Uncategorized

ペアーズの本人確認は安全?大丈夫?管理体制を調べてみた

ペアーズに登録して出会いを増やしたいけど、本人確認証をアップするのに抵抗がある、悪用されたり個人情報が流出したりしないの?大丈夫?と悩んでいませんか。

始めてマッチングアプリを使う場合、本人確認証のアップロードって抵抗ありますよね。
悪用されて変な業者に流されたら怖いし、万が一トラブルに巻き込まれたらいやです。

僕はこれまでにいくつかのマッチングアプリを使ってきた経験があるので、その気持ちよくわかります。

はじめに結論を書いてしまうと、ペアーズなら本人確認書をアップしても問題ないです!

ペアーズは既に1,000万人の会員がいるので、それだけ多くの人が本人確認証をアップしていますが、トラブルになったのはありませんでした。

とはいえ、本当に大丈夫?という心配はそう簡単に解消されないと思います。
僕は気になったことはとことん調べる性格なので、ペアーズの個人情報管理の体制についてしっかりと調べてみました。

この記事では、ペアーズの本人確認は本当に大丈夫なのかどうかをまとめたので参考にしてみてください。

ペアーズの本人確認は安全!個人情報保護が徹底されている

個人情報保護認証「TRUSTe」による監査

現在はインターネットが普及してきて世界でインターネット人口は30億人を超えるとも言われています。
その分あなたの個人情報を狙う悪徳業者もたくさん存在しているのが現状です。

悪徳業者はあなたのお金と個人情報を日々狙っており、少しでも隙を見せたら個人情報が奪われてしまいます。

そこでペアーズが導入したのが「TRUSTe」です。これはアメリカで生まれた制度で、通称「訴訟社会」、「契約社会」などとも呼ばれています。

では軽く、なぜ「TRUSTe」なら安心なのか、多くの企業から信頼を得ているのかそのメカニズムをご説明します。

事業者がユーザーに対して個人情報を保護すると約束することを自己管理といい、その内容をユーザーに対して約束事とすることを自己宣誓といいます。

「TRUSTe」は第三者の立場で自己管理と自己宣誓した内容が誠実に行われているかどうかを見守ります。
自己管理が適切に行われているのであれば個人情報やプライバシーはしっかりと保護され、不正に利用されることや不適切に利用されることを防ぐことができます。

また、「TRUSTe」は個人情報取扱従事者資格、個人情報管理者資格、個人情報保護最高責任者資格の3つの認定を取得しています。

個人情報保護に関する知識を日々深めていますし、企業も安全に利用することができるとして多くの人から支持を得ているのです。

ペアーズが受け取った個人情報は「TRUSTe」を介して保管されるので、不正に利用されたり、個人情報が漏洩してしまったりなどとい心配がありません。
安全にアプリを楽しむことができるんですよ。

入力した情報は暗号化されているので第三者が見られない

ペアーズはSSLサーバー証明書が導入されており、入力した情報が全て暗号化されて送信されているので、第三者に盗み見られることがないのです。

SSLサーバー証明書とはSSL暗号通信時に利用する証明書のことです。
電子証明書の1つがあればサーバーに対する印鑑証明書のような役割を持っているので、とても重要です。

個人情報が暗号化されているので第三者が見る事はできないですし、第三者がなりすましをすることもできません。

ペアーズは個人情報を保護するためにこれら2つの機関を利用しているので、安全にアプリを楽しむことができます。

どちらの機関も多くの企業から支持を得ており、信頼度もとても高いです。

「TRUSTe」やSSLサーバー証明書を取り入れている大手企業も多くあり、これを聞くだけでも安心感が増しますね。

このようにユーザーに安全で楽しくアプリを使用してもらえるように、セキュリティー面は徹底的にこだわっているので、個人情報が漏れたり、不正に利用されたりということは無いのです。

ペアーズの個人情報の注意点

本人証明書は塗りつぶしで隠せない

ペアーズでは運転免許証や健康保険証を提出するときに一部を隠す事はできません。

例えば顔写真を隠したり、年齢だけでいいだろうと住所の欄を隠したり、とどこか一部分でも隠してしまうと運営側から否認されてしまいます。

ある一部の出会い系サイトやマッチングサイトでは顔写真や住所などを隠して書類を提出することができるのですが、本当に本人のものなのかを判断することができません。

個人情報が漏れる心配はありませんが、顔写真も隠すことができるので悪徳業者が不正に利用してしまうこともあるのです。

偽造して複数のアカウントを作成することもできますし、そのようなサイトにはたくさんサクラや悪徳業者が紛れ込んでいる可能性が高いです。

「顔写真や住所を隠しても良い」 というのは安心感は高いかもしれませんが、逆に危険性が高いということを知っておきましょう。

ペアーズでは本人証明書はどの欄も一切隠すことができず、偽ることができないため悪徳業者やサクラがいないのです。

「TRUSTe」やSSLサーバー証明書等個人情報を守るための機関を導入しているので、安心して証明書を提出してください。

どこか一部分を隠して提出してしまうと逆に運営側から怪しいと判断されてしまいますので気をつけなければいけません。

クレジットカードのみでは登録できない

ペアーズを登録する際には、以下の本人確認証が必要です。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • マイナンバーカード
  • パスポート

クレジットカードのみでは本人と判断することができないので登録することはできません。

年齢が確認できる書類を用意したら、ペアーズに提出します。画像が見切れていたり、1部分が隠れていたり、ぼやけていたりなどすると審査に落ちてしまう可能性があるので、全体が映るようにしっかり撮影しましょう。

確かに出会い系サイトやマッチングアプリにはあまり自分の個人情報をさらしたくないですよね。

以前であればクレジットカードで有料会員登録をしたりすれば年齢確認も一緒にすることができたのですが、現在ではその方法ができなくなりました。

クレジットカードは海外を経由して偽造することができたり、運転免許証のように公的な証明書では無いからです。

例えば18歳未満であるのに親のクレジットカードを利用して年齢確認をするという方法も取れてしまいますから、クレジットカードだけでは本人証明にはならないのです。

ペアーズでは年齢確認を完了しなければ異性と出会う事ができない事はもちろん、登録すらできません。

上記で必要な証明書を記載しましたので、登録する際は上記のうちのどれかを用意しておきましょう。

本人確認を徹底しているからこそ変な人に合うリスクが低い

顔写真や住所が載っている身分証を提示して登録することに抵抗があるのは、誰でも同じです。
だからこそ、本気で出会いを求めている人が多く登録しているのです。

ペアーズは毎日2000人以上の人が登録しており、個人情報はしっかりと管理されています。
身分証を隠すことなく提示しなければいけないので悪徳業者やサクラが紛れ込んでいることもありませんし、
「恋人が欲しい」
「真剣にお付き合いがしたい」
と、本気で考えている人がほとんどなのです。

徹底した本人確認がされているので変な人に出会うリスクも低いですし、トラブルに巻き込まれる心配もありません。

万が一トラブルが起こったとしても、24時間365日体制で監視体制をとっているので早急に対応してくれます。

最初は身分証を提示することに不安を感じるかもしれませんが、ペアーズは個人情報保護に対して強いこだわりを持っているので安心して登録をしてください。安全なサイトで理想の恋人を見つけてみてください!