下味冷凍にジップロックはもったいない!代替品調査&レシピ等も紹介♪

毎日ご飯を作るのは、本当に大変ですよね。
そんな時、下味冷凍を解凍・調理すれば、一気に料理が完成しちゃいますよ♪

下味冷凍の保存は、ジップロックしかあり得ないと思っていました…以前までは。

今月は金欠で、ジップロックが買えない…

今月だけ…と、安めの「ジップロックに似たもの」を購入したところ、驚きの展開が!

下味冷凍の保存は、ジップロックより安価なフリーザーバッグで十分です。

今までジップロックしか使ったことない…

それはあまりにも、もったいないです!

ここでお会いしたのも何かの縁、もったいないついでに、マル秘情報を大公開しちゃいます♪

今回は、下味冷凍におすすめのフリーザーバッグや、人気レシピ、解凍方法などをご紹介。

ジップロックを使うのが、もったいないと思うか思わないかは、あなた次第です…!


下味冷凍にジップロックはもったいない?代替品を調査!

下味冷凍の保存袋は、冷凍用の「フリーザーバッグ」を使いましょう。

フリーザーバッグは冷蔵用に比べて厚いため、冷凍室の低温に耐えたり、食品の乾燥や匂い漏れを防いでくれたりします。

フリーザーバッグの中で、一番有名な「ジップロック」。

丈夫な作りとWジッパーの安心感は、まさに「フリーザーバッグの代表格」といったところでしょうか。

昔からの定番品なら、使っても損なし!?

しかし、今回の調査結果は、そんなイメージを覆すものでした。

下味冷凍にジップロックを使うのは、お金がもったいないです!

ジップロックよりも安価に、下味冷凍できるフリーザーバッグを多数発見。

フリーザーバッグは使い捨てが基本のため、安くて高機能なフリーザーバッグを使えば、気兼ねなく下味冷凍を楽しめますよ♪

ただしどんなに高機能なフリーザーバッグを使っても、下味冷凍は1ヶ月を目安に食べましょう。

ジップロックは耐冷温度が過剰で高価

引用 旭化成ホームプロダクツ株式会社公式HP

ジップロックといえば、「丈夫で密閉性が高い」といったイメージを持つ人も多いでしょう。

確かにその通りですが、ジップロックより安価なフリーザーバッグでも、下味冷凍に十分使えることをご存知でしょうか?

家庭で下味冷凍をする程度なら、ジップロックである必要はなく、耐冷温度が-18ºC以下のフリーザーバッグであれば問題なく使えます。

ジップロックは高機能ですが、その分、フリーバッグの中でも高価な部類。

耐冷温度が-18ºC以下で、ジップロックより安価なフリーザーバッグは、多数販売されています。

ブランド力を気にせず、単純に下味冷凍ができればいいという人には、ジップロックは高価でもったいない商品と言えるのでしょう。

ジップロックの主な特徴は、以下のとおり。

  • 耐熱温度100ºC、耐冷温度-70ºC
  • 密閉性が高く開閉しやすいWジッパー
  • 厚手の素材
これほど機能的なのに、ジップロックを使うのはもったいないの?

実はジップロックの強みである「-70ºCの耐冷温度」は、家庭用の冷凍室では出し得ない温度。

家庭用冷蔵庫に備え付けの冷凍室は、JIS規格によりすべて-18ºC と決められています。

ですから「フリーザーバッグ」とうたっている商品であれば、間違いなく耐冷温度が-18ºC以下なのです。

-18ºCという温度は、低温にも強い細菌の活動を停止させられる温度!

またフリーザーバッグは、厚ければ厚いほど食品が乾燥しにくくなります。

気になるジップロックの厚さは0.06mm…なんとフリーザーバッグとしては一般的。

ジップロックは、他のフリーザーバッグに比べて、特別に丈夫なわけでもないんです。

下味冷凍に使うフリーザーバッグは、耐冷温度を気にせず、厚さや密閉性がある安価なものを選びましょう♪

開閉する部分は、液漏れしにくい「Wジッパー」や「Wストッパー」などがおすすめ!

フリーザーバッグはセリアとスタイルワンがおすすめ!

厚さ・価格の2点が優秀なフリーザーバッグは、セリアとスタイルワンです!

今回は、ジップロックを含め、以下のフリーザーバッグ5種類を徹底比較してみました。

  • ジップロック フリーザーバッグ
    (セリアで購入・7枚入り110円(税込))
  • セリア フリーザーバッグWストッパー
    (15枚入り110円(税込))
  • セリア フリーザーバッグスライダー付き
    (13枚入り110円(税込))
  • スタイルワン ダブルジッパーバッグ
    (12枚入り99円(税込))
  • リード 冷凍も冷蔵も新鮮保存バッグ
    (20枚入り273円(税込))

※購入の際は、最新の情報をご確認ください。

ジップロック セリア
Wストッパー
セリア
スライダー付き
サイズ 189mm
×177mm
180mm
×205mm
180mm
×205mm
厚さ 0.06mm 0.07mm 0.07mm
耐冷温度 100ºC~-70ºC
(耐熱~耐冷)
-30ºC -30ºC
価格
(税込)
約15.7円
(1枚あたり)
約7.3円
(1枚あたり)
約8.5円
(1枚あたり)

スタイルワン リード
サイズ 203mm
×15mm
206mm
×178mm
厚さ 0.06mm 0.06mm
耐冷温度 -30ºC -60ºC
価格
(税込)
約8.3円
(1枚あたり)
約13.7円
(1枚あたり)

(※上記すべてのMサイズ・原料樹脂はポリエチレン)

今回は、それぞれのフリーザーバッグに水を入れて3時間寝かせ、ジッパー部分の密閉性も検証!

3時間経過後、なんとすべてのフリーザーバッグが液漏れナシ!

ジッパータイプ・スライダータイプともに、高い密閉性があることを確認できました♪

ただしスライダータイプは、液状のものを保存できない場合もあるため、下味冷凍に使う際は、商品の注意書きを確認しましょう。

「密閉性に価格は関係なし」ということね!
【セリア】品質・価格ともに優秀で手に入りやすい!

セリアのフリーザーバッグは、安価で厚さがあり、手に入りやすい一番のおすすめ品!

特にWストッパータイプは液漏れしにくく、枚数も多く入っていてお得♪

「Wストッパー」はジッパーが1本でも、強力な密閉性を発揮します!
【スタイルワン】価格・使いやすさが秀逸!

引用 スタイルワン公式HP

スタイルワンのフリーザーバッグは、価格や厚さはもちろん、開閉しやすいWジッパーに感動します!

ちなみに「スタイルワン」は、アピタ・ピアゴ・フジ・イズミヤグループなどで展開されているPB(プライベートブランド)。

関東や中部などで、限定販売されているため、見かけたら手に入れておきたい商品です♪

【番外編】ダイソーのフリーザーバッグは小さい!

※上記は、ダイソー・セリアともにMサイズのフリーザバッグで比較。

ダイソーのフリーザーバッグは、セリアと品質が同じなものの、比較対象外という結果に。

対象外となった大きな理由は、フリーザーバッグのサイズです!

ダイソーのフリーザーバッグはマチ付きですが、S・M・Lサイズのすべてが小さめ…。

下味冷凍は、平らにして冷凍するため、マチの優先度は低いのです。

品質は申し分ないのに、コスパが悪い…これまたもったいない商品!

ラップや冷凍用ポリ袋は不向き

下味冷凍に、ラップや冷凍対応ポリ袋(アイラップなど)を使うのは、おすすめしません。

醤油や酒など、液状の調味料を使うことが多い下味冷凍には、密閉性の高い保存袋を使いましょう♪

ラップや冷凍対応ポリ袋は、密閉性が低いため、冷凍時に液漏れ・酸化・乾燥を引き起こす恐れも。

なるべく空気を抜いて冷凍しても、密閉性が低いため3日間冷凍しただけで、端の方に空気が溜まってしまいます…。

どんなにキツく結んでも空気が入ってしまうんです…。

空気の混入は、中身を酸化しやすくさせたり、風味劣化のスピードを速めたりしてしまいます。

さらに袋が薄いため、凍った中身で破れてしまいがち…。

ちなみにアイラップの厚さは0.009mm!

お金がもったいないと思っても、密閉性や厚さ面で優秀なフリーザーバッグを選びましょう♪


下味冷凍で豚肉や鶏肉を美味しく調理♪人気レシピ3選!

下味冷凍で特におすすめなのが、豚肉や鶏肉などの肉類を使ったレシピ。

肉類は、野菜に比べて水分が少なく、冷凍・解凍の過程で味が落ちにくい食材なんです。

下味冷凍を始めたばかりの人や、メインのおかずを下味冷凍で作りたい人は、肉類からトライしてみましょう♪

節約中の我が家では、お財布に優しい豚肉・鶏肉がメイン!牛肉はたまーに…

また面倒な下ごしらえを事前にしておけば、解凍後すぐに調理できます!

ここでは、下味冷凍初心者におすすめの、簡単で美味しいレシピをご紹介。

いずれも白いご飯に合う絶品レシピですので、ぜひお試しください♪

豚こましょうがにんにく味

材料(2~3人分)
  • 豚こま切れ肉…300g
    【A】
  • しょうゆ…大さじ2
  • 酒…大さじ2
  • みりん…大さじ2
  • しょうが(すりおろし)…小さじ1
  • にんにく(すりおろし)…小さじ1

【下味冷凍の作り方】

  1. フリーザーバッグに【A】を入れ、バッグの上からよくもんで混ぜ合わせる。
  2. (1)に豚肉を入れてよくもみ込む。
    なるべく空気を抜いてジッパーを閉め、平らにして冷凍保存する。

【調理方法】

  1. 下味冷凍を解凍する。
  2. 熱したフライパンに油をひき、解凍した下味冷凍を焦げ付かないよう炒める。

引用 旭化成ホームプロダクツ株式会社公式HP

味は、ほぼ「豚肉の生姜焼き」です。
これだけでも美味しいのですが、キャベツやモヤシでかさ増しするのもおすすめ!

玉ねぎ・ニラ・卵を加えて「スタミナ丼」にもアレンジ可能です♪

「疲れているけれど、明日も元気で過ごしたい!」

そんな人に食べていただきたい、下味冷凍おすすめのレシピ。

比較的安価な「豚こま」を使うため、給料日前にも重宝します!

疲れた日は、丼ものアレンジでラクラクニャ♪

豚こまケチャップ味

材料(2~3人分)
  • 豚こま切れ肉…300g
  • ケチャップ…大さじ4
  • 玉ねぎ(すりおろし)…大さじ2
  • 塩、こしょう…各少々

【下味冷凍の作り方】

  1. 豚肉は塩、こしょうをふって軽くもむ。
  2. フリーザーバッグにケチャップと玉ねぎを入れて混ぜ、(1)を加えてよくもみ込む。
  3. なるべく空気を抜いてジッパーを閉め、平らにして冷凍保存する。

【調理方法】

  1. 下味冷凍を解凍する。
  2. 熱したフライパンに油をひき、解凍した下味冷凍を焦げ付かないよう炒める。

引用 旭化成ホームプロダクツ株式会社公式HP

下味冷凍は、洋風レシピも充実!

「豚こまケチャップ味」は、下味冷凍にありがちなパサパサ感を感じにくい、ジューシーさが特徴のレシピです。

ケチャップの酸味が豚こまに合う!

玉ねぎのすりおろしを加えることで、豚肉が柔らかくなり、調理後のパサつきを軽減。

味は、ほぼ「ポークチャップ」です。
洋食屋さんで人気のメニューを、自宅で手軽に食べたいならお試しあれ♪

次のお休みは、豚こまのお得パックを買いに行こうかな♪

鶏もも肉の糀甘酒みそ漬け

材料(1人分)

◎鶏もも肉の糀甘酒みそ漬け(下味冷凍)

  • 鶏もも肉100g
  • 玉ねぎ1/4個
    【A】
  • プラス糀 糀甘酒大さじ1
  • 液みそ 料亭の味大さじ2

◎やわらかみそ親子丼

  • 卵2個
  • ご飯お茶碗1杯分
  • 青ねぎの斜め切り適量
  • 水50cc

【下味冷凍の作り方】

  1. 鶏肉は小さい角切りに、玉ねぎは幅1cmに切る。
  2. フリーザーバッグに【A】を混ぜ、鶏肉を加えてよくもんで混ぜ合わせる。
  3. (2)に玉ねぎを加える。
  4. 空気を抜いてジッパーを閉め、 平らにして冷凍保存する。

【調理方法】(やわらかみそ親子丼)

  1. 下味冷凍を解凍する。
  2. 小さめのフライパンに解凍した下味冷凍・水を入れて火にかける。
  3. 鶏肉に火が通ったら、溶いた卵を2回に分けてまわし入れる。
  4. 器にご飯を盛り、卵が半熟に固まったらご飯に乗せ、青ねぎを乗せる。

引用 マルコメ株式会社公式HP

手間のかかる親子丼も、下味冷凍で簡単に調理できます!

糀(こうじ)の力で柔らかくなった鶏肉と、ふわふわ卵の組合せがたまりません♪

冷凍する際に野菜を加えると、肉より野菜のほうが早く劣化してしまうため、早めに食べましょう。

1ヶ月以上経つと、玉ねぎがスカスカになる可能性も…。

下味冷凍の解凍方法は?冷蔵庫解凍で美味しく安全に!

下味冷凍の解凍方法は、主に【冷蔵庫解凍】【流水解凍】【レンジ解凍】【加熱解凍】の4つ。

下味冷凍を美味しく食べられる解凍方法として、おすすめなのが【冷蔵庫解凍】です。

解凍方法を選ぶ上で重要なのは、食品が傷まないよう、旨味や水分の流れ出ない温度で解凍可能な方法であること。

時短優先で解凍したら、スカスカで美味しくない…。

具体的に言うと、「下味冷凍した食品を0ºC~4ºCに保ちながら解凍する」のが、美味しく解凍する秘訣。

解凍する温度を間違えると、美味しくないだけでなく、食中毒を引き起こす恐れがあるため注意しましょう。

下味冷凍を解凍する場合、特に気をつけたい温度が以下の2つ。

  • 5ºC~25ºC
    →細菌の活動や繁殖が活発になる温度。食中毒の原因になる。
  • -5ºC~-1ºC
    →食品の旨味(ドリップ)や水分が流れ出しやすい温度。

適切な解凍方法を使えば、下味冷凍の美味しさを最大限に楽しみながらも、安全に食べられます。

ここでは下味冷凍の解凍方法を、おすすめ順にご紹介♪

下味冷凍を美味しく安全に楽しみたい人は、レッツスクロール!

【冷蔵庫解凍】風味が落ちにくい!

下味冷凍の解凍方法、堂々のおすすめ1位は【冷蔵庫解凍】です!

家庭用冷蔵庫は3ºC~5ºCに設定されているため、低温を保ちながらじっくり解凍し、食品の旨味や水分を逃がしにくいのが特徴。

もちろん細菌の活動や繁殖も、最小限に抑えることができます。

また「冷蔵庫に入れておくだけ」という手軽な点も嬉しいポイント♪

仕事や外出の前に、ササッと冷蔵庫へ入れておけばOK!

加熱解凍やレンジ解凍に比べて解凍時間が長かったり、食品によって解凍時間が異なったりするため、時間に余裕を持って解凍しましょう。

冷蔵庫解凍する場合は、食品を金属トレーに乗せておくと、より低温を保ちながら解凍可能!

手順
  1. 金属トレーに乗せ、冷蔵庫へ入れる
  2. 冷蔵庫で約8~10時間解凍する

【氷水解凍】時短できるが風味落ちの恐れあり

冷蔵庫解凍よりも時短・安全を叶える解凍方法なら、【氷水解凍】で決まり♪

氷水解凍は0ºCの氷水で解凍するため、安全で美味しく解凍可能。

加えて氷水は熱伝導率が高いため、冷蔵庫解凍よりも解凍時間を短縮できます!

空気よりも水のほうが熱伝導率が高いなんて!

ただし冷蔵庫解凍よりも、食品の温度を一定に保ちにくいため、風味が落ちる場合もあります。

氷水解凍する場合は、温度が一定になるよう、こまめに氷を足して温度管理をしてあげましょう。

手順
  1. 氷水を張った容器に、下味冷凍した食品をフリーザーバッグごと入れる
    (氷水が入らないよう密閉しておく)
  2. 温度が上がらないよう氷を足しながら、ときどき表裏をひっくり返して解凍する

【加熱解凍】【レンジ解凍】はおすすめしない!

【加熱解凍】は、食品と調味料の解凍時間が合いにくいため、おすすめしない解凍方法。

解凍前に下味の調味料が煮詰まってしまうため、味や食感に大きく影響します。

また加熱解凍は、火加減が難しく、失敗しやすいのも難点…。

ちなみに加熱解凍は、下味なしの冷凍野菜に向いています!

【レンジ解凍】は、制限の多い解凍方法であるため、おすすめしません。

フリーザーバッグは、油分・塩分の多い食品のレンジ解凍には対応していないのです。

「油分の多い食品」の具体例として、カレーやシチューが挙げられていますが、どれくらいの油分ならレンジ解凍可能かは、分かりません…。

レンジ解凍すると、穴開きしたり、袋の成分が食品に混入したりします…!

フリーザーバッグ同様、ラップや冷凍用ポリ袋なども、油分・塩分の多い食品をレンジ解凍できません。

肉類や油分・塩分の強い調味料を使った下味冷凍は、レンジ解凍を控えましょう。

まとめ

  • 下味冷凍に使うフリーザーバッグは、ジップロックより安価な商品で十分
  • 下味冷凍に使うフリーザーバッグは、耐冷温度よりも厚さや密閉性が重要
  • 品質やコスパが優秀なフリーザーバッグは、セリアやスタイルワン
  • 下味冷凍のレシピには和風、洋風などさまざまなバリエーションがある
  • 下味冷凍の解凍方法は、冷蔵庫解凍や氷水解凍がおすすめ
  • 加熱解凍やレンジ解凍は、風味落ちや失敗の恐れなどがあるため不向き

日々、多くの企業が自社の製品をより良くしようと、たくさん努力しています。

「いつも買っているもの」が、ずっといいものであるとは限りませんし、高価なものほどいいとも限りません。

何気なく買っているものを見直してみると、あなたにとって大きな発見があるかも♪

関連コンテンツ(レスポンシブ)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする