ポリカーボネートは窓に貼るより内窓に使おう!代用の100均商品も紹介

我が家では、冬になると窓に結露が発生します。

放っておくとカビの原因になるので、解決策を調べたところ、ポリカーボネートを窓に貼ると良いということがわかりました!

しかし、ポリカーボネートを引き違い窓に貼ると、開閉しづらくなりますよね…。

解決方法は、”ポリカーボネートで内窓を作る”こと。

窓に貼るのは簡単だけど、「窓を作る」なんてできるかな?

内窓を作ると聞いて不安に思う方には、材料と取付説明書がセットになっている【内窓キット】がおすすめ!

この記事を読めば、内窓キットの内容や、内窓の効果、さらにポリカーボネートの代用となる100均アイテムについて知ることができます。

結露を抑え、室内を快適な温度に保てるポリカーボネート内窓について、ぜひ知っていただければと思います♪


ポリカーボネートを窓に貼るより簡単!内窓キットとは?

ポリカーボネートは窓に貼るより内窓に使おう!

窓の結露を防ぐには、窓の断熱性を高めることが重要です。

ポリカーボネートを窓に貼ることで、断熱性を高められるとわかり、その方法を調べてみました。

しかし、一般的な引き違い窓の場合、ポリカーボネートを直接窓に貼ると、うまく開閉できなくなる可能性があります。

また、賃貸の場合は、ガラスに跡が残ってしまうので、ポリカーボネートを直接窓に貼るのは避けたいですよね。

調査したところ、窓に直接貼るよりも、窓の手前にポリカーボネートの内窓を作り、二重窓にしている方が多いようです。

内窓って、DIYできるの!?
DIYに不慣れで、窓を作るなんて不安…

内窓をつける方法なんてわからない、という方もいらっしゃるでしょう。

そこで、大がかりなDIYに慣れていない方にもおすすめなのが、【内窓キット】です!

【内窓キット】とは、その名の通り、ポリカーボネートの簡易内窓を施工するための材料がすべて揃っている商品。

このキットを使用すれば、簡単に内窓を施工することができます。

この章では、【内窓キット】の具体的な中身や、4つのおすすめポイントをご紹介していきます!

【コメリ】内窓キットの内容は?

私が見つけた内窓キットは、ホームセンター【コメリ】のネット通販で販売されていました。

エコな簡易内窓キット

引用 コメリ

【Mサイズ(W1800×H900mm以内の内窓用)】

キット

内容

面材(中空ポリカ板:幅900mm×高さ900mm×厚さ3mm)×2
上レール(1800mm)×1
下レール(1800mm)×1
横カバー(900mm)×2
フレーム取手付(900mm)×4
フレーム(900mm)×4
金鋸(265mm)×1
両面テープ(15mm×10m)×1

【サイズの種類】

S W900×H90mm以内の内窓用
M W1800×H900mm以内の内窓用
L W1800×H1400mm以内の内窓用
LL W1800xH1800mm以内の内窓用

コメリの【内窓キット】には必要な材料がすべて揃っており、キットを購入すればすぐに内窓が施工できます。

ポリカーボネート板はもちろん、フレームやレールだけでなく、加工用の金鋸などもついているのです。

金鋸は持っていないから、助かるー!

ちなみに、窓部分となる面材の「中空ポリカ板」とは、中が空洞になっているポリカーボネート板のこと。

引用 ポリカ.COM

中空板は内部に空気を閉じ込めるので、優れた断熱効果を発揮し、平板タイプよりも1.5倍の断熱性能があります。

内窓には、ぜひ中空板を使用しましょう♪

コメリの【内窓キット】にはサイズが4種類あり、ご自宅の窓サイズに合うものがきっと見つかります!

材料はカットして使用するので、少し大きめのサイズを選びましょう。

また、窓枠を固定するために同梱されている両面テープは、剥がせるタイプ。

内窓を撤去することになっても、原状回復がしやすく、賃貸にお住まいの方でも安心です!

ご自身で材料を揃えたいという方も、必要なものを知ることができるので、キット内容を参考にしてみてください♪

【コメリ】内窓キットの施工手順は?

コメリの【内窓キット】には、詳しい取付説明書も同梱されています。
ここでは、手順の流れを簡単に確認しましょう。

【取り付け手順】

引用 コメリ

大きく分けて5つの手順で、内窓が施工できることがわかりました!

各手順には少し注意すべき点やポイントがありますので、以下に付け加えさせていただきます。

  1. 窓枠の大きさを計測する

内窓を施工する際は、外窓との位置関係が重要になってきます。

外窓の鍵に干渉しないよう、内窓と外窓の間隔は30mm以上離すようにしましょう!

近すぎると、外窓の鍵が開閉できなくなります!
  1. 材料をカットする

材料をカットする際には、付属の金鋸が役立ちます。

ただ、レールやフレームにはその金鋸を使用しますが、面材のポリカーボネートはカッターを使用すると断面が綺麗になりますよ♪

細かいクズが出るので、ビニールシートなどを敷くと良いです!
  1. 窓枠にレールを取り付ける

レールの取り付けには、同梱の両面テープ使用します。

上のレールがつきにくくて落ちてくる場合は、ネジ止めをしても良いでしょう。

強力な両面テープを購入するのもありです!
  1. 面材にフレームを取り付ける

面材に取り付けるフレームは、ぐっとはめ込むようにしましょう。

中途半端なままでは、せっかくサイズを計測したのに、うまくフレームにはまらなくなってしまいます。

また、フレームでポリカーボネートの左右上下を挟んで、空気をしっかり閉じ込めれば、中空板の断熱効果がきちんと発揮されます!

中の空洞にホコリが入るのを防ぐこともできますね♪

ちょっとしたポイントに気をつければ、5つの手順で内窓が完成する【内窓キット】。

内窓を作ると聞いて不安に思っていた方も、意外と簡単そうに思えてきませんか?

材料と説明書があれば、私でもできそうな気がしてきた!

内窓キットをおすすめする理由

私が【内窓キット】をおすすめする理由は、DIYに不慣れな方でも、手間を省いて簡単に内窓を設置することができるからです。

具体的なメリットは、以下の4点。

内窓キットのメリット
  • 必要な材料がすべて揃う
  • 買い物の時間・手間が省ける
  • 作業手順の説明書・動画がある
  • ネット通販なら、持ち帰る手間は不要

【必要な材料がすべて揃う】

【内窓キット】を使用することで、私が特に便利だと感じるのは、DIYに必要な材料がすべて揃うこと!

内窓の作成には、ポリカーボネート板だけでは不十分で、板に取り付けるフレームやレールなど、さまざまなアイテムが必要なのです。

【内窓キット】には、それらの材料が揃っているので、キットさえ購入すればすぐに施行することができます。

また、自分で材料を揃えようと思っている方も、必要な材料を知ることができるので、キットの中身を参考にしてみてはいかがでしょうか?

【買い物の時間・手間が省ける】

【内窓キット】に入っている材料は、どれもホームセンターで揃うものばかり。

しかしながら、ホームセンターに行き慣れていない私は、それぞれの材料を各売り場で探すのに時間がかかってしまいます。

また、見た目は似ているけれどサイズが異なる商品もあり、間違って購入してしまう可能性も…。

【内窓キット】なら、サイズごとに全ての材料がひとまとまりになっているので、探す手間を省くことができますよね。

なかなかホームセンターに行く時間のない方や、買い間違いが心配な方にもぴったりですね♪

【作業手順の説明書・動画がある

必要なものは揃ったけれど、作業手順に不安がある方もいらっしゃるでしょう。

【内窓キット】には、作業手順が詳しく書かれた取付説明書がついているので、ご安心ください!

それを見ながら手順通りに作業を行えば、初心者でも悩んだり間違ったりすることなく、内窓を取り付けることが可能。

さらに、書面だけでは不安な場合は、手順を説明してくれている動画もあります!

動画があると、よりわかりやすい!

読むだけではわからない部分も、動画なら理解しやすいので、初めての内窓施工でも安心ですね♪

引用 YouTube

【ネット通販なら、持ち帰る手間は不要】

【内窓キット】は、ネット通販で購入することができます。

ネット通販のメリットは、ポリカーボネートを始め、かさばるアイテムを店頭から持ち帰る手間が省けること。

ホームセンターで取り扱われているポリカーボネートは、縦180cm×横90cm前後のサイズが一般的です。

店頭で実際に見てみると、かなりの大きさでした。

持ち帰るのは大変そう…

お店でカットできるサービスもありますが、窓の大きさよりコンパクトになるわけではないので、いずれにしても持ち運びが大変です。

ポリカーボネート板以外にも、必要なアイテムを買うことを考えると、ネット通販で購入できる【内窓キット】はとてもおすすめです!


ポリカーボネートを使うメリットと素材の特徴!

ポリカーボネートという素材の特徴と期待できる効果!

【内窓キット】を使用すれば、DIYでポリカーボネートの内窓を簡単に設置できることがわかりました。

二重窓になったことで、断熱効果が高まり、これで結露を防ぐことができます。

しかしながら、ポリカーボネートという素材は、断熱以外の効果も発揮します。

この章では、ポリカーボネートを内窓に使用するメリットと、ポリカーボネートという素材の特徴についてご紹介します!

ポリカーボネートを使用するとどんなメリットがある?

内窓にポリカーボネートを使用するメリットは、以下のような効果があるためです。

  • 断熱効果
  • 防音効果
  • 紫外線対策
  • 目隠し効果
  • 防犯効果
こんなにたくさん…!

断熱効果以外にも、たくさんの効果を期待できるとは、私も驚きました!

【断熱効果】

ポリカーボネートはガラスよりも熱伝導率が低く、外気からの影響を受けにくい素材です。

また、中空板では板の中にある空気の層が、さらに熱が伝わるのを防いでくれます。

外気の影響を受けにくくなれば、室内の水蒸気が窓辺で冷えて結露することがなくなりますね。

さらに、冷暖房効率が上がり、1年中電気代を抑えることが可能!

無駄な電気を使用せず、エコにも繋がりますね♪

【防音効果】

内窓を取り付けたことで、防音効果が上がったと感じる方も多いようです。

ポリカーボネートの厚みにもよるのですが、ガラスと同等に音を防ぐことができるという実験結果があります。

車の音や人の声など、屋外の音は意外と気になってしまうものですよね。

道路に面した窓にポリカーボネートを貼ったり、内窓を作成したりすれば、防音効果が得られて快適に眠ることができそうです♪

【紫外線対策】

ポリカーボネートは、紫外線を通さないという性質を持つ素材です。

つまり、内窓に使用すれば、窓からの紫外線をカットすることができ、日焼け対策になるのです!

窓から差し込む日光による日焼けは、意外と盲点なので、内窓で対策できると嬉しいですよね♪

【目隠し効果】

ポリカーボネートの透明性は、ガラスほど高くありません。

また、内窓におすすめな中空板は、少し曇った見た目をしています。

つまり、ポリカーボネートを使用した内窓は、外からの視線をシャットアウトする働きもあるということ。

夏場で薄着になる方や、一人暮らしをしている女性にもおすすめです!

【防犯効果】

二重窓にすることで泥棒が侵入する際の手間が増え、家に入るのを遅らせることができます。

ポリカーボネートは、プラスチックの中で最も衝撃に強い素材。

ガラスと比較しても、200倍の割れにくさを誇ります。

そんなポリカーボネートを内窓に使用すれば、侵入時に泥棒が手間取り、周囲が異常に気づきやすくなります。

このように、ポリカーボネートの内窓は防犯効果も期待できるのです!

ポリカーボネートの特徴とアクリルとの違い

内窓に使用することで、さまざまなメリットがあるポリカーボネート。

そのポリカーボネートはどのような特徴を持っているか、アクリル、塩ビ、ガラスと比較した表がこちらです。

引用 オーダーガラス板.COM

ポリカーボネートとは、耐衝撃性や透明度に優れた素材で、カメラレンズやパーテーション、高速道路の透光板などにも活用されています。

-40℃~130℃までの温度に耐えられ、紫外線にも強いので、屋外での使用にも便利。

ガラスより軽くてカットもしやすいので、内窓に使用するのも容易です。

また、ポリカーボネートは、着火しても燃え広がらずに自然に消火できる、自己消火性という特徴を備えています。

火事になっても燃え広がる心配なしです!

ご家庭の内窓に使用するにはもってこいですね!

アクリルとの違いは?

DIYの材料として、よく耳にするアクリル。
カット、穴開け、曲げといった加工がしやすいのはアクリルです。

そのため、細かい加工が必要な場合は、ポリカーボネートよりもアクリルが向いています。

ただし、アクリルは可燃性であるため、万が一火事が起きた場合は燃えやすいという点に注意しましょう。

細かい加工が不要な内窓の場合は、自己消火性を備えているポリカーボネートがおすすめです。

ポリカーボネートの代用品はある?100均を徹底調査!

ポリカーボネートの代用品はある?100均を徹底調査!

ここまでは、ポリカーボネートの特徴や、期待できる効果についてご説明しました。

しかし、ポリカーボネートは性能が良いため、比較的高価な素材です。

もっと安くすませる方法はないの?

少しでも価格を安く抑えて効果を得たいあなたに、ポリカーボネートの代用となる商品を調査しました!

気軽に取り入れることができるよう、私が調査したのは100均のセリアとダイソーです。

結果は、100均でも以下のような効果を得られる代用アイテムを、見つけることができました。

  • 断熱効果
  • 目隠し効果
  • 防犯効果

100均のアイテムでは、すべての効果を同時に発揮する代用品はありません。

できるだけ価格を抑えたい方や、限られた効果で十分という方に、おすすめです。

【断熱効果】窓ガラス用断熱シート

窓ガラス用断熱シート

サイズ 約90×90cm
材質 ポリエチレン

こちらは、セリアで購入できるガラス窓用断熱シート。

梱包用のプチプチと似た見た目ですが、断熱シートの方がプチプチの密度が高く、より空気を含んでいます。

プチプチ内の空気が断熱効果を発揮し、夏は涼しく・冬は暖かくお部屋の温度を保ってくれるというわけです!

プチプチを貼ることでくもりガラスのようになり、同時に目隠し効果も得られます。

お得に2つの効果が得られる~

使用方法は、窓の大きさに断熱シートをカットし、両面テープ(別売)で直接貼るだけ。

意外と薄いシートなので、引き違い窓でも引っかかることなく使用できます。

賃貸の場合は、原状回復できるように、剥がせる両面テープを貼り付けましょう!

【目隠し効果】窓ガラス目隠しシート

窓ガラス目隠しシート

サイズ 約90×45cm
  • 無地(UVカット)
  • さくら

ダイソーでは、ガラス窓に直接貼ることで、目隠しが可能なシートを発見!

私が調査した店舗では、無地・さくらという2種類の柄がありました。

季節ごとに違う柄の商品が販売されそう♪

柄つきの場合は、お部屋の中で華やかな雰囲気を楽しみながら、外からの視線をシャットアウトすることができます。

また、無地タイプには紫外線を91%カットする機能も付いています。

日光を取り入れながら、日焼け対策をすることができ、一石二鳥です!

ステンドグラス風シール

サイズ 約62×23cm

ダイソーには、窓に貼ることでステンドグラスのように見える透明シールも販売されていました!

柄は数種類あり、お好みのものを選ぶことができます。

透明な部分もありますが、柄が大きいので外からの視線をシャットアウトする目的はしっかり果たせますよね♪

先程ご紹介した無地の目隠しシートと組み合わせれば、紫外線をカットしながらステンドグラス風の見た目が楽しめます。

110円(税込)で、一気におしゃれな雰囲気が叶うのね!

【防犯効果】窓ガラス用防犯フィルム

窓ガラス用防犯フィルム

サイズ 約40×30cm
無色透明

こちらはダイソーで購入できる、窓に貼るタイプの防犯フィルム。

窓に貼ることでガラスが割れにくくなり、泥棒が侵入するまでの時間を遅らせることができるという商品です。

一般的に、人目を避けたい泥棒は、侵入までに時間がかかる住居を避けると言われています。

家の周りでもたもたしている人は怪しいもんね…!

また、泥棒が無理に入ろうとして割れにくい窓を何度も叩くと、破壊音がしますよね。

その音で、異常を察知した周囲が侵入に気づくこともできます。

加えて、このフィルムを貼ったガラスは飛び散りにくくなるので、不意の事故や地震などの災害時にも安心です!

100均には、窓に貼ることでさまざまな効果を得られる商品があり、組み合わせて同時に複数の効果を得ることも可能!

あなたが求める機能があれば、100均アイテムもぜひ取り入れてみてください♪

まとめ

  • ポリカーボネートを窓に貼ることで、断熱効果が得られ窓の結露を防げる
  • ポリカーボネートは窓に貼るより、内窓として施工するほうが窓の開閉がしやすい
  • 【内窓キット】を購入すれば、必要な材料が揃い、すぐに内窓が施工できるので便利
  • ポリカーボネートの内窓には、断熱効果・防音効果・紫外線カット効果などが期待できる
  • ポリカーボネートは耐久性・耐衝撃性に優れ、自己消火性を備えている
  • 100均にも断熱効果・目隠し効果・防犯効果を得られる商品がある

ポリカーボネートには、さまざまな特性があり、内窓に使用することでいくつもの効果が期待できることがわかりました。

特に断熱効果は、電気代の節約にも繋がるので、取り入れたくなった方は多いのではないでしょうか?

内窓キットを使えば簡単に施工できるので、DIY初心者で不安に思われる方も、ぜひ試していただければと思います♪

関連コンテンツ(レスポンシブ)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする