※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。




高カカオチョコレートは食前何分に食べると良い?体への効能をご紹介!

記事内に広告が含まれています

あなたは、高カカオチョコレートを食前に食べると体に良いと知っていましたか?

私も毎日食べていますが、食事の前に、しかも何分前に食べるかなんて気にしていませんでした。

あるテレビ番組では「高カカオチョコレートを食前に食べると太らない」というダイエット企画が紹介されて話題に!

食事の何分前に食べたらいいの?

結論から言うと、高カカオチョコレートは食事の直前に食べると体に良いんです!

本記事では、高カカオチョコレートは食事の何分前に食べると良いのか、どうして食前なのかを解説していきます。

また、高カカオチョコレートの効能や、テレビ番組でのダイエットの詳細もお伝えします。

高カカオチョコレートのパワーに、あなたも驚き、食べる事を習慣にしたいと思うはずです!

高カカオチョコレートは食前何分に食べると良い?

正直に言うと、私は「高カカオチョコレートは体に良い」くらいしか知りませんでした。

「食前何分に食べる」という事は全く気にせず、ただ毎日食べていただけです。

調べてみたところ、高カカオチョコレートは食事の直前に食べるのがいいんです!

また、1日に何回食べればいいのか、どのくらいの量を食べてもいいのかも気になりますよね?

この章では、高カカオチョコレートは食事の何分前に食べると良いのか、1日に食べていい量について解説していきます。

【答え】食事直前に!1日5回に分けて食べる

高カカオチョコレートの効能を発揮させる食べ方をお伝えします。

食事の何分前に食べればいいの?
食事の直前に食べましょう!

1日にどのくらい食べていいの?
朝食・昼食・夕食の食前と、間食2回の計5回に分けて5gずつ、1日合計25g食べましょう!

25gを5回に分けて食べるのには理由があります。

  1. 有効成分がきちんと働く量やタイミングだから
  2. 毎日食べても体に悪い影響を与えない量だから

72%高カカオチョコレートを1日25g食べると、1か月後に最高血圧と最低血圧が低下したという研究結果があるんです。

また、3食だけでなく、食間も食べるとチョコレートの効能を継続させ、血管を守り、脳を活性化させる事ができます。

チョコレートの効能が作用する時間は2~3時間と言われているので、こまめに摂取した方がいいのです。

高カカオチョコレートってどんなチョコの事?

高カカオチョコレートとは、具体的にどのようなチョコレートかご存じですか?

高カカオチョコレートとは?

カカオの含有量を70%以上まで増やして、カカオ以外の成分(砂糖や乳脂肪分)を極力抑えたチョコレート。

カカオの成分は「%」で示されているが、多いほど甘さが控えめになる。

スーパーなどで手軽に購入できる高カカオチョコレートといえば、「チョコレート効果」が有名ですよね!

引用 明治公式

チョコレート効果は、1枚5gですので、1回1枚ずつ、合計5枚食べればいいのです!

他メーカーのチョコレートでももちろん構いませんが、選ぶ時に注意する点があります。

原材料を確認し、最初に植物油脂やココアバターと書かれているものは避けた方が良いです。

最初に書かれているのは配分が最も多いためで、これらが多いと脂質が高くなってしまうからです。

ちなみに、チョコレート効果の原材料は「カカオマス」から始まっていますよ!

高カカオチョコレートの効能を提唱したのは?

「高カカオチョコレートを食前に食べると良い」と提唱しているのが、栗原毅(たけし)先生です。

栗原先生は、生活習慣病の予防・治療のために栗原クリニック東京・日本橋を開院されている医師です。

健康的な血液の代名詞ともなっている「血液サラサラ」を提唱したお一人でもあります。

引用 栗原クリニック東京・日本橋公式

<栗原先生からのアドバイス>

まずは3か月間続けてみましょう。

カカオの含有量が多い方が効果はあります。

しかし食べ続ける事が大切なので、70%以上のものなら自分に合うものを選ぶべきです!

著書も多数ありますので、ぜひ読んでみてはいかがでしょうか?

【栗原先生の著書】

created by Rinker
笠倉出版社
¥990 (2024/04/16 09:17:39時点 Amazon調べ-詳細)

高カカオチョコレートは食前で血糖値が?!効能も紹介!

高カカオチョコレートを食べるタイミングや量についてはお分かりいただけたと思います。

ではなぜ、食前に食べると良いのでしょうか?

食前に食べると良い理由は、血糖値が大きく関係しています。

この章では、高カカオチョコレートを食前に食べると良い理由を詳しく解説していきます。

血糖値の上昇や糖質の吸収をゆるやかにする

高カカオチョコレートを食前に食べると、主に2つの作用が働きます。

  1. 血糖値の急上昇を抑えられる
  2. 糖質の吸収をゆるやかにできる
血糖値が高いと体に悪いの?

血糖値は食事を摂ると上昇しますが、常に血糖値が高い状態は、糖尿病やメタボリックシンドロームなどの生活習慣病につながってしまいます。

生活習慣病は、日本人の2人に1人がなると言われている「がん」も生活習慣病の1つで、一度かかってしまうと治すのに時間がかかります。

血糖値がゆるやかだと、インスリンという物質が正常に分泌されて栄養分の適度な吸収につながるのです。

高カカオチョコレートがもつ主な2つの作用は、食事よりも先に摂取する事で発揮されます。

血糖値は、食事を始めると同時に上がり始めるので、とにかく食前に摂るのが大切なんです。

①血糖値の急激な上昇を抑えられる

高カカオチョコレートを食前に食べると、血糖値が急激に上がるのを抑えられます。

これは、ベジファーストの原理と同じです。

ベジファーストって?

食事の時に、野菜を1番最初に食べる事。

野菜に含まれる食物繊維の働きで、食後の血糖値の上昇をゆるやかにできる。

また、食物繊維はよく噛む事が求められるので、満腹感につながり、食べ過ぎを防ぐ。

高カカオチョコレートも、野菜と同じように食物繊維が豊富なんです!

「ベジファースト」ならぬ「チョコファースト」ですね♪

高カカオチョコレートを食前に食べると、セカンドミール効果も期待できます。

セカンドミール効果って?

最初に摂る食事(朝食)が、次に摂る食事(昼食)後の血糖値にも影響を与え、食後の血糖値をゆるやかに上げてくれる事。

1つ前の食事が影響を与えるという観点から、間食の内容が良いと、次の食事(昼食や夕食)に良い影響を与えられる。

ですから、間食にも高カカオチョコレートを食べるといいんですね!

食事を3回規則正しく取る事も、血糖値をゆるやかに上げるのにとても重要です。

食事をしない時間が長くなると、次の食事で血糖値が急上昇してしまうからです。

②糖質の吸収をゆるやかにしてくれる

血糖値が急激に上がると、インスリンが大量に分泌されて、取り込まれた糖質という栄養分をどんどん脂肪に変えてしまいます。

高カカオチョコレートは、糖の吸収をゆるやかにし、体に脂肪がつきすぎないようにしてくれるのです。

食前に食べると良い理由がお分かりいただけましたか?

高カカオチョコレート自体が、血糖値を上げにくいとされている低GI食品で、満腹感を持続させてくれる効果をもっています。

高カカオチョコレートは、血糖値の救世主ね!

高カカオチョコレートの体への効能

ここからは、高カカオチョコレートに含まれている成分と効能をご紹介していきます。

【成分①】カカオポリフェノール

赤ワインやコーヒーなどにも含まれている成分ですが、チョコレートは特に豊富に含まれています。

原料のカカオ豆に含まれるポリフェノールの量は、植物性の飲食物中でトップクラスなんです!

自然食品からポリフェノールを摂るのは意外と難しいので、チョコレートはうってつけです♪

ポリフェノールには、体への効能がたくさん含まれています。

<ポリフェノールがもつ効能>

効能の内容 詳細
血圧の低下 血管を広げてくれる作用がある
動脈硬化の予防 動脈硬化の原因であるコレステロールの酸化を抑えてくれる
美容の効果 肌の老化の原因である活性酸素が引き起こすトラブルを防ぐ
脳を活性化させてくれる 記憶を司る脳の機能に働きかけて認知機能を高める
【成分②】レプチン

レプチンは、食欲を抑えてくれます。

肥満治療薬として活用する事が期待されているほどの成分です。

【成分③】食物繊維

高カカオチョコレートに含まれているカカオマスには、リグニンという食物繊維が含まれています。

食物繊維には、血糖値の急上昇を抑える以外にも、便通を良くする効能をもっています。

リグニンは水に溶けないので、消化・吸収されず、大腸まで運ばれます。

便のカサとなり、大腸を刺激してくれるので便通が良くなります。

デメリットもあるので摂りすぎには注意を!

高カカオチョコレートが、体に悪い影響を及ぼす場合もあります。

【デメリット①】テオプロミンやカフェインなどの影響

チョコレートには、テオプロミンやカフェインなどの成分が入っています。

これらの成分には、興奮作用や利尿作用が含まれています。

成分の作用で、寝つきが悪くなったり、夜トイレに行きたくなってしまったりする事があります。

高カカオチョコレートには、これらの成分が普通のチョコレートの4倍ほど入っている商品もあり、注意が必要です。

また、高カカオチョコレートは、まれにアレルギーを起こす人もいます。

初めて食べる方は、アレルギーが起きる可能性もあると頭に入れ、くれぐれも大量に摂取しないようにして下さい。

【デメリット②】脂質やカロリーが高い

高カカオチョコレートにも脂質や糖質が含まれています。

中には、普通のチョコレートの1.2~1.5倍の脂質が含まれているものもあるんですよ!

「体に良いから」と大量に食べると、脂質やカロリーの摂りすぎにつながりますので、気を付けて下さい。

高カカオチョコレートの食前ダイエットは効果がある?

「高カカオチョコレートを食前に食べると良い」という話は、あるテレビ番組がきっかけで知った方も多いのでは?

日テレ系「それって!?実際どうなの課」という番組で、お笑い芸人のチャン・カワイさんが試したダイエット企画です。

この章では、高カカオチョコレートの食前ダイエットは効果があるのかを、番組の内容とともにお伝えしていきます。

ダイエット企画はどのように行われた?

ダイエット企画の趣旨はこちらです!

高カカオチョコレートを食前に食べると何を食べても太らないのか?

本記事でご紹介した栗原先生の提唱を基に、チャン・カワイさんが体を張って検証しました。

【それって!?実際どうなの課】 次回予告(2022年3月9日放送)

引用 YouTube公式

検証の方法は以下の通りです。

  • 検証は3日間行われた
  • 1日4食(朝・昼・間食・夜)の毎食直前にカカオ70%以上の高カカオチョコレートを食べた(3日目だけは7食)
  • 食事の量は増えても、食べるチョコレートの量は5g
  • 1日4000キロカロリーを超える高カロリーの食事をした
  • 翌日体重を測定した

「ダイエット」という言葉が使われていましたが、栗原先生はあくまでも「太らない」と強調されていました。

検証が始まる前のチャン・カワイさんの体重は96.6キロでした。

さあ、いよいよ検証開始です!

【検証1日目】
1日目の食事内容はコチラ!
朝食 かつ丼
昼食 チキン南蛮定食
間食 チョコレートケーキ
夕食 ハンバーグ定食
カロリー合計 約4,100キロカロリー

一般男性の1日における摂取カロリーの目安は2,200±200キロカロリーなので、約2倍を摂取しました。

【検証2日目】

さて体重は?

93.0㎏でした!何とマイナス0.6キロだったのです!
チャン・カワイさんも驚きです!

朝の体調をスタッフに聞かれたチャン・カワイさんは、こう答えます。

体調はとても良く、便がよく出る!

脂っこい料理ばかり食べているので、体調が悪くなりそうなものですが、逆に良いとはなぜ?

高カカオチョコレートの食物繊維における便通効果が発揮されているからです!

便が出るのって、健康にとってとても大切なのね!
2日目の食事内容はコチラ!
朝食 カツカレー
昼食 特盛牛丼
間食 ショートケーキ2個
夕食 ミックスフライ定食
カロリー合計 約5,300キロカロリー

「それって!?実際どうなの課」でのチャン・カワイさんのダイエット企画は恒例で、食事後はソファでごろ寝が定番でした。

しかし、スタッフは今までとは違う事に気づきます。

今回は、横にならずに座っている!

なぜかというと、インスリンという物質の分泌が抑えられているからです。

インスリンがたくさん分泌されていると食後の眠気を誘うとともに、太りやすくなります。

高カカオチョコレート効果で、インスリンの分泌が抑えられて、太りにくい状態なんです!

合計摂取カロリーは、1日目を約1,300キロカロリー超えてきました。

【検証3日目】

チャン・カワイさんの胃は、前日の高カロリーメニューに耐えられず、若干の胃もたれを起こしていたようです。

では体重は?

93.3㎏!検証前よりも、まだマイナスの状態を維持しています!

ですが、最終日は追い打ちをかけるように、高カロリーメニューのオンパレード!

3日目の食事内容はコチラ!
朝食 かつ卵とじカレー
間食① アイスクリーム
昼食 中華定食(内容は天津飯・から揚げ・餃子)
間食② マヨネーズたっぷりたこ焼き
間食③ カスタードクリームたっぷりベーグル
間食④ ポテトチップス
夕食 カツ&ハンバーグ&牛丼&コロッケ
のせ丼
カロリー合計 約5,700キロカロリー

すごいですよね、こんなに欲望に任せた食事をしてみたいです…。

3日間で何と総重量約7.5㎏、カロリー摂取量は約15,300キロカロリー

さあ、体重がどうなったか、気になりますよね?

4日後の体重は一同驚きの結果!効果はあった!

3日間の検証が終わったチャン・カワイさんの体重は、なんと93.4㎏でした!

高カロリーの食事をおもうがままに食べても、実質0.2㎏体重が減り、ダイエット成功という衝撃の事実!

この結果には、栗原先生も驚きました。

ダイエットは食事制限が我慢できずに挫折してしまう方も多いのではないでしょうか?

「高カカオチョコレートを食前」だけで食事を気にせず、太らないなら最高ですよね!

まとめ

  • 高カカオチョコレートは、食事直前に食べ、1回5gを毎食前と食間2回の計5回に分けて食べると良い
  • カカオ分が70%以上のものを高カカオチョコレートと言い、医師の栗原毅先生が高カカオチョコレートの効能を提唱している
  • 食前に食べると良いのは、血糖値の急激な上昇を抑えられ、糖の吸収をゆるやかにできるからである
  • 高カカオチョコレートの成分には、興奮作用や利尿作用が含まれているので、摂りすぎには注意すべきである
  • あるテレビ番組で「高カカオチョコレートを食前に食べれば何を食べても太らない」という仮説を検証する企画が行われた
  • 検証の結果は、3日間で約15,300キロカロリーを摂取したのに体重が0.3g減った

本記事では、高カロリーチョコレートを食事の何分前に食べると良いのか、どうして食前なのかについて解説しました。

スーパーでも手軽に購入でき、無理なく体重コントロールや生活習慣を予防できるので、かなりおすすめの食品です。

あなたもこの機会にぜひ、高カカオチョコレートを食べてみてはいかがですか?

関連コンテンツ(レスポンシブ)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする