • 財布の開閉が楽
  • ポケットにも入れやすい
  • 薄い
デメリット
  • サイズ感が大きい
  • 開閉の手間が多い
  • 中身がでることがある
  • ラウンド型ほど容量がない
おすすめしたい人
  • 現金やカードがたくさんある人
    カードをたくさん入れても外側に広がらない
  • スタイリッシュに見せたい人
    中身が少ないほどスタイリッシュに見える

私は、お札を折りたくないので、長財布を愛用しています。

フラップタイプなのですが、カードが多いので、膨らんでしまい、閉まらなくなってしまうことがあります。

カードをたくさんいれて使いたい方は、ラウンドファスナータイプの財布がおすすめです。

【キャッシュレス派】コンパクトウォレットがおすすめ

キャッシュレス志向で、あまりお財布にものを入れない方にはコンパクトウォレットがおすすめです。

少しのお札と、硬貨を入れることができるので、急に現金が必要になった場合にも対応できます。

コインケースや、カードホルダーにも、少しの小銭を入れられるスペースがあります。

休み時間の買い出しに使うなど、シーンを限定して使うのがおすすめです。

必要なものだけを持ち歩くことができるので、荷物も少なくなります。

コンパクトウォレットにもメリットとデメリットがあります。

メリット

  • ポケットに入れられるため、手ぶらで出かけられる。
  • 小さいバッグに入る。

フォーマルなカバンは、小さいものが多いので、普段使いでも、フォーマルな場面でも使うことができます。

コンパクトウォレットを使うと、レシートなどのためこみがなくなります。

小銭も意図的に減らそうとしますので、カバンが軽くなります。

また、スマホ決済や、カード決済だけでは心細い場面ありますよね。

コンパクトウォレットは、現金も持ち歩くことができるので、安心です。

様々な決済方法が選べるところも1つのメリットです。

デメリット

  • 現金中心だと、容量が足りなくなる。
  • 慣れるまで、スムーズに会計ができない。

お札をそろえて入れたり、小銭入れの向きを確認してから開けたり、慣れるまでは、スムーズに会計ができない可能性があります。

コンパクトウォレットは、大きなバッグに入れると、バッグの中で迷子になることもあります。

クロエがマッチするのはどんな人?知って欲しいクロエの魅力!

クロエは、フランスで誕生したブランドです。

かわいらしい・女性らしい・華やかといった印象があります。

20代後半から40代くらいまでの女性に人気のあるブランドです。

淡いパステルカラーが好みの方にマッチします。

カラー展開もあり、好みの色やデザインが見つかりやすいので、年代を気にせず、使用することができます。

誕生元のフランスでは、30歳から45歳の女性ををターゲットにしています。

デザインが上品でシンプルな特徴もあり、おしゃれを楽しみたい大人の女性に向けたブランドと言えます。

日本においては、20代など若い世代にも人気があるので、幅広い年代の女性が魅力を感じるブランドです。

クロエは、他の高級ブランドに比べて、ブランドの主張が激しくないので、普段使いしやすいアイテムがたくさんあります。

質のよい素材と、シンプルなデザインも人気の理由となっています。


クロエの財布は汚れやすい!?きれいに保つ方法を解説!

クロエの財布は、淡いパステルカラーでかわいらしい印象です。

汚れが目立つって聞いたことが…

クロエの財布は色によっては、汚れやすいです。

淡いピンクなどの色は特に汚れやすい傾向があり、革製品の経年による変化が楽しめない場合があります。

買ってもきれいに使えるかな…?

安心してください。

適切なお手入れや、保管をすれば、きれいに保つことができます。

「汚れやすいな」と気になる方は、黒や茶色などの色の濃いデザインがおすすめ。

クロエの財布をきれいにするお手入れの方法!

汚れやすいお財布も、お手入れをすることで、きれいなまま使うことができます。
物持ちもよくなります。

お手入れの方法
  1. 豚毛ブラシでホコリを落とす
  2. 革用のデリケートクリームを塗ってから、ブラシをかける
  3. 風通しのよい日陰で乾燥させる
  4. 柔らかい布で優しく磨く

詳しく見ていきましょう。

1.豚毛ブラシでホコリを落とす

まずは、豚毛ブラシでホコリを落とすことから始めます。
とても大切な作業です。

豚毛ブラシでホコリを落とさずにお手入れを始めてしまうと、クリームにホコリが巻き込まれてしまうからです。

ホコリが巻き込まれると、肌触りが悪くなってしまいます。

一手間ですが、ホコリを落としてからお手入れをすると、なめらかな肌触りに仕上がります。

2.革用のデリケートクリームを塗ってから、ブラシをかける

次にクリームを全体になじませ、ブラッシングをします。

デリケートクリームの量は、長財布の片面に対して大豆一粒程度が目安。

手や柔らかい布を使って、全体にまんべんなく塗り広げます。

手を使った方がまんべんなく塗りやすいです。

豚毛ブラシでブラッシングをして、クリームを革になじませると共に、余分なクリームを取り除きます。

デリケートクリームの場合には、最初の工程で使用した豚毛ブラシを使うことができます。

そのほかのクリームですと、ブラシの毛が固まってしまう可能性がありますので、説明書をよく読んでから、ブラッシングをしましょう。

3.風通しのよい日陰で乾燥させる

3つ目の工程は、乾燥させることです。

クリームを塗った直後の財布は、クリームが浸透しきっていません。

クリームが乾いていない状態で、表面を触ってしまうと、指紋がついてしまいます。

クリームを塗った後は、必ず乾かしましょう。

革は、過度な熱がかかることによって、縮んで固くなる性質を持っています。

早く乾かしたい気持ちから、ドライヤーや、直射日光にあてて乾かすことは避けましょう。

乾かすときには必ず風通しのよい日陰で乾かします。

4.柔らかい布で優しく磨く

仕上げに、柔らかい布で優しく磨きます。

柔らかい布とは、何回か使用した綿素材の布のことです。

綿素材の布といっても、タオルは繊維が太く、ゴワゴワしているので、使用は避けましょう。

マイクロファイバークロスで代用も可能です。

クロエの財布には、お手入れ方法が記載されている、リーフレットが同封されています。

リーフレットの指示に従い、お手入れをしましょう。

クロエの財布をきれいに保つ保管の方法!

お財布の正しい保管の方法を知っていますか?

きれいにお手入れをしたら、適切な条件で保管をしましょう。

お財布のよい状態を長く保つことができます。

保管の方法
  • 直射日光があたらない、風通しのよいところで保管する。
  • 立てて保管する。

購入時に同梱されているクロエの袋に入れて保管するのがよいです。

袋がない場合は、風通しのよい布に入れて保管しましょう。

湿気の多いところや、押し入れにしまうのは避ける必要があります。

また、箱の中にずっとしまっておくことは禁物。

保管する前には、お手入れをすることを忘れずに。

ひどい汚れや、シミがある場合は、クリーニング業者にお任せしましょう。

無理に自己流できれいにしようとすると、余計にひどくなってしまう可能性があります。

クロエの財布人気ランキングを種類ごとに紹介!

クロエの財布は、いろいろな種類の財布があるので、どれを選んだらよいか悩んでしまいますよね。

せっかく使うのなら、財布の人気ランキングも気になるところ。

人気ランキングで上位の財布は、他の人からの評判がよい財布だと、とらえることができます。

クロエの財布で人気のあるシリーズをランキング形式で紹介していきます。

なぜ人気ランキングで上位なのかも考察しました。

クロエの財布を購入する際に、参考にしてください。

【ロングウォレット】クロエの財布人気ランキング

クロエのロングウォレットは、容量が大きいので、お金やカードなどをたくさん持ち歩きたい方におすすめです。

お札が折れないので、取り出しやすく、使いやすいデザインのものが多くあります。

アルファベットシリーズ(仕様)
    • フラップタイプ
      カード入れ      ×12
      マチ付お札入れ    ×1
      ファスナー付小銭入れ ×1
      オープンポケット   ×1
      背面オープンポケット ×1
      カラー        8色
    • ラウンドファスナータイプ
      カード入れ      ×12
      マチ付お札入れ    ×2
      オープンポケット   ×2
      ファスナー付小銭入れ ×1
      カラー        3色

淡いパステルカラーの他に、黒のデザインもあるので、汚れが気になる方でも使いやすい財布です。

マーシーシリーズ(仕様)
    • フラップタイプ
      カード入れ      ×12
      マチ付お札入れ    ×2
      ファスナー付小銭入れ ×1
      カラー        6色
    • ラウンドファスナータイプ
      カード入れ      ×12
      マチ付お札入れ    ×2
      ファスナー付小銭入れ ×1
      カラー        4色

クロエロゴの主張が控えめで、飽きのこないデザインが人気の財布です。

ダリルシリーズ(仕様)
    • フラップタイプ
      カード入れ      ×7
      お札入れ       ×1
      オープンポケット   ×2
      ファスナー付小銭入れ ×1
      背面オープンポケット ×1
      カラー        3色

他の長財布のシリーズよりも、カード入れが少なめのデザインになっています。

【コンパクトウォレット】クロエの財布人気ランキング

運びやすさを重視するなら、コンパクトウォレットがおすすめです。

アルファベットシリーズ(仕様)
    • スモールトリフォールドウォレット
      カード入れ      ×7
      お札入れ       ×1
      小銭入れ       ×1
      カラー        5色
    • ミニトリフォールドウォレット
      カード入れ      ×1
      小銭入れ       ×1
      お札入れ       ×1
      カラー        11色

限られたものしか入れなかったり、使う場面を限定してつかったりするのにおすすめの財布です。

マーシーシリーズ
    • スクエアウォレット
      カード入れ      ×10
      お札入れ       ×2
      小銭入れ       ×1
      カラー        2色
    • スモールウォレット
      カード入れ      ×5
      ファスナー付小銭入れ ×1
      カラー        4色
    • スモールパース
      カード入れ      ×5
      ファスナー付ポケット ×1
      フラットポケット   ×1
      カラー        5色

サイズが小さく、収納も少なめになっている財布です。

ダリルシリーズ(仕様)
    • スモールトリフォールド
      カード入れ      ×6
      お札入れ       ×1
      ファスナー付小銭入れ ×1
      フラットポケット   ×1
      カラー        3色
    • インタレースリング縦
      カード入れ      ×6
      お札入れ       ×1
      ファスナー付小銭入れ ×1
      フラットポケット   ×3
      カラー        2色

コンパクトウォレットながら、整理のしやすいデザインの財布です。

ロングウォレットも、コンパクトウォレットも、公式オンラインショップで購入することができます。

クロエの財布にはメンズ向けの商品はある?

クロエは、女性向けのブランドのため、メンズ専用のラインはありません。

しかし、メンズでも使いやすいデザインの財布はあります。

メンズでも使いやすいクロエの財布

マロウシリーズ(仕様)

  • フラップ付ロングウォレット
    マチ付お札入れ     ×2
    カード入れ       ×12
    ファスナー付小銭入れ  ×1
    カラー        2色
  • スモールウォレット
    フラットポケット   ×1
    カード入れ      ×5
    ファスナー付ポケット ×1
    カラー        1色

ロングウォレットもスモールウォレットも、ブラウン系の色味の財布です。

表面の装飾も控えめなので、メンズでも使いやすいデザインになっています。

こちらの商品もオンラインストアから購入することができますよ。

クロエは財布やバッグだけじゃない!

クロエときいて、思い浮かぶのはバッグや財布、香水ですよね。

財布とバッグでシリーズを合わせると、統一感があります。

ですがクロエには、シューズやウェア、アクセサリーなどの取り扱いもあります。

シンプルなデザインのものが多く、上品な印象です。

そのほかにも、チルドレンウェアも取り扱っています。

見ているだけでも、心がおどるような素敵な商品がたくさんあります。

お洋服から靴まで、クロエ一色でコーディネートすることも可能です。

お子さんとのリンクコーデも楽しむことができますね。

クロエは全国に店舗がありますので、近くにお店があるかもしれません。

クロエはアウトレットにも出店があります。

また、直接店舗に行かなくても、アマゾンや楽天等のオンラインストアでも購入可能です。

クロエの公式オンラインショップでは、最新のアイテムをチェックできます。

セールが開催されていることもありますので、こまめにのぞいてみることをおすすめします。

近くに店舗がない方は、オンラインショップの利用も検討してみてください。

クロエとシーバイクロエ

クロエとは、メインラインのことです。質がよく、おしゃれなデザインのものが多いです。

価格帯は8万円から10万円で、20代後半から40代後半の女性に人気があります。

シーバイクロエとは、クロエのセカンドラインのことです。

カジュアルなデザインのものが多く、価格も抑えめになっています。

価格帯は2万円から5万円で、10代から30代前半の女性に人気のラインです。

シーバイクロエは、カラーバリエーションが豊かです。

パステルカラーはもちろん、原色系の色味のアイテムもあります。

財布やバッグはもちろん、アクセサリーや、シューズ、ウェア等の取り扱いもあります。

予算や用途に合わせて、買い分けるのもよいでしょう。

まとめ

  • クロエの財布が使いにくいのは財布と中身のバランスが合っていないため。
  • クロエの財布にはたくさんの種類がある。
  • 現金やカードを多く持ちたい方は、ロングウォレットがおすすめ。
  • カードやネット決済がメインの方はコンパクトウォレットがおすすめ。
  • クロエの財布は、色によって汚れが目立ちやすい。
  • 財のお手入れはブラッシングとクリームを塗ること。保管は、風通しの良い場所で。
  • クロエにはメンズ向けのラインはないが、メンズでも使いやすいデザインのものがある。

お財布を選ぶことが、お財布を整理することに繋がります。

もしかすると、なかなか使わないカードが出てくるかもしれません。

私も、財布の中身を確認し、整理しようと思います!

関連コンテンツ(レスポンシブ)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする