キャンドゥにダンベルってあるの?100均の商品で運動を始めよう!

「よし、運動を始めよう!でも道具がないからな〜。」

「道具をいろいろ買いたいけれど、買い揃えるとお金がかかるし…。」

そんなあなた。
100均で運動グッズを買い揃えてみませんか?

私は、ダイエットのためにダンベルが欲しくて探していました。

ネットでダンベルについて調べていると、なんと100均にもダンベルがあることが判明…!!

さっそく家からすぐのキャンドゥに駆け込みました!

その時、キャンドゥにはダンベル以外にもたくさんの運動グッズがあることが分かりました。

運動グッズは、100均で買い揃えることが出来ますよ♪

今回はキャンドゥの運動グッズやセリア・ダイソーにダンベルは売っているのかのご紹介。

おすすめのダンベルの使い方までご紹介したいと思います!


キャンドゥにダンベルは売っていないの?

キャンドゥに到着!!
さあ、ダンベルダンベル…どこのコーナーだろう?

結論から言います。
キャンドゥにダンベルはありません。

過去にダンベルを販売していたことがあるようですが、店員さんに聞いたところ廃番になってしまったそうです。

残念…。
しかしキャンドゥに来て手ぶらで帰ったことがない私。

せっかくなのでダンベル以外に良い運動グッズはないのかどうか見てきました。

キャンドゥの他の運動グッズについては後半でご紹介しますね♪

まずはダンベル!
どこにあるの〜!?


セリア・ダイソーにはダンベルは売っているの??


諦めきれず、セリアとダイソーにも行ってきましたよ〜!

どんだけ100均好きなのー!

セリア

ネット情報だとセリアにダンベルはありそう。
わくわくしながら向かいました。

大きな店舗に行ったのですが、なかなか見つからない…!!

諦めて店員さんに聞くと「運動グッズはここに、これしかないんですけれど…」と案内してくれました。

売り場はなんとヘアアクセサリーコーナーの一角!!

こりゃ見つからないわ〜。

セリアは2店舗行ってみましたが、どちらもダンベルは売っていませんでした
売っていたのはこちらの商品のみでした。

  • アンクル&リストウェイト

手首や足首にベルトでしっかり固定できます。
約500gの重さがあります。

家事をする時やランニングをする時に少し負荷をかけたい、という方にはちょうど良さそう♪

ただし、いきなりつけたまま過度な運動をすると手首や足首を傷める可能性があります
少しずつ様子をみて使ってください。

ダイソー

もう100均にダンベルはないのかもしれない…。
ダイソーになかったらもうないだろう。

そう思いながら向かった先に…ありましたありました!!
さすがダイソー♪

ダイソーのダンベルがあるのは「衛生用品」コーナー。

ここにはダンベルの他にも健康グッズがたくさん売っていました!!

  • ウォーターダンベル

その名の通り、水を入れて使うダンベルです。
水を入れていない状態だと非常に軽いので、持ち運びに便利です。

水をいっぱいに入れると約1kgになります。
「1kgじゃ軽すぎるよ!」そんなあなた。

砂や土を入れて重くして使う人もいるみたいですよ。
中身の重さを変えられるのはいいですよね!

土を入れても、抜くのが面倒くさそうだけど…。

また、ウォーターダンベルは使わない時は水を抜いて保管することが出来るので置き場所に困らないという利点があります。

実家住まいの頃、急いでいて床にあった父のダンベルを蹴り上げて右足の薬指を靭帯損傷した私にはありがたすぎるダンベルです(笑)

  • ダンベル 約2kg

約2kgあるダンベルで、550円(税込)です。
2kgって軽そうなイメージですが、持ってみるとかなりずっしりしていました。

4歳の息子に持たせてみたところ、「重い〜!」と言ってすぐバトンタッチしてきました。

運動を始めようと思っている、特に女性の皆さんには重すぎるかもしれません

ダイソーには他に約1kgの100円のダンベルがあるようなのですが、私が行った2店舗では見つけることが出来ませんでした。

見つけたらすぐにゲットしたほうがいいかもしれません。

ダイソーだけではなく、低価格で売っているダンベルは重量が軽めです。

基本的にダンベルは、重くなると価格が高くなります。

100均の軽量のダンベルでも運動を始めたばかりの方であれば、筋肉に充分な負荷をかけることが出来ます。

筋トレに慣れている方でも、種目によっては軽量のダンベルが活かせることもあります。

100円だからといって質が低いわけではありません。

軽量のダンベルはゆっくりした動きで使うとさらに筋肉に効きます。

キャンドゥにあるダンベル以外の運動グッズとは?

さて、キャンドゥのアイテムの話に戻ります。
キャンドゥにはダンベルはありませんでしたが、たくさんの運動グッズが売っていました。

突然ですが、運動グッズってどのコーナーに置いてあると思いますか?

キャンドゥ内をぐるぐる歩き回ること10分…。
なんと!バス・トイレ用品のコーナーに!!

私が行った店舗だけかもしれませんが、もし見つからない場合はこちらのコーナー付近を見てみてください♪

キャンドゥにはダンベルはありませんでしたが、運動に使えるグッズがたくさん揃っていましたよ!

私がいいなと思った商品や実際に使っている商品をご紹介しますね。

アンクルウェイト

ながら運動にもってこいのグッズです♪
使い方は簡単。
足首に巻くだけです。

1つ約250gの重さがあります。
私は家で家事をする時に、こちらを両足につけて動いています。

250gって軽いですが、ずっとつけているとつけていない時より負荷がかかり、翌日は程よい筋肉痛になります。

保育園が一緒の子のパパは、これをつけてランニングをしていると言っていました。

私はランニングはちょっと無理かも…。

両足につけるので、2つ購入すると200円ですがそれでもお得ですよ♪

グリップフィットなわとび

どこにでも売っているなわとびです。
長さ調節可能です。

グリップが柔らかく、ずっと持っていても疲れません。

以前1,000円程度のカウンター付きのなわとびを持っていたのですが、なわとび自体が重く途中から使わなくなってしまいました。

こちらは軽いのでストレスなく跳ぶことが出来ますよ。

ただ、30歳を過ぎた私が一人でなわとびをしていると、通りすがりの人に不審な目で見られました(笑)

夜やるか、子どもと一緒の時に使いたいと思います!

ハンドグリップ

バネ強度が10kg、15kg、25kgのものがあります。

剥き出しで売っているので、握ってみてから購入することをおすすめします

ハンドグリップは主に握力強化のために用いられます。

テレビを見ながらでも気軽に出来るのが良いですよね♪

しかし、私は高校の時のスポーツテストで学年の女子の中でナンバーワンの握力を叩き出した握力女子です(笑)

鍛えていないのになぜか握力が強めです。
野球やらソフトボールやらやっているからでしょうか…。

とにかくあまり握力が必要と感じてはいないので、こちらは購入しませんでした。

ハンドグリップボール

こちらも握力トレーニングに便利です。
直径約58cmで女性でも握りやすいサイズです。

私は手が大きいから、大きすぎる!と思った方はごめんなさい。

ソフトな手触りでしっかりとした弾力性があります。

先ほどご紹介したハンドグリップよりも触り心地が良いです。

Stretcher

8の字タイプのトレーニングチューブです。
ゴムを伸縮させてトレーニングを行えます。

胸筋、背筋、腕などの筋力トレーニングやストレッチに最適です。

チューブの硬さが選べ、ソフトタイプとハードタイプがあります。

運動を始めようとしている方には、まずはソフトタイプがおすすめです。

主人がハードタイプを使っているのですが、私にはきつくてなかなか続けられませんでした。

運動は定期的に何度も繰り返すことが効果的です。
決して無理をしないようにしましょう。

Stretch tube

先ほどのStretcherの真っ直ぐバージョンです。
使い方はStretcherと同じです。

こんな感じで伸ばして使います。
ゆっくり、深呼吸をしながら行うとより効果的です。

私はキャンドゥのものではありませんが似たようなものを持っています。
すぐ筋肉痛がきますよ!

MINI BALANCE BALL

バランスボール、言わずと知れた運動グッズですね!

しかしこのバランスボール、直径20cmと非常に小さいのです!
小さいけれど、耐荷重は70kgの優れもの。

「バランスボールに乗りながらテレビでも見よう」は出来ませんのでご注意を。

例えば両膝でバランスボールを挟んで腰を落としてスクワットをする、などに使えます。

省スペースで手軽にエクササイズが出来るのが魅力的です♪

WALKING+LEGGINGS

正しい姿勢をキープしながらウォーキングを補助してくれるレギンスです。

7分丈と10分丈があります。
こちらは500円商品です。

キャンドゥにあると500円商品って「むむ、ちょっと高いな〜」と思いますが、女性の皆さん、レギンスが500円って安いですよね?

私は運動用のレギンスを4,000円でネット購入しました。

「ランニングに行こう」とやる気溢れる中、なんと1回めでレギンスに穴を開けてしまいました…!!

その日はもう走らなかったよね。

500円ならまだ諦めもつくのではないでしょうか。

高いものと比べると多少能力は劣るかもしれませんが、伸縮性があり運動に適しています

サウナスーツ

サウナスーツが100均で買えるって何事…!?
上半身用と下半身用があります。

これを着て運動するといつもより汗がかけると評判の商品です。
ただしこのサウナスーツ、相当薄いです。

すぐに破けてしまった、という口コミも多かったので使い捨て程度に考えた方がいいかもしれません。

ダンベルを使って、ダイエットを始めよう!

さてダンベルが手に入ったら、あなたは何を目的に運動を始めますか?

健康のため?筋肉をつける?
私はもちろん、ダイエット!!

第二子を出産してから数ヶ月、まあ〜痩せない!!

出産前からプラス6kgを維持し続けています…。

出産前にはヨガに通っていましたが、子どもが2人いるとなかなか時間も取れず。
ある日お風呂で鏡を見て驚愕…!!

肉の塊が…!!

翌日からダイエットをしようと心に決めました。

とはいえ、ジムには通えないので自宅でダイエットを始めるしかない。

そんなとき、ダンベルはとっても使えますよ♪
運動が苦手な方でも続けられるものをご紹介するので、ぜひ見ていってくださいね!

二の腕引き締め!トライセップスキックバック

女性の方、二の腕気になっていませんか?
特に夏には二の腕を出して颯爽と歩きたいですよね〜。

ダイエット経験者ならよくご存知かと思いますが、二の腕ってなかなか細くならないんですよね。

ダイエットはとにかく「継続は力なり」です。
とにかく根気よく続けていけば確実に成果は上がります。

私は第一子出産後にダンベルダイエットで8kgの減量に成功しました

その時に一番多く取り入れていたのが、このトライセップスキックバックです。

二の腕の筋肉は、力こぶ側とたるみやすい裏側に分けることができます。

キックバックで鍛えられるのは、たるみやすい裏側なので、二の腕痩せにぴったりのトレーニングなんです。

【手順】

  1. 右手にダンベルを持って、机か椅子に左手と左膝を乗せます。
  2. 背筋をまっすぐ伸ばし、右肘の角度を90度にして肘を動かさないように注意しながら肘を伸ばしていきます。
  3. 肘を伸ばしきってから、ゆっくりと元の位置まで戻します。
  4. 可能なら10回3セットやってみましょう。
  5. 逆側も同様に行いましょう。

コツは深呼吸をしながらゆっくり行うことです。

二の腕を引き締めるだけでなく、代謝アップにもつながりますよ。

くびれを作る!!ダンベルクランチ

下っ腹がぽっこりしている…
そんなぽっこりお腹が気になっているあなた。

私もです!!
ぴったりした服を着た時、下っ腹が目立つんですよね〜。

ダンベルクランチはお腹の表層の筋肉である腹直筋、さらにお腹の奥にあるインナーマッスルにも効果があるトレーニングです。

【手順】

  1. ダンベルを胸の上で構えて、床に仰向けになります。
  2. ダンベルを上に押し出しながら息を吐き、上半身をゆっくり起こします。
  3. ダンベルを上げきり、息を吐きながら顎を引き、腹直筋を完全に収縮させます。
  4. ゆっくりと元に戻り、再び上半身を反動を使わずに起こしていきましょう。
  5. 可能なら10回3セットやってみましょう。

始めは毎日やる必要はありません。
1日おきか2日おきにやってみてくださいね♪

太もも痩せとヒップアップに!!ダンベルスクワット

太ももが細くなりたい…
キュッと上がったお尻になりたい…

女性なら憧れるのではないでしょうか?
足ってむくみやすい方も多いし、悩みの種ですよね。

私は長年続けてきたバドミントンで下半身がかなりがっちりしています。

華奢なスタイルに憧れて、何もせずはや○十年…。
とにかく何かしなければ!!

ダンベルスクワットは最初は軽量から始めて、徐々に重くすると効果がアップするようですよ♪

【手順】

  1. ダンベルを持って、肩幅と同じくらいに足を開きます。
    この時、つま先は少し外側に向けるようにしましょう。
  2. 両膝はつま先より出してはいけません。
    お尻は遠くの方にあるイスに腰かけるイメージで突き出します。
  3. 胸を張って背筋を伸ばしましょう。
  4. かかとに重心を置きながらお尻と床が平行になるように腰をゆっくり下ろします。
  5. 膝とお尻が同じ高さになったら、元に戻ります。
    お尻の穴を締め上げるイメージで!
  6. 可能なら10回3セットやってみましょう。

回数よりもフォームを意識しましょう。
使われている筋肉を意識するとより効果が増しますよ。

ダンベルを使って、筋トレをしてみよう!

続いて、ダンベルを使って筋トレをしてみましょう!

スポーツジムに通いたいけれど、なかなか通えない方って多いですよね。

私は学生時代にスポーツジムの受付で3年間アルバイトをしていました。

月に1回来るか来ないか、中には半年来ていない方もかなりの数いらっしゃいました。

結局連絡すると忙しくて行けないから辞めてしまう…という方が多かったです。

特に子育て世代のママさん。
小さい子どもがいるとスポーツジムに行く時間、ないですよね?

私はフルタイムで仕事、仕事のあとは保育園のお迎えで平日はいっぱいいっぱい。

土日は子供の習い事や公園遊びでスポーツジムに行きたくても不可能でした。

自宅で子どもが昼寝をしている時間、朝早起きした時間を筋トレにあててみませんか?

少し身体を動かすだけで、とてもリフレッシュ出来ますよ。

最初は筋肉痛がきついけど…そこを乗り越えよう!

今回はダンベルを使って出来る、簡単な筋トレを3つご紹介させてもらいます!

上腕三頭筋に効く!ダンベルフレンチプレス

まず上腕三頭筋ってなに?ですよね!
上腕三頭筋とは腕を伸ばした時によく出る筋肉です。

このイラストで想像出来ますでしょうか?
トライセップスキックバックと同様、二の腕に効果的です。

やり方はとっても簡単なので、初心者でも気軽に取り組むことが出来ます。

【手順】

  1. 1つのダンベルを両手で持って、手を頭の後ろに回します。
  2. 肘を伸ばして、ダンベルを頭の上に持ち上げます。
  3. 肘を曲げて、ダンベルをゆっくり下ろします。
  4. この上下運動を15回3セット行います。

ダンベルフレンチプレスを行う時は、肘が動かないように注意しましょう。

頭の後ろで行うので目に見えにくいため、鏡の前でやると分かりやすいです。

上腕二頭筋に効く!ハンマーカール

上腕二頭筋とは、「力こぶ」と呼ばれている筋肉です。

男性ならここを鍛えて、筋肉ムキムキになりたいという方は多いのではないでしょうか。

女性はムキムキにはならなくても良いと思いますが、上腕三頭筋とバランス良く鍛えないと腕の形が悪くなってしまいます

ダンベルフレンチプレスと一緒に行うと効果的です。

【手順】

  1. 背筋をしっかりと伸ばし、ダンベルを握っていない方の手はまっすぐに下ろします。
  2. ダンベルをゆっくりと上げ、肘の角度が45度になったところで止めます。
  3. ゆっくりとダンベルを下げていきます。
    この時、肘がまっすぐにならず、軽く曲がる程度のところまでダンベルを下げます。
  4. この上下運動を15回3セット行います。

上腕二頭筋の外側をピンポイントに鍛えることが出来る方法です。
重要なのは背筋を伸ばすことです。

背中が曲がっていると、フォームが安定せずに効果が上がりません。

背筋に効く!ダンベルデッドリフト

背中全体を鍛えられるトレーニングです。
背中って自分では見えないので油断しがちですが、脂肪がつきますよね。

指でつまんでみてください。
結構つまめます。
そして落ち込みます(笑)

背中は脂肪をつけないことが一番ですが、なかなか難しいですよね。

ダンベルデッドリフトのやり方を覚えておけばもう安心。

背中の引き締め、さらには美姿勢を作ってくれますよ。

ただし、こちらは正しいやり方で行わないと腰痛の原因になりますので注意しましょう。

下の絵はイメージ図です。
100均のダンベルが2つあれば、同じ動作を行うことが出来ます。

【手順】

  1. ダンベルを2つ持ち、足を肩幅に広げます。
  2. 肩を落として、背中を広げるイメージで胸を前につき出します。
  3. ダンベルを床に着く直前まで下ろします。
  4. 同じ軌道で立ち上がりながらダンベルを引き上げていきます。
  5. この上下運動を15回3セット行います。

ダンベルを持ったまま身体を倒す姿勢になるだけでも、肩や背中の筋肉にアプローチ出来ます。

身体を起こす時には下半身の筋肉も使われるため、ヒップアップ効果もありますよ♪

まとめ

  • キャンドゥにダンベルは売っていない。
  • 100均でダンベルを買うなら、ダイソーへGO!
  • キャンドゥにはたくさんの運動グッズが売っている。
  • ダンベルを使ってダイエットするなら、トライセップスキックバック・ダンベルクランチ・ダンベルスクワットがおすすめ!
  • ダンベルを使って筋トレをするなら、ダンベルフレンチプレス・ハンマーカール・ダンベルデッドリフトがおすすめ!
  • 運動は継続することが大事。無理せず少しずつチャレンジしよう!

いかがでしたでしょうか。

今回は100均のダンベル販売状況やダンベルを使った運動の仕方をご紹介しました。

また、残念ながら100均には2kg以上のダンベルは売っていません

もし軽いダンベルでは物足りなくなってしまった…という場合には、スポーツ用品店やネットで購入してみてください。

100均の運動グッズで、あなたの生活の中に身体を動かす習慣を取り入れましょう♪

そして心も身体もリフレッシュして、さらに楽しい毎日を過ごせることを祈っています。

関連コンテンツ(レスポンシブ)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする