表札はどこで買う?後悔しない選び方からメンテナンスまで徹底解説!

家の顔とも呼べる「表札」。
表札が欲しいと思っても種類が多くて、どこで買うのが良いか迷ってしまいませんか?

結論から言いましょう。
表札の購入は、低価格なら通販やホームセンター、こだわるなら専門店やクリエイター依頼が最適!

取り付けまで依頼するなら、ハウスメーカーや外構業者がおすすめです!

表札なんてどこで買うのも一緒でしょ?
そもそも表札なんて出さなくてもいいでしょ?

かつての私は、そう思っていました。
選び方を知らなかったため、どこで買うのが良いか分からなかったのです。

しかし今や私は理想の表札を見つけ、玄関横にしっかり取り付けています。

ここでは表札を購入するに至った私の経緯と共に、後悔しない選び方から長持ちさせる使い方まで、まるっとご紹介したいと思います♪


表札をどこで買うか迷ったら?おすすめ購入先をご紹介!

表札の購入方法は大きく分けて2つあります。

  • 自身で探して購入する方法
  • ハウスメーカーや外構業者で購入する方法

自身で探しても、業者に頼んでも表札の品質は変わりません。

自身で探して購入する場合は、入居までの時間に余裕を持って購入しましょう。

ここでは、こだわり別に厳選した表札のおすすめ購入先をご紹介します♪

  • Amazon
  • カインズ
  • サインデポ
  • 表札屋ドットコム
  • ハウスメーカーや外構業者
  • クリエイター依頼

通販サイトやホームセンターで購入する

普段利用している通販サイトやホームセンターでも、表札を取り扱っていることが多いです。

通販サイトは手軽ですが業者の数も多いので、口コミや記載内容をしっかり確認しましょう。
業者によっては半月以上かかる場合があります。

  • Amazon

ご存知有名な通販サイト「Amazon」。
レビュー機能により、手元に無い商品の雰囲気を知ることが出来ます。

最短2日の発送は、入居までに時間の無い人にも助かりますね。

スピードとコスパを極めた表札が欲しいなら「Amazon」一択です!

Amazonの良い点
  • 種類や価格帯のバリエーションが豊富。
  • 好みに合った表札が見つかりやすい。
  • 配送無料の表札が多い。
  • 早いと2〜3日以内に発送してくれる。
 
Amazonの残念な点
  • 専門店で頼むより自由度が低い印象。
  • 品質が均一でない。

お近くのホームセンターでも表札を注文できます。
ホームセンターは文字通り、住宅用品に関して抜群の品揃えを誇ります!

どこで買うか迷ったら、近くのホームセンターへ行ってみるのもいいでしょう。

  • カインズ

引用 カインズ

関東地方を中心に、多くの地方でホームセンターを展開している「カインズ」。

カインズのオリジナル商品は、おしゃれで実用性が高いと大人気です。

リーズナブルで品質の高い表札が欲しいなら「カインズ」がおすすめです!

カインズの良い点
  • リーズナブルで種類が豊富。
  • 珍しいキャラクターデザインを取り扱っている。
  • 実店舗に出向くことができるので、問い合わせをしやすい。
 
カインズの残念な点
  • 店頭に行ってもカタログ注文になる。
  • 実物を確かめられるのは一部の表札だけ。
  • インターネット注文の場合、北海道・沖縄・各離島は配送不可。
        •  
  • ニトリ

ホームセンターといえば有名な「ニトリ」も欠かせませんよね♪

しかしニトリの公式サイトに、表札は見当たりません。

有りそうで無かった!
ニトリの表札はどこで買うことができるのか、コールセンターに問い合わせた結果…。

ニトリには表札のお取り扱いが無い、という回答をいただきました!

その代わり、ニトリの商品を使った手作り表札が人気のようです。

シンプルかつおしゃれなニトリの製品は、表札の材料にもピッタリですね。

表札専門店で購入する

品質の高い専門店なら間違いなしです!
ただし高価なものもありますので、予算としっかり相談しましょう。

  • サインデポ

引用 サインデポ

表札をどこで買うか迷ったら、まずは見てほしい表札専門店サイトです。

想像以上のオシャレさに選ぶのが楽しくなりますよ!
とにかく素材が豊富で、様々なテイストの表札を選ぶことが出来ます。

品質とデザイン性の高い表札が欲しいならサインデポがおすすめです!

サインデポの良い点
  • 通常の表札だけでなく、二世帯住宅用表札やペット用表札も購入できる。
  • 希少な焼き物素材の表札が豊富。
  • インテリアに沿った特殊なデザインの表札が多い。
 
サインデポの残念な点
  • 通販やホームセンターと比べると高価。
  • デザイン案が4案目から有料になる。
  • 北海道と沖縄は必ず送料がかかる。
  • 表札屋ドットコム

引用 表札屋ドットコム

ステンレス素材を中心に、木やタイルなどの素材も取り扱っています。
注目すべきは書体のデザイン性です!

個性的ながら読みやすく嫌味がありません。
スタイリッシュで、個性的なデザインの表札が欲しいなら表札屋ドットコムが一押しです!

表札屋ドットコムの良い点
  • 個性的でおしゃれなステンレス表札が多い。
  • 書体が豊富で高級感がある。
  • サンプル製品がレンタルできるので、イメージを掴みやすい。
  • 独自の取り付け金具により自身で簡単に取り付けられる。
 
表札屋ドットコムの残念な点
  • ステンレス以外の表札が少ない。
  • 最低価格が1万円以上となっており、比較的高価である。
  • 素材の種類は少なめ。

ハウスメーカーや外構業者で購入する

新築や外構工事の際に、一緒に表札を購入する方法です。

取り付けの料金も含まれていますので、表札単体の価格より高くなります。

表札を自身で取り付けられない場合や、壁や柱の材質が特殊な場合は業者に頼みましょう。

表札制作の隠れ番長!クリエイターさんに依頼してみる

オリジナリティあふれる表札が欲しいなら、クリエイターさんに依頼するのもおすすめです。

  • ミンネやクリーマなどのクリエイター通販サイトを利用する。
  • クリエイターさんのホームページから直接依頼する。

といった方法で依頼出来ます。

ただし選んだ表札によっては、自身のイメージと大きくかけ離れてしまう場合があります。

説明をよく読んで、納得した上でオーダーしてください。

使う素材やデザイン料などの関係で、思ったより高価になることがあります。

価格や今までの実績などをしっかり見て決めないと失敗するかも…
ちなみに私の家の表札は、書家さんに直接依頼して作っていただきました!

ドラマが大好きな私。
お気に入りだったドラマの題字を書かれた書家さんに、表札を直接依頼できることを知りました。

すぐに公式サイトから見積もりをお願いしましたが、あえなく撃沈…。

私と同じように希望する人が多いのか、制作時間も制作費も想像以上でした。
時間と予算に余裕があったら欲しかった…。

有名な人ですと個人の依頼を
受けていない場合もあります!
それでも諦めきれなかった私は、探して探して比較的安価で制作してくれる書家さんを見つけました!

その表札がこちら。
全てをお見せ出来ませんが、満足していることだけは間違い有りません。

表札選びに振り回されて思うのは、一番求めたい部分に妥協してはいけないということ。

後から気づいたのですが、私が一番求めていたのは「手書きの表札」だったのです。

もちろんお願いした書家さんの字には大満足です。
しかしそれ以上に、一点物の手書き表札であることが私の心を満たしてくれました。

そして苦労して探し回ったことが良い思い出となり、今は愛着もひとしおです。

自分が表札に求めるものを諦めなければ、愛着を深く感じられる運命の表札に出会えるはず!
ぜひ吟味して表札を選んでみてくださいね。


表札を手作りして発見!購入品と違うのはアレ!?

ここまでは、コスパや品質に強いお店をご紹介してきました。

それでも納得できる表札が見つからなかった人には、手作りするという方法もありますよ♪

しかし私は実際に作ってみて、手作りの難しさを実感しました。

  • 見た目や耐久性を優先するなら購入品
  • 価格を優先するなら手作り

という結論に至った私の体験を今からお話します!

表札をDIYするならコスパ最強の100均へ行こう!

手作り表札には欠かせない100均。
今回は実際に100均で材料を揃えて、手作り表札を作ってみました!

ちなみに私は、どちらかといえば不器用です。
不安を胸に向かったのは、人気の100均ショップ「Watts(ワッツ)」です。

可愛くてオシャレな雑貨が多く、セリアやキャンドゥで扱っている商品も買うことが出来ます。

今回はこちらの材料で、手作り表札に挑戦したいと思います。

 
材料
  • 木製トレー
  • ラッカースプレー(透明)
  • マスキングテープ
  • ガラスもしくはクラフトタイル用接着剤
  • ローマ字シール
  • マグネットシート
  • 黒猫の飾り
  • ガラスタイルシール

※全てワッツで揃えました!

  1. あらかじめ木製トレーにラッカー(ニスや防水スプレーでも可)を吹き付けて、十分乾かします。
  2. 木製トレーの裏にマグネットシートを貼ります。
  3. ガラスタイルを接着したくない面には、マスキングテープを貼っておくと楽です。
  4. 接着剤でガラスタイルを貼ります。
    少し不揃いなところは、手作りの醍醐味ですね。
  5. ローマ字シールを貼ります。
    油性ペンやアクリル絵の具を使いましょう。
  6. ちょっと寂しいので、猫の飾りを付けてみました。
  7.  完成です♪作業時間は45分程でした!(乾燥時間を除く)

出来上がったものを玄関に飾ってみました!
案外可愛いと思うのは、作っていくうちに愛着が湧いたからでしょうか?

しかし大満足で撮影を終えた後、悲劇が待っていました。

息子が触って机の上から落としてしまったところ、一部破損しちゃったんです。
せっかく愛着が湧いたところだったのに…!

お分かりでしょうか。
手作りの表札は愛着が湧くものの、耐久性は保証できません!

またプロ仕様の塗料ではないので、防水性にも疑問が残ります。

手作り用の素材は劣化しやすい場合があり、定期的に表札を作り変えていきたい人におすすめです!

梅雨や日差しの強い日は
室内に入れておこう!

表札は結局どちらが良い?購入品と手作りを徹底比較!

実際に表札を手作りしてみると、その圧倒的なコスパに驚きました!
 
耐久性がイマイチなのも、コスパを考えれば当然なのかもしれません。
 
安いから品質が悪い、というわけではありません。
耐久性が高いからといって、手作りに勝っているというわけでもありません。
 
迷った時は購入品と手作りの特徴を比較して、総合的に判断すると失敗が少なくなります!
 
以下で購入品と手作りのメリット・デメリットをご紹介します。
是非、表札選びの参考にしてみてください♪
購入品のメリット
  • 耐久性や防水性が手作りに勝る場合が多い。
  • 手作りより完成度が高い。
購入品のデメリット
  • 価格は幅広いため高価なものがある。
  • 同じものを使用している人がいるかもしれない。
  • 不良品以外の返品が出来ない場合がある。
  • 製品によっては日にちがかかる。
手作りのメリット
  • 購入品より低価格で作成できることが多い。
  • 購入品より早く愛着が湧きやすい。
  • 一点物である。
手作りのデメリット
  • 耐久性や防水性が購入品に劣る。
  • 定期的に作り変える必要がある。
  • トータルで考えた場合、購入品の方が安く済む可能性がある。
  • 作り方によっては少し安っぽく見えてしまうかもしれない。

最近は購入品の中でも、手作りに近い価格の表札があります。

比較的安価な購入品を選んで、耐久性とコスパの平均値を取るのもおすすめです。

表札は縁起を担ぐもの?運気を上げる表札の条件とは?

名前を知らせるだけでなく、運気を上げる働きもある表札。

表札には長い歴史があり、縁起を担いだり常習を守ったりすることは風水から見て運気の上昇に繋がるとされています。

素材や書き方、デザイン、カラーによって表札の運気上昇効果が異なります。

縁起を担ぐ上で一番大切なのは、家の外観に合わせることです。

そして運気が上がる表札の組み合わせは、天然木材を使用した縦書き表札です!

縁起が良い表札の条件は天然素材と縦書きのみ?

 

縁起の良い表札には、天然素材と縦書きを用いるのが常習です。

しかし最近では、天然素材より耐久性が高い素材が増えています。

耐久性の高い素材を使った表札は、縁起が良いとされています。
つまり天然木材でなくても縁起が担げるんです♪

ここでは特に縁起が良い人気素材をご紹介します。
以下3種類の素材は、表札専門店でもよく取り扱っている代表的な素材です。

アイアン・ステンレス
  • 耐久性が高く縁起良い。
  • おしゃれな家に合う。
イチイやヒノキなどの木材
  • 天然の木材は一番縁起が良い。
  • 和風の家にピッタリ!
タイルやセラミック
  • 最も高い耐久性を持っている。
  • 木材に次いで縁起が良い。

天然の木材は高価なだけでなく、似合う家の外観が限定されてしまいます。

自身の予算や、家の外観に合った素材を選びましょう。

どんなに良い素材を選んでも、名前の書き方を間違えれば台無しです。

せっかくなら書き方にも、しっかりこだわっていきましょう!
風水から見た縁起の良い書き方はこちらです。

  • 縦書きの表札…風水で「運気が上昇する」といわれている。
  • 横書きの表札…「横並びで運気が停滞する、伸び悩む」といわれている。
この素材、横書きが似合わない!
選んだ素材に縦書きが似合わないと思っても、諦めないでください!

縦書きが難しい場合は、書き方に工夫して縁起を担ぎましょう♪

横書きでも少し右肩上がりのデザインにすると、縦書きと同じように縁起が良いとされています。
ローマ字表記の人も是非お試しくださいね!

家の外観に合った表札は更に縁起が良い?

ここまで知ったら、全ての項目を制覇したくなりますが落ち着きましょう。

縁起を担ぐために一番守りたい条件は、家の外観に合う表札であることです。

家の外観に合わせるために注意したい点は、デザインとカラーです。

  • デザイン…家の外観に合ったものを選ぶようにする。
  • カラー…取り付ける壁の色に対してグラデーションカラーか差し色がおすすめ。

例えば、洋風の家に和風の表札を付けたり、立派な家にチープな表札を付けたりすると、運気を上げるどころか下げてしまいます。

また壁の色と同系色の表札は、馴染みすぎて見えづらくなってしまうので注意しましょう。

表札の位置で変わる?フルネームと名字の違いを解説

表札には「フルネーム」「名字のみ」といった2通りの表記が見られます。
名前の表記には、決まりがありません。

しかし表札を家の玄関横に出すなら「家主のフルネーム」、門柱やポストに出すなら「名字のみ」という常習はあります。

  • 玄関横の表札…その家自体が「家主の持ち物」であることを示す表札。
  • 門柱やポストの表札…門が家だけでなく敷地を囲うことから、その敷地を守ってきた家族やご先祖様などに敬意を示す表札。

これを知って周りの表札を見てみると、案外その通りで面白いですよ♪

あくまで縁起の話ですから、意識しすぎないようご注意くださいね。

表札を出さないと安全!?知っておきたいデメリット!

そもそも表札を出すか出さないか、悩んでしまいませんか?

個人情報である名前を知られたくないと、表札を出さない人が増えています。

しかし、これで情報が漏れないから安心…というわけではありません。

表札を出さないと、個人情報やプライバシーを流出させてしまう恐れがあるんです。

しかし見た目を工夫することで、表札を出しても個人情報が悟られづらくなりますよ!

表札にはメリットもデメリットもある

表札を出すにしても出さないにしても、それぞれメリットやデメリットが存在します。

もちろん譲れない部分があると思いますので、どちらでも間違いではありません。

ご自身の生活スタイルに照らし合わせながら、表札の必要性をしっかりと見極めましょう。
表札を出すメリットやデメリットはこちらです。

表札を出すメリット
  • 自分の家という実感が持てる。
  • 名前を覚えてもらいやすい。
  • ご近所付き合いや地域コミュニティを円滑にしてくれる。
  • 自分の家の存在を知ってもらえるので、災害時の救護が受けやすくなる。
  • 郵便やネットショッピングなどの配送物が間違われにくい。
表札を出すデメリット
  • 不特定多数に名前が知られてしまう。
  • 個人を特定した不審者や訪問セールスが来てしまうかもしれない。
  • 表札に家族全員の名前を記載すると、家族構成や性別が知られてしまう。

表札のデメリットは見た目でカバーできる!

  
表札を出さない理由の多くは「防犯のために個人情報を隠したいから」です。

しかし表札を出さないために、誤配によって個人情報が漏れてしまっては意味がありません。

もし表札の個人情報が気になるのであれば、以下をお試しください。

  • 表札を漢字ではなくローマ字表記にして見えにくくする。
  • 珍しい名字や難読名字は、あえて漢字表記のみにする。
  • 女性の一人暮らしであれば、男性が選びそうなデザインの表札にする。

また人が住んでいるのに表札のない家は、ご近所づきあいが希薄だと思われて、泥棒に入られやすいそうです。

私が表札を出す結論に至った理由は、災害時の救護とご近所づきあいの為でした。

南海トラフ地震の対象地域に住んでいるため不安があり、少しでも地域コミュニティに属しておきたいと思ったからです。

表札を出した結果、近所の人に名前を早く覚えてもらえたり、気軽に話せるようになったりするなど今の所ご近所づきあいも良好です!

表札を変える時期とは?メンテナンスが救世主!

残念ながら表札は、一生モノではありません。
家族構成の変化や表札の寿命などにより、表札を変える時期がやってきます。

特にお子様の独立や、家主の逝去を「表札を変える時期」としている家が多いようです。

家族構成の変化によって表札を変える場合は、防犯面にも注意して取り替えましょう。

表札を変える時期の考え方は、家によって違いますので一度家庭内で話し合ってみると良いかもしれません。

また表札の寿命は、約5年〜10年ほどです。
素材の劣化を感じる時や、ひび割れした時が寿命の目安です。

大切な表札を少しでも長持ちさせたいのであれば、定期的にメンテナンスをしましょう。

メンテナンスをすることによって、表札の寿命が延びるだけでなく運気も上がりますよ♪

 表札のメンテナンスは1年に1回でOK

表札は1年に1回程度、拭き掃除などのメンテナンスをすることで長持ちします。

大掃除の時は、玄関掃除と一緒に表札のメンテナンスをしましょう!

ただし素材やデザインによってメンテナンス方法が違います。

取扱説明書にメンテナンス方法が記載されている場合は、記載内容に従ってメンテンスをしましょう。
以下は一般的な場合のメンテナンス方法です。

ステンレス
  • ガラスクリーナーや中性洗剤を染み込ませた布で拭く。
  • しつこい汚れにはメラニンスポンジやクレンザーも効果的。
天然石や焼き物
  • 壁に影響がなければ水拭きのみでOK!

木材などの天然素材は経年劣化を楽しむ素材であり、一般的にメンテナンスは不要です。
砂埃が付いていたら、優しく払ってあげましょう。

まとめ

  • 低価格なら通販やホームセンター、こだわるなら専門店やクリエイター
  • 取り付けまで頼むならハウスメーカーや外構業者
  • 手作り表札はコスパ最強だが耐久性は低い
  • 運気が上がるのは天然木材の縦書き表札
  • 家の外観に合わせることが大切
  • 見た目を工夫すると個人情報を隠しやすくなる
  • 表札の寿命は約5〜10年
  • 表札のメンテナンスは1年に1回で良い

いかがでしょうか?
表札には良い面も悪い面もあります。

それを理解した上で、自身が表札に求めているものを考えながら選んでみてくださいね。

表札は長い時間を一緒に過ごす、家族のような存在です。
ぜひ後悔しない表札をお選びください♪

そして暮らしを便利にもっと豊かにするツールとして、表札をご活用いただければ嬉しいです!

    関連コンテンツ(レスポンシブ)



    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする