固い桃の食べ方7選!甘くない桃はコンポートがオススメ♪保存版

「買った桃を食べたいけど、まだ固くて食べれそうにない…。」なんてことは珍しくないことです。

アボカドや桃などの果実は、食べ頃を見極めるのがとても難しいですよね。

分かります!そんなとき固い桃の食べ方が気になります。

固い桃を買ったときや、貰った時の食べ方は意外と色々あるんです。

あなたがどのように桃を食べたいのかによって、食べ方が変わってくるのです。

固い桃を早く食べたい時の方法や、固い桃のまま食べる時の食べ方、甘くない桃はコンポートにするなどのレシピをご紹介します。

この記事を読むことで、今後また桃が固かった場合にも役立つ情報を知ることができます♪

それでは、早速固い桃の食べ方から見ていきましょう!


固い桃の食べ方は?早く桃を柔らかくしたい人必見!

固い桃を食べるときは、以下2つの食べ方があります。

  • 固い桃を柔らかくしてから食べる
  • 固い桃が柔らかくなる前に食べる

この章では、固い桃を早く柔らかくしてから食べる方法をご紹介します。

固い桃を紙に包んで置いておく

固い桃を早く柔らかくして食べるために桃を「紙に包む」ことがオススメ!

品種にもよりますが私の実家では、すぐ手に入る新聞紙を使って桃を包んでいて数日で柔らかく、甘くなります。

新聞紙などの紙で固い桃を包んだら、常温でなるべく風通しの良い場所に置きましょう。

桃によって多少は変わりますが、通常2〜3日で固い桃が柔らかくなっていきます。

とっても簡単!やっぱり柔らかくする食べ方がいいですね♪

固い桃を他の果実と置いておく

桃を紙で包む他にも、桃が早く熟す方法があります。

ビニール袋などの中に、固い桃とバナナやリンゴを入れて保管することです。

自宅にバナナやリンゴがある場合は、一緒に置いておくと桃が早く柔らかくなって良いです!

バナナやリンゴは「エチレンガス」という植物ホルモンの一種を放出しており、果実の成熟を促進させる働きがあるためです。

果物同士を一緒に置くといいと聞くけど、そういった効果があるんだね!

食べ頃を確認する時の注意点

桃が柔らかくなって食べ頃になったかは、全体を触って確認し、全体的に柔らかくなっていれば食べ頃です。

桃はとてもデリケートな果実なので、柔らかいかを確認するときは強く押しすぎないでください。

桃を強く押しすぎると、押した部分が茶色く変色したり、傷ついたりします。

次の章では、固い桃を固いまま食べるときの食べ方をご紹介していきます。


固い桃はコンポート!調理後アレンジする食べ方も紹介

固い桃を柔らかくしないで、固いまま食べるときはコンポートがおすすめです。

コンポートとは、フルーツを水や薄い砂糖水などに入れて保存して、フルーツを柔らかく甘くするものです。

固い桃でも調理して徐々に柔らかくするということですね!

コンポートは桃以外にも使えて、アレンジも自由自在ですし、桃が甘くなかったとしてもだんだん甘く美味しくなります。

これから分かりやすく桃のコンポートの作り方をご紹介していきます。

桃コンポートの作り方

【材料】
  • 固い桃: 2個
  • 水:200cc
  • 砂糖: 大さじ3杯
  • レモン汁: 大さじ1杯

【作り方】

1.まずは桃の皮を剥き、8等分くらいに切ります(桃の缶詰のような形になります)

2.砂糖と水を火にかけ、桃を鍋に入れます

4.その後レモン汁を入れ、弱火で5〜7分程度煮ましょう

5.火を止めて少し冷ましたら、冷蔵庫へ入れて一晩寝かせて、完成です!

材料も少なく、自宅によくありそうなものを使用しますし、作り方も簡単です♪

桃のコンポートを作ってからアレンジして食べるのも美味しいですよ!

コンポート使用のレシピ3選

コンポートを使ったレシピを3つ紹介します。

【レシピまとめ】

  • 桃のラッシー
  • 桃のゼリー
  • 桃のチーズケーキ
桃のラッシー

ラッシーといえばマンゴーラッシーが人気ですが、桃のラッシーはいかがでしょうか?

【材料】
  • コンポートした桃: 200g
  • ヨーグルト: 200ml
  • 牛乳: 150ml
  • ミント数枚:(飾り)
  • レモン汁: 大さじ1

桃ラッシーの作り方は、ミント以外の材料を全て入れてミキサーにかけるだけです。

ミキサーにかけたら、グラスに注いでお好みでミントを添えて完成!

桃のコンポートを使った美味しそうな飲み物ですね♪

桃のゼリー
【材料:(グラス3個分)】
  • コンポートした桃 
  • 粉ゼラチン 5g
  • 水  大さじ1
  • コンポート調理時に余った液

コンポートを作ったときの液にゼラチンを入れてゼリーにしていきます。

その後カップに移して、冷蔵庫で一晩冷やしたら桃ゼリーの完成です。

桃のレアチーズケーキ
【材料】
  • ☆桃のコンポート: 8切れ(桃一個くらい)
  • ☆クリームチーズ: 200g
  • ☆ヨーグルト: 200g
  • ☆砂糖: 50g
  • ☆レモン汁: 大さじ1杯
  • ゼラチン: 10g
  • ビスケット: 一袋

【作り方】

1.まずはゼラチン(10g)を水にいれてふやかしておきます。そして、クッキーはビニール袋に入れて砕きます

2.材料の☆を全てミキサーにいれて、混ぜます

3. 砕いたクッキーは型に敷き、ふやかしたゼラチンはレンジで30秒温めましょう

4.ゼラチンを(2)のミキサーに入れて混ぜたら、型に入れます

5.冷蔵庫に2時間ほど入れ、固まったことが確認できたら、完成です

桃をコンポートにしてからの食べ方は今回紹介したもの以外にも色々あり、どの食べ方にするか迷ってしまいますね…。

レシピを見ているだけで、お腹が空いてきました。

固い桃レシピ3選!焼いてもok!凍らせても美味しい♪

固い桃を使ったレシピでは、前の章で紹介した「コンポート」が人気でした!

しかし、固い桃のレシピで人気なコンポート以外にも美味しそうな食べ方があります!

正直、果実のコンポートは作り飽きちゃったかも…。

ここでは、固い桃を使ったコンポート以外の簡単なレシピを3つご紹介します!

①ジャム

【材料】
  • 桃: 200g
  • 砂糖: 100g
  • レモン汁: 大さじ1杯

【作り方】

1.桃を洗ってから皮を剥き、食べやすい大きさに切ります

2.ボウルに桃と砂糖、そしてレモン汁を入れます

3.中火〜強火で20分ほど煮込みましょう(とろみが付いたらOKです)

4.お好みの瓶に入れ、寝かせたら完成です

ジャムは長期保存が可能ですので、たくさんの桃を消費したい時にも役立ちます!

瓶をしっかり消毒し、密封保管すると2〜3ヶ月は冷蔵庫に置いておくことができます。

しかし、お腹を壊さないためにも、可能な限り早く食べましょう。

②桃サイダー

【材料】
  • 一口サイズに凍らせた桃
  • サイダー
材料はたったの2つ!簡単でいいですね

作り方は、一口サイズにカットした冷凍の桃をグラスに入れ、サイダーを注ぐだけです。

材料が少ないとすぐ準備できますし、作る気力も出ますね!

ポイントは、スプーンで桃を潰しながら飲むことで、サイダーと桃が混ざって美味しくなります♪

③焼き桃

固い桃でも、砂糖を加えてバーナーで焼くことで美味しくなります!

【材料】
  • 固い桃: 1個
  • グラニュー糖: 少々

作り方は、桃の皮をむき桃を4等分に切り、グラニュー糖をふりガスバナーで炙るだけ。

クリームブリュレみたいにほんのり加熱するだけで完成します!

ちょっといつもと違う桃の食べ方をしたい方、ぜひ試してみてください♪

まとめ

  • 買ったものや貰ったものが固い桃だった場合、桃を紙で包み常温で熟成させる
  • 固い桃を紙に包むか果実と一緒に置くと数日で柔らかくなる
  • 固い桃を使った食べ方では甘くなる「桃のコンポート」がおすすめ!
  • コンポートを作ったあとに、アレンジすると色んな食べ方で楽しめる
  • 桃のコンポート以外にも固い桃を使う「ジャム」や「焼き桃」のレシピも好評
  • 固い桃を使ったレシピは材料も少なく、作るのも簡単なものが多い

私は桃をいつも切ってそのまま食べていましたが、色んなレシピを試してみたいと思いました♪

固い桃をとにかく早く柔らかくして食べたい時は、紙に包み2〜3日常温保管しましょう!

この記事では、固い桃の食べ方をいくつか紹介したので、また気になったらレシピを覗きに来てくださいね♪

関連コンテンツ(レスポンシブ)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする