AppleWatchの44mmは大きすぎるか徹底検証!40mmとの違いを実物check!

AppleWatchシリーズの中でも、手頃な価格で機能も十分と人気の高い、AppleWatch SEシリーズ。

AppleWatch SEシリーズはケースサイズが44mmと40mmの2種類がありますが、どちらにすべきか迷いますよね。

44mmのサイズ感はどのくらい?大きすぎるのは嫌だな…

「44mmが大きすぎる」といった口コミは、ネット上にたまに見かけられます。

AppleWatch SEを買うなら、44mmのサイズ感や、40mmとの違いは前もって知りたいところですよね。

今回、家電量販店で実際のAppleWatchを試着して、44mmのサイズ感や40mmとの違いを調査してきました。

女性におすすめのサイズはどっち?

結論としては、44mmを大きすぎると感じるかどうかは、個人の体格差や好みによります。

サイズ選びの参考に、AppleWatch SEの44mmと40mmの差をまとめてご紹介します!


AppleWatchの44mmは大きすぎる?40mmとの違い5つ

引用 Apple公式

AppleWatch SEの44mmは果たして大きすぎるのか、あなたはどちらを買うべきなのか。

まずは、それぞれのサイズによる違いから、選ぶ際のポイントを見ていきましょう。

ちなみに、44mm・40mmというのは画面の縦幅サイズのことを指しています。

44mmサイズ 40mmサイズ
画面
サイズ
縦: 44mm
横: 38mm
厚さ: 10.7mm
縦: 40mm
横: 34mm
厚さ: 10.7mm
解像度 368 x 448ピクセル 324 x 394ピクセル
表示領域 977平方mm 759平方mm
値段
(税込)
GPSモデル GPSモデル
36,800円 32,800円
GPS+Cellularモデル GPS+Cellularモデル
42,800円 38,800円
重さ GPSモデル GPSモデル
36.20g 30.49g
GPS+Cellularモデル GPS+Cellularモデル
36.36g 30.68g
こうやって見ると、大きさ以外の違いもけっこうあるね

44mmサイズと40mmサイズの差は、そのまま装着感、使い勝手や操作感にも影響します。

【違い①】装着感

44mm と40mmのAppleWatch、実際に私(女性、手首周囲140mm)も腕につけてみました。

左が44mmサイズ、右が40mmサイズのAppleWatchになります。

個人的な感想としては、わずか4mmの差といえど、44mmのほうは結構大きく感じました。

私の場合、44mmではディスプレイが手首の幅いっぱいになり「大きすぎるかな」というのが第一印象でした。

同行した夫にも、44mmを試着してもらいました。

男性としては手首が細めの夫(男性、手首周囲154mm)ですが、本人は44mmがしっくりきたとのこと。

40mmでも違和感はありませんが、ディスプレイが小ぶりな分、タイトでキレイ目な印象に見えます。

もちろん、AppleWatch自体には男性用・女性用の区別はありません。

男女兼用のAppleWatchですが、サイズ選びには、手首の周囲が重要な判断基準になります。

Apple公式サイトでは、手首の周囲をもとに44mmと40mmのどちらがフィットするか目安を掲載しています。

40mm 手首が130-200mmの方にフィットします。

44mm 手首が140-220mmの方にフィットします。

引用 Apple公式

まずはこの基準を参考に、自分の手首周囲の長さを測ってからサイズ選びをしましょう。

ほとんどの人は、重複する140mm~200mmの長さじゃないかしら?

極端に手首が細い・太い方以外は、どちらのサイズ基準にも適合すると思います。

「手首周囲だけでは決められない」という方は、引き続き【違い②】~【違い⑤】をチェックしてください!

「この違いは譲れない」というポイントがあれば、それがサイズ選びの決め手になりますよ。

最終的に迷ったら、普段のファッションとの組み合わせで選んでみるのもいいですね!

ファッションとの相性

  • 44mm:カジュアル・アクティブ・スポーティー系
  • 40mm:きれいめ・シンプル・お仕事系

【違い②】画面の見やすさ

ディスプレイが大きい44mmは、40mmと比べて解像度が良く、表示領域も広くなります。

「AppleWatchには見やすさを第一に求める!」という方には、大きすぎるのが困ることなんてありません。

44mm 40mm

引用 Apple公式

まず、44mmではテキストがより大きく表示されます。

44mmのほうが表示領域も広いため、スクロールなしに見れる情報量が多いというのも利点です。

AppleWatchには、メッセージ受信やマップなど便利な機能がたくさんあります。

メッセージ確認をAppleWatchでよく行う人には、44mmの画面の見やすさは大事なポイントですね。

スクロールは最小限にしたいという人にも、44mmがオススメだね!

【違い③】操作のしやすさ

解像度や表示領域の広さは、画面の見やすさと同様、操作のしやすさにもつながります。

各種アプリの開閉、選択のときにAppleWatchの画面を直接操作する機会も多いですよね。

「画面の操作がしやすい、誤入力しにくいことを重視する」という方にも、44mmがオススメになります。

男性で指が太く、小さい画面では誤タッチが煩わしいという方も、大きい画面が嬉しいです。

私はAppleWatchの電卓アプリをよく使うから、操作しやすいのがいいわ!

【違い④】重さ・存在感

AppleWatch SEの44mm・40mmでは、44mmのほうが約6g重いです。

わずかな差ですが、AppleWatchは1日中装着する前提なので、気にならない程度か吟味はしておきましょう。

6gって、ハガキ2枚分くらいの重さらしいわ

例えば、ランニング中は少しでも軽いものがいいと思えば、40mmがオススメです。

逆に44mmがオススメなのは、時計としての存在感をアピールしたい場合。

高級時計も、ある程度の重厚感があったほうが目を引きますよね。

AppleWatchをファッションの一部として引き立たせたい場合は、存在感を出せる44mmがオススメです。

【違い⑤】値段・コスパ

AppleWatch SEの44mm・40mmの明確な違いとして値段があり、44mmのほうが4,000円高いです。

44mmと40mmで、AppleWatch自体の機能には差がありません。

着け心地や画面の見やすさなどに違いはありますが、4,000円の差が、その違いに見合うと考えるかは、個人の感覚次第です。

実際に試着した私の感想としては、40mmのほうがコスパが良いように思います。

たった4,000円、されど4,000円…。よく考えよう

AppleWatchの44mmは女性に向かない?試着してレビュー!

AppleWatchの44mmと40mmの選び方は、最終的には個人の好み次第になります。

そう言われても、なかなかパッと決められる人は多くありませんよね。

でも後悔したくないし、女性目線の詳しいレビューが知りたい!

この章では、とりわけ女性には44mmと40mmどちらがオススメか、同じ女性である私自身の意見も交えてご紹介します

オススメは40mm!フィット感やコスパで軍配

私が女性にオススメするのは、断然40mmのAppleWatchです!

40mmをオススメする理由は、4つ。

  • 軽くてコンパクト
  • いろいろな服に合わせやすい
  • 視認性・操作性の差は気にならない
  • コスパが良い

女性の目線で気になるのは、装着感やファッション性ではないでしょうか。

40mmをオススメする4つの理由について、詳しく解説していきますよ!

軽くてコンパクト

AppleWatchはスマホの簡単な操作や健康管理ができるのが売りですし、やはり1日中着けていたいです。

1日着けっぱなしなら、やはり少しでも軽くコンパクトなほうが、女性としては嬉しいですよね。

睡眠記録のため就寝中も着ける場合があるので、リラックス時に気にならないことも大事ですよね。

44mmとの重量差は6g程度とわずかですが、着けていてより疲れにくく、腕にフィットするのが、40mmでした!

いろいろな服に合わせやすい

AppleWatchなどのスマートウォッチを着けていると気になるのが、ファッションとの相性。

1日中、毎日着けていたいからこそ、どんな場面にも合うサイズ感がいいですよね。

40mmは、腕にスッキリ収まり悪目立ちしないので、着けていく場所を選ばないと感じました。

バンドを変えれば、かっちりした仕事やフォーマルな場面でも違和感ありません。

44mmだとAppleWatchの存在感が強くなりすぎ、カジュアルな印象に寄ります。

視認性・操作性の差は気にならない

画面の見やすさや操作しやすさは、比較すると44mmのほうが上です。

40mmの視認性・操作性が悪いかといえば、そんなことはなく、私は全く気になりませんでした。

40mmといえども、表示領域は以前までのシリーズより広がっています。

解像度も十分にありますので、文字が見えづらいということもありませんでした。

ディスプレイの美しさは「さすがApple!」です。

AppleWatchへのテキスト入力は基本、音声認識になりますので、頻繁に細かい操作をすることもないと思います。

コスパが良い

私の場合は、機能、視認性、操作性を総合的に見ても、40mmで必要十分だと思いました。

それでいて、40mmのほうが44mmより4,000円安く手に入ります。

コストパフォーマンスの面で見ても、個人的には40mmに軍配が上がりました。

買うときは両方とも試着しよう!

女性にオススメのAppleWatch SEのサイズ紹介、ご参考になりましたか?

もしあなたが実際に買うなら、やはり、できるだけ実際の品を試着することをオススメします

女性でも、人によっては「44mmのほうが着け心地がいい」「40mmの操作性では物足りない」という方もいるでしょう。

AppleWatchでニュースやメッセージをよく見る方には、44mmが使いやすいと感じるかもしれません。

購入はネットをお考えの方も、お近くにApple Storeや家電量販店があるなら、ぜひ足を運んでみてくださいね!

最後は自分の目で見て、決めるわ!

AppleWatch44mmバンドの目的別おすすめ品!40mm版も!

AppleWatchを購入するなら、あわせてバンドを数種類そろえておくのはいかがでしょうか。

気分や行く場所に応じて着せ替えを楽しむのも、Applewatchの楽しみの1つ。

この章では、AppleWatchの44mm・40mmで使えるオススメバンドをご紹介します!

なお、注意点が1つ。

ほとんどのバンドは、44mm適応サイズと40mm適応サイズの2種類のサイズ展開があります。

44mm適応サイズのバンドと、40mm適応サイズのバンドには、互換性はありませんので注意しましょう!

「純正品」か「サードパーティ」か

AppleWatchのバンドには、「純正品」と「サードパーティ」の2種類に分類されます。

Appleが取り扱う純正品は、高品質でサイズ互換性が高いものが多い反面、価格が高い傾向にあります。

Apple以外が取り扱うサードパーティの品は、種類がとても多いのが特徴。

サードパーティでは、高品質・高価格のものから、品質そこそこの低価格のものまで、幅広い種類が展開されています。

バンド選びの際は、まず純正品かサードパーティのどちらにするか、予算などを考慮して検討してみましょう。

次からは、目的別にオススメのAppleWatchバンドを純正品とサードパーティを交え、ご紹介します!

サードパーティの商品は本当にたくさんあるから、迷うんだよな

【ビジネス】ステンレス・レザー素材

AppleWatchをビジネスシーンに合わせるなら、バンドの素材は「ステンレス」か「レザー」がオススメです。

引用 Apple公式

商品名 シルバーミラネーゼループ
販売元 Apple (純正品)
価格 10,780円(税込)
互換性 42mm /44mm /45 mm
38mm /40mm /41 mm

ステンレス素材は、高級感とスマートな印象を演出でき、ビジネスシーンの定番です。

AppleWatch本体のデジタル感と、ステンレスのスマート感の相性が良く、一体感がありますね。

Apple純正品のミラネーゼループは、シルバーのほかゴールド・グラファイトの3色展開です。

どの色もビジネスなどのフォーマルな場に合う、上品な雰囲気で素敵ですよ。

引用 BONAVENTURA公式

商品名 ノブレッサ Apple Watch レザーバンド
販売元 BONAVENTURA (サードパーティ)
価格 17,600円(税込)
サイズ互換性 42mm /44mm /45 mm
38mm /40mm /41 mm

レザー素材も、ビジネスシーンでオールマイティに活躍します。

かっちりしたスーツから、少しラフなビジネスカジュアルまで、品よく似合いますね。

ご紹介のBONAVENTURAの商品は、レザーの色展開が7色もあります。

男女問わず、きっとお気に入りのレザーバンドが見つかりますよ!

【スポーツ】エラストマー・シリコーン素材

歩数や消費カロリーの記録などができるAppleWatchは、スポーツの場面で大活躍します。

汗をかきやすいスポーツシーンでは、水や汚れに強い「エラストマー」や「シリコーン」素材のバンドがオススメです。

引用 Apple公式

商品名 Nikeスポーツバンド
販売元 Apple (純正品)
価格 5,280円(税込)
サイズ互換性 42mm /44mm /45 mm
38mm /40mm /41 mm

耐久性が高く、強靭で、かつ柔らかいのがエラストマー素材の特徴。

ご紹介するのは、Apple純正品のエラストマー素材バンド、しかもNikeとのコラボ商品です。

バンド全面に施された通気穴で通気性が確保されていますので、たくさん汗をかいても蒸れにくいのがいいですね!

バックル部分はピンをはめ込むタイプなので、手早く付け外しができるのも、スポーツに最適です。

引用 ELECOM公式

商品名 Apple Watch用シリコンバンド アクティブタイプ
販売元 ELECOM (サードパーティ)
価格 2,838円(税込)
サイズ互換性 42/44/45 mm
38/40/41 mm

こちらはサードパーティにあたるELECOMが販売する、シリコーン素材のバンド。

汗水や衝撃吸収に強いシリコーン素材で、通気穴もあり、実用性はバツグンです!

ブランドコラボではありませんが、お値段がApple純正品の半分程度。

スポーツシーンでの使用が多い方には、ぜひオススメです。

【日常・リラックス】ナイロン素材

就寝中も睡眠記録のため着けていたいAppleWatch。

長時間着けていても肌触りが優しく軽い素材なら「ナイロン」素材がオススメです。

引用 Apple公式

商品名 スポーツループ
販売元 Apple (純正品)
価格 5,280円(税込)
サイズ互換性 42mm /44mm /45 mm
38mm /40mm /41 mm

Apple純正品のナイロン製バンドは、2層構造になっています。

肌に触れる面はクッションのような柔らかさと通気性、表面は耐久性を保つよう、生地加工されています。

面ファスナーで止めるタイプなので、バックルの金具が肌に当たることもなく、リラックス時も快適ですね!

引用 りんご堂時計店(楽天市場)公式

商品名 アップルウォッチ バンド スポーツ ナイロン 睡眠 ベルト
販売元 りんご堂時計店
価格 1,380円(税込)
サイズ互換性 42/44/45 mm
38/40/41 mm

価格も安価で、色展開が18色もある、まさにサードパーティの代表のようなりんご堂時計店のナイロンバンド。

多くの口コミから、素材の軽さ、日常生活での使いやすさ、肌負担の軽さ、色展開への満足感が伺えます。

色違いで複数購入している方も多いですよ。

AppleWatchのバンドを初めて買い足そうと考えているなら、まずはこちらの商品を試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

  • AppleWatchの44mmと40mmサイズでは、装着感や視認性・操作性にも違いがでる
  • 44mmサイズが大きすぎると感じるか否かは、個人の好みや手首周囲などの体格次第
  • 女性には軽くてコンパクトな40mmがオススメ、44mmは大きすぎる可能性が高い
  • AppleWatchで頻繁にニュース確認などするなら、女性でも44mmが良い場合も!
  • AppleWatchのバンド購入時、44mmと40mmにはバンドの互換性がないため注意
  • AppleWatchのバンドは、ビジネスやスポーツなどの使用目的に合わせて素材を選ぼう!

AppleWatchのサイズ選びにお困りのあなた。

「44mmは大きすぎる」という口コミに惑わされ過ぎず、可能なら、ぜひ購入前にご自分の腕で試着してみましょう!

この記事では、AppleWatchの44mmサイズと40mmサイズについて、大きさ以外の様々な違いを比較してきました。

試着しても決めきれない方、試着が難しく迷っている方に、この記事が少しでも参考になると嬉しいです♪

関連コンテンツ(レスポンシブ)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする