ハンバーグをパン粉なしで作るとどうなる?パン粉が家にない方必見!

今日の夜ご飯はハンバーグにしよう!
そう思って冷蔵庫を確認すると、パン粉がなかったことありませんか?

私は一人暮らしなので、パン粉を常備していません。

最近はグルテンフリーが注目されているので、小麦製品を使用しないために、パン粉なしで作りたい方もいらっしゃると思います。

ハンバーグをパン粉なしで作るとどうなるのか、試したことがなかったら失敗してしまうのではないか、不安になりますよね。

パン粉なしのハンバーグは、ポイントをおさえれば作ることが出来ます。

パン粉なしで作ったハンバーグがどうなるのか、気になりませんか?

パン粉なしで作る時の方法、パン粉の代わりになる食材、ハンバーグの仕上がりがどうなるかについてご紹介します!


ハンバーグをパン粉なしで作るとどうなるかを解説!

ハンバーグはパン粉なしでも作ることができます!

でも、料理本やレシピサイトのハンバーグのレシピは「パン粉」を使ったものが多い。

パン粉なしだと「つなぎ」の役割がないので、どうなるのだろう?

パン粉なしで作るには「一緒に混ぜる具材」と「ハンバーグのこね方」に工夫が必要です。

代用品も入れずにパン粉なしでハンバーグを作るとどうなるのか、気になりませんか?
作り方のコツについてご紹介します!

パン粉なしのハンバーグ作りのコツ

パン粉なしのハンバーグ作りのポイントは3つ!

  • ひき肉の量に対して、約0.8%~1%の塩を入れる
  • 玉ねぎをしんなりするまで炒めてから肉と合わせる
  • 粘り気が出るまでしっかりとこねる

よく耳にする内容だと思いますが、なぜこの3つが大切なポイントなのでしょうか?

【塩を入れる理由】

  • 肉の味を引き立てるための調味料
  • 肉のたんぱく質を分解させて粘り気を出すため

【玉ねぎをしんなりするまで炒める理由】

  • 玉ねぎの水分を飛ばし、肉と合わせて焼いた時の型崩れを防ぐため

【粘り気が出るまでしっかりとこねる理由】

  • 肉同士の繊維をしっかり絡み合うようにするため

塩が肉のたんぱく質を分解することで、ひき肉と具材をこねた時に、粘り気を出す手助けをします。

粘り気が出ると、肉同士の繊維がしっかり絡んできた合図で、パン粉がなくても型崩れしにくいハンバーグができます。

ハンバーグをパン粉なしで作るとどうなるのか、まとめると下記のようになります。

  • カロリーを抑えられ、肉の味をしっかりと感じるハンバーグになる
  • パン粉ありのハンバーグに比べると、ふっくらとした食感に仕上がりにくい

パン粉を入れるハンバーグは日本だけ!?

ハンバーグの起源と言われているのは、18世紀ごろのドイツ。

生肉を細かく砕き、玉ねぎとコショウと合わせた「タルタルステーキ」という料理が、現在の「ハンバーグ」の起源となりました。

当時のハンバーグにはパン粉は使われていませんでした。

現在も海外ではハンバーグよりハンバーガーが主流で、ほとんど牛肉100%で作られています。

海外では、ハンバーグにパン粉を使っておらず、日本独自でパン粉を入れるレシピに進化していきました。

パン粉がなくても、ハンバーグが作れることが分かりました。

でも、ハンバーグの材料に「パン粉」と書いてあるレシピが多いと思いませんか?

ハンバーグにパン粉を入れる理由があります!


ハンバーグにパン粉を入れる理由はふっくらするから!?

ハンバーグにパン粉を入れる理由で、よく耳にするのが「つなぎ」としての役割。

ですが、前章でパン粉がなくてもハンバーグはつくれることが分かりました。

つなぎ以外にも、ハンバーグにパン粉を入れる理由があります!

パン粉の役割はつなぎ以外にもある

ハンバーグ作りのパン粉の主な役割は4つ。

  • 肉を形成しやすくするためのつなぎ
  • 水分を調節して、肉汁を閉じ込めるため
  • やわらかく、ふっくらとした食感に仕上げるため
  • 量をかさ増しするため

塩を入れてしっかりこねると、パン粉なしでもハンバーグが出来ますが、パン粉をつなぎとして入れた方が肉を形成しやすくなります。

パン粉を入れると量をかさ増しすることができ、肉の量が少なくてもハンバーグができます。

パン粉を入れる4つの理由の中で、一番注目したいのが次の理由。

パン粉なしでハンバーグを作ると、玉ねぎなどの具材から出た水分の調節が難しく、焼いた時に出る肉汁が逃げやすくなります。

水分と肉汁の調整をするパン粉がないと、食感が硬めのハンバーグに仕上がります。

硬めの食感のハンバーグが好きな方はパン粉なしでもよいと思います。

やわらかく、ふっくらした食感のハンバーグが好きな方は、パン粉を入れることをおすすめします!

パン粉の量の目安はひき肉200gに対してパン粉が小さじ2くらい。

好みの食感に合わせて量を調節してもよいです。
ただし、パン粉を入れすぎてしまうと、肉の風味が薄まるので注意が必要です。

パン粉は牛乳に浸して入れた方がよい

パン粉をそのままハンバーグに入れると、肉汁より先に肉の脂肪分がパン粉に吸収されてしまいます。

肉の脂肪分が先に吸収されてしまうと、肉汁が持つ「うま味成分」が逃げてしまうため、パン粉に水分を含ませます。

牛乳を使えば、パン粉に水分を含ませることもでき、肉の臭みを消す効果もあります

牛乳の量は、パン粉が牛乳を吸いきって、牛乳が余らない量がおすすめです。

パン粉大さじ3に対して、牛乳大さじ2くらいが目安。

牛乳がない場合は水でも代用が利き、パン粉自体に水分が多い生パン粉を使えば、パン粉に水分を含ませる工程は不要です。

ハンバーグのパン粉の代わりになる材料おすすめ3選!

やわらかく、ふっくらとした食感のハンバーグが好きな方。

パン粉を入れてハンバーグを作った方が良いことは分かったけれど、パン粉が家にない時もありますよね。

そんな時にパン粉の代わりになるもので、やわらかく、ふっくらとしたハンバーグが作れたら良いと思いませんか?

パン粉の代わりに使うことが出来る食材を3つ紹介します!

  • 食パン
  • 小麦粉
  • 片栗粉

パン粉の役割は水分を調節して、肉汁を閉じ込めること。

パン粉と同じような役割を果たす食材であれば、パン粉の代わりとして使うことが出来ます。

パン粉の代わりになる材料をわざわざ買いにいくのは面倒なので、家庭にあるよく材料で済ませたいですよね。

家庭によくある、おすすめの材料が3つあります!

食パン

パン粉は「パンの粉」なので、食パンを細かくすれば、パン粉になります。

食パンを細かくする量の目安はひき肉200gに対して小さじ2くらい。

方法は、フードプロセッサーやおろし器で食パンを細かくするだけ。

食パンで作ったパン粉を使うと水分を多く含むため、よりやわらかく、ふっくらとしたハンバーグに仕上がります。

個人的には洗い物が増えるので、おろし器で食パンを細かくする方がおすすめです!

冷凍食パンやフランスパンでもパン粉の代わりになります。

*注意点
  • バターや砂糖を多く使ったデニッシュ食パンは、パン粉に不向き
  • 食パンは水分を多く含むので、牛乳や水に浸す必要はない

小麦粉

小麦粉は小麦を粉末状に加工したものです。

小麦粉にはグルテンが含まれており、グルテンに水分が加わると弾力性とが増し、保形性が出ます。

保形性とは水分を保つ性質で、肉の水分を吸って保水性をだし、パン粉と同じように水分と肉汁の調整をします。

小麦粉の量の目安はひき肉200gに対して大さじ1/2~1くらい。

小麦粉を使用する場合は、具材に混ぜるのではなく表面にまぶします。

小麦粉をパン粉の代わりに使うと、外はさっくり、中はふっくらとした仕上がりになります。

さらに、ハンバーグを焼いた後にフライパンでソースを絡めるとソースが絡まりやすくなります。

*注意点
  • 小麦粉を表面にまぶす時は、ふるいを使ってまんべんなくまぶす
  • ハンバーグの具材につなぎを使っていないので、粘り気が出るまでよくこねる

片栗粉

片栗粉はじゃがいもからでんぷんを精製したものです。

水を加えて加熱すると、粘り気が増しやわらかくなります。

片栗粉の量の目安はひき肉200gに対して大さじ1/2~1くらい。

肉の水分を吸って粘り気を出した片栗粉が、肉同士の繊維を絡める手助けになり、さらにパン粉と同じように水分と肉汁の調整をします。

片栗粉をパン粉の代わりに使うと、片栗粉のでんぷんの成分からもっちりと仕上がります。

さらに、ハンバーグを焼いた後にフライパンでソースを絡めるとソースが絡まりやすくなります。

*注意点
  • まとめて片栗粉を入れると固まりが出来やすいので、少量ずつ入れる

パン粉の代わりになる食材は色々とあります!
作り方によって、ハンバーグの仕上がりも異なります。

ハンバーグを作る時の状況に合わせて、パン粉の代わりになる食材を選んでみてはいかかでしょうか。

まとめ

  • ハンバーグはパン粉なしでも作ることができる
  • パン粉なしのハンバーグはひき肉に塩と炒め玉ねぎ入れてよくまぜて作る
  • ふっくらしたハンバーグが好きならパン粉を入れたほうが良い
  • パン粉を牛乳に浸してから入れると、よりジューシーになる
  • 家庭にある食材で、パン粉の代わりになる
  • パン粉の代わりを入れて作ったハンバーグも、やわらかく、ふっくらとした食感になる

ハンバーグはパン粉なしでも作れることが分かりました!

普段、何気なくハンバーグ作りで使っていた材料にはそれぞれ意味がありました。

材料を使う意味を理解すれば、レシピと全く同じものが家になかったとしても、アレンジしてハンバーグを作ることが出来ます。

家にある食材をアレンジしてハンバーグを作れば、フードロスを減らすことにもつながります!

作り方によって食感が異なるので、色々と試して、食べ比べて自分好みのハンバーグを見つけてみてはいかかでしょうか?

関連コンテンツ(レスポンシブ)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする