マンションはサンシェードが禁止の可能性大!色々な日除け方法を紹介

カラッと晴れた気持ちの良い一日。

カーテンと窓をサーッと開けて、空気の入れ替えをしたいですよね!

風通しを良くして、部屋に心地よい風が入ってくると気分も爽快♪

でも、時間やベランダの方角によって、強い日差しが入ってくることも。

そんなとき、日除け対策として思い浮かぶのがサンシェードです。

おしゃれなサンシェードを取り付けたいなぁ♪

ところが、マンションでサンシェードを取り付けるには注意が必要です!

実は、マンションではサンシェードが禁止されている所が多いんです。

え!禁止なの?

マンションでサンシェードが禁止されていないとしても、設置には色々と制約があります。

この記事では、サンシェードを設置する際の注意点を踏まえて、マンションで設置できるサンシェードや、代替となる日除け方法をご紹介します!


マンションはサンシェードが禁止かも?!2つの理由

なぜ、マンションでサンシェードが禁止されているのでしょうか?

マンションでサンシェードが禁止とされる理由は、大きく2つです。

  • マンションのベランダは共有スペースという位置づけ
  • サンシェードが落下する危険性

まずはサンシェードが禁止となる理由について、詳しく解説していきます!

理由①ベランダは共有スペース

マンションのベランダは専用スペースかと思いきや、実は共有スペースという位置づけになります。

ベランダが共有スペースである理由は、災害が起きた時など、緊急時の避難経路となるためです。

しかし多くの方は、マンションのベランダでガーデニングをしたり、個人の所有物を置いたり、好きなように使用していますよね。

規約にも書かれているかと思いますが、ベランダに避難梯子がある家や、隣家との隔て板付近には物を置かないようにする必要があります。

あまり気にしていなかったわ…
ベランダ使用の注意点
  • 緊急時、避難の妨げになる物を置かない
  • 避難梯子の近くに物を置かない
  • 隣家との隔て板付近に物を置かない

サンシェードについて、マンションの規約で言及されていないとしても、避難の妨げになるという理由から、禁止される可能性が高いようです。

サンシェードの設置を検討している方は、必ず管理組合などに設置OKかどうかの確認を行ってください。

理由②サンシェードが落下する危険性

サンシェードを設置していると、強風が吹いた時に落下の危険性があります。

しっかり固定していたとしても、台風や突風などがあれば何が起こるかわかりません。

サンシェードの骨組みが落下したら、通行人に怪我を負わせてしまったり、飛んでいった先の家を壊してしまったりなど、最悪の事態も…。

特に高層階では強い風が吹きやすいので、通常時でも風圧で布が飛ばされてしまう可能性があります。

飛ばされてしまう不安はぬぐえないわね。

マンションで設置OKのサンシェードとは?代替品も紹介!

マンションの管理組合でサンシェードの設置がOKであったとしても、なんでも設置していいわけではありません!

マンションでサンシェードを設置するには色々と制約があり、周りへの配慮も必要です。

マンションに設置できるサンシェードとは、どのような物でしょうか?

この章では、サンシェードを設置する上での注意点を踏まえ、マンションに設置できるサンシェードについて解説していきます。

また、サンシェード以外の日除け方法についても、ご紹介しますね!

サンシェードを設置する場合の注意点

サンシェードの設置許可が得られたとしても、以下の点を注意する必要があります。

サンシェードを設置する時の注意点
  • 地震や台風で下に落ちないよう安全に設置
  • 突風で飛ばされないように十分注意
  • 取り外しができなくなるような施工は不可
  • 必要な時だけ出し入れできるように管理必須
  • 避難経路として避難の支障がないように配慮
  • 近隣住民などから苦情があればすぐに撤去

サンシェード設置の注意点を念頭に置いたうえで、必要な場合にのみ出し入れできるような物を選びましょう。

それでは、マンションに設置できるサンシェードについて解説していきます。

ベランダの柵に取り付ける物ならOK!

サンシェードには、「バルコニーシェード」「オーニング」「シェード」などがあります。

マンションに取り付けることができるサンシェードは、「バルコニーシェード」です。

それぞれの違いについて解説しますね♪

バルコニーシェード

バルコニーシェードとは、ベランダの柵に括り付けるタイプのサンシェードのことです。

  • ベランダの目隠し対策用
  • ベランダの柵に簡単に取り付け可能
  • ベランダに日陰をつくり、窓の外気熱を下げて節電効果も

簡単に取り外しができ風に飛ばされにくいため、マンションで使えるサンシェードといえば、バルコニーシェードになります。

バルコニーシェードは、主にベランダを目隠しする目的で取り付ける物です。

家の中に入る直射日光を完全に防ぐことはできません。

引用 ディノス公式HP

オーニング

カフェやショップなどでよく見かける、布製の庇(ひさし)のような物がオーニングです。

オーニング(awning)とは、「日よけ」「雨覆い」を意味します。

文字通り、雨除けもできる厚くしっかりした布で作られたサンシェードです。

設置するための骨組みがついています。

  • 骨組みを建物に取り付ける施工が必要
  • 布が丈夫で耐久性が優れている
  • 布が防水仕様のため雨除け効果もある
  • 自動開閉などの機能が付いた商品もある
  • 太陽光に応じて角度などを調節できる

オーニングには、骨組みを外壁に取り付けるタイプと独立したタイプがあります。

オーニングの独立したタイプは安定性で不安がありますし、外壁に取り付けるタイプは、一度設置すると簡単に取り外しができません。

引用 ディノス公式HP

シェード

シェードは、優しく光を遮る軽い布で作られたサンシェードです。

シェード (shade)とは、「光をさえぎるもの」「日除け」を意味します。

シェードはオーニングのように雨除けの効果はなく、日除けに特化していて、生地が軽いため設置用の骨組みは必要ありません。

布に紐や金具を通すための穴があいていて、窓枠やベランダの柵に括り付けて使用します。

  • 生地は薄く軽い
  • 生地の網目は大きめで日差しを優しく遮る
  • 雨除けの効果はない
  • フック型の金具や紐で簡単に設置可能
  • 骨組みや建物への施工は必要ない
  • オーニングと比べて設置費用が安い

シェードは簡単に取り外せるため、必要な時にのみ出して、不要な時にすぐに片付けることができます。

簡単に取り外せるなら、マンションでシェードが使えるんじゃない?

残念ながら、シェードは突風が吹いて飛ばされる可能性があるためマンションではNGです。

引用 ディノス公式HP

サンシェードの種類について、大まかにイメージできましたか?

マンションに設置できるサンシェードは、ご紹介したバルコニーシェードです。

バルコニーシェードだと、日除け効果がちょっと物足りないなぁ

そこで、次にサンシェードの代わりとなる他の日除け方法をご紹介しますね!

3つの日除け方法を検討してみよう!

バルコニーシェードの日除け効果が物足りない方は、目的に合った他の日除け方法を検討してみてください。

基本的に、窓にはカーテンやブラインドなどが掛かっているかと思います。

その上でサンシェードに期待する効果としては、以下の内容が考えられますね。

サンシェードに期待する効果
  • 直射日光を遮りながら、窓をあけて風通しを良くしたい
  • ベランダに日陰をつくることで、室内温度を下げて節電したい

サンシェードに限らず、簾(すだれ)や遮光遮熱シートなどでも、風通しや節電効果を得ることができます。

たしかに、サンシェードにこだわらなくてもいいわね。

バルコニーシェードをはじめ、各種日除け方法について、どのようか効果があるか解説します。

バルコニーシェード

引用 ディノス公式HP

  • ベランダが日陰になり室内温度を下げる効果がある
  • ベランダの目隠し効果がある
  • 部屋に入る直射日光を完全には防げない

バルコニーシェードは、ベランダを日陰にして室内温度を下げる効果はありますが、家の中に入る直射日光を防ぐには物足りないです。

簾(すだれ)

引用 ディノス公式HP

  • 部屋の中への直射日光が防げる
  • 窓の外と家の中どちらでも使用できる
  • 窓の外につるすと室内温度を下げる効果も
  • 風通しが良い
  • 目隠しができる

簾は、日差しを遮りながら風通しをよくします。

窓の外につるすことで、窓に直射日光が当たるのを防ぎ、室内温度をさげる効果も期待できますよ。

昔から日本の夏に馴染み深い簾は、風情があり涼し気な雰囲気を演出できますね!

遮光遮熱シート

引用 SEKISUI公式HP

  • 部屋の中への直射日光が防げる
  • 室内温度を下げる効果がある
  • 網戸にも取付けでき風通しもOK
  • 紫外線対策ができる
  • ミラー効果で目隠しができる

サンシェードの代替品として、実は一番優秀なのは遮光遮熱シートです!

安価でありながら、遮熱・UVカット・目隠し効果が期待できます。

また、網戸に取り付ければ、風を通しながらこれらの効果を得ることができます。

日除け対策は色々あるのね♪

各種日除け方法について、表でまとめてみました。
あなたに合った日除け対策を検討してみてください!

部屋の中に
対する効果

バルコニー
シェード

(すだれ)
遮光遮熱
シート
直射日光
を防ぐ
室内温度
を下げる
風通しが良い
紫外線対策
ができる
目隠し
ができる

マンションのサンシェードおしゃれな厳選品&代替品も!

最後に、マンションで使用することができるおしゃれなサンシェードをご紹介します!

サンシェードの代替品として、簾(すだれ)や遮光遮熱シートのおすすめも紹介しますので、参考にしてみてください。

バルコニーシェード…ベランダの日陰で節電

ベランダの柵に取り付けることで、ベランダにクールエリアを作ることができます。

オフシーズンは小さく巻いて収納可能。

様々なサイズが展開されているので、マンションのベランダに合ったサイズが見つかるはずです。

ベランダに設置する際は、必ずマンションの管理組合などに設置OKかどうかの確認を行ってください。

Love Story バルコニーシェード
材質 生地:ポリエチレン
取付バンド:ナイロン
特徴 UVカット率:約90%
遮光率:約85%
水洗い可能
クリーム
グレー&ホワイト
モーカ
白っぽい色にすると、ベランダが明るくおしゃれな印象ね!

簾(すだれ)…天然竹で涼しげな空間を演出

天然竹製の簾はとても丈夫で、日陰をつくり、断熱・換気に適しています。

様々なサイズが展開されているので、お好みのサイズを選ぶことができます。

和風で清涼感を演出するのもおしゃれでいいですよね♪

Yitian Bamboo Art 簾
材質 天然竹
特徴 屋内外で使用可
ナチュラル
簾の自然な風合いが素敵だわ

遮光遮熱シート…部屋を快適に保ち節電効果大

遮熱クールネットは、窓に貼って直射日光を防ぎ、遮熱効果が高く室内を快適に保ちます。

紫外線もカットしてくれ、ミラー効果で窓の目隠しにもなる、大変優れた商品です!

遮熱クールネットは、誰でも簡単に取り付けることができます。

セキスイ 遮熱クールネット
材質 素材:ポリエステル100%
ステンレスコーティング
特徴 紫外線カット率:約78.3%
赤外線カット率:約62.4%
遮熱効果:約11℃
対応
ガラス
凹凸ガラス、網入りガラス、
単層ガラス、複層ガラス
窓の外側内側・アルミサッシに取り付け可
そんなに効果があるんだ!!試してみようかな♪

まとめ

  • マンションのベランダでは、サンシェードが禁止されている可能性が高い
  • マンションのベランダは共有部分で、災害時の避難経路になる
  • 高層階だと風圧が強くなるので、突風などでサンシェードが飛ばされる可能性がある
  • 管理組合OKの場合、取り付けることができるのは「バルコニーシェード」
  • サンシェードに限らず、色々な日除け方法を検討してみよう
  • サンシェードの代替でおすすめなのは、簾と遮光遮熱シート

この記事では、マンションにサンシェードを取り付けることを検討している方に向けて、注意点などをお伝えしました。

代替できる日除け方法もご紹介したので、あなたの希望に合った日除け対策が見つかると嬉しいです♪

関連コンテンツ(レスポンシブ)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする